広告ロゴ
笑顔

第一印象は、3秒で決まるとか、10秒で決まるとか様々なことが言われていますが、その秒数の基準というのは、いったい何なのでしょうか? これは相対する人が、何を望んでいるかで変動する秒数なのです。

例えば、合コンで「あ、この人、イイな!!」と瞬間的に感じる場合は、1秒でしょうか?
出会った瞬間に恋に堕ちたとコメントする新婚さんもいますよね。しかし就活の面接官は、これから定年まで雇うつもりの社員を決めるのに、1秒では判断できません。またお見合いの席で出会った相手の第一印象も、うかつには決められません。もしかしたら生涯の伴侶となる可能性があるからです。

本記事では、何秒でどのような第一印象を受けるのかを、秒数に分けて具体的にご説明していきます。第6感のようなインスピレーションもありますし、法則に基づく事柄もあるので、ぜひとも対人関係で悩んでいる方は、参考にしていただきたいと思います。
「どう思われるか?」ではなく「どう感じるか?」がテーマです

スポンサーリンク

第一印象で何を何秒で判断するかの5つの法則

考える

人間には5感という視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚の5つの感覚が備わっていますが、第一印象で最も重要視されるのは、第6感とも言われます。つまりインスピレーションですね。けれどその他の5感も充分に活躍しているのです。

アメリカの心理学者、メラビアンの研究に「3Vの法則」というものがあります。人の行動が他人にどのような影響を及ぼすかという実験です。

  • Verbal=言語情報(話の内容など)7%
  • Vocal=聴覚情報(口調や話の速さなど)38%
  • Visual=視覚(見た目など)55%

つまり話の内容よりも、その口調や声のトーンがより多く第一印象に影響し、さらに耳に聞こえるものよりも、目で見たものに強い影響を受けるということですね。ここでは、「3Vの法則」をベースに、5感および第6感が何秒の時にどのような役割を果たしているのかを、秒数ごとにご紹介していきます。

1秒で第一印象を決めるのは第6感

やはり第一印象は、直感ですね。これは多分に好みが作用していると考えられますが、ここで「イイ感じ」と思われる人はラッキーです。出会った場所やタイミングで第一印象は変わって来るものですが、直感は大事です。

1対1のスポーツの試合などで瞬間的に「あ、コイツ、苦手かも……」と思ってしまうと負けてしまうことは、よくあることです。振り返った笑顔の女性に、1秒で恋してしまう男性もいますが、これはロマンチックに考えると「運命的な出会い」とも言えるでしょうか?
自分の感性を信じるなら、直感はとても大切です

3秒で第一印象を決めるのは視覚

ズバリ、「見た目で判断する」ということですね。これは、イケメンであるとか美女であるとかではなく自分にとって親しめる顔が「第一印象が良い」ということでしょうか。

また太っている人=おおらかな人、痩せて顔色の悪い人=病弱、マッチョの人=健康的など、視覚から感じるイメージというものも、ありますね。3秒で外見を見て第一印象を決めるパターンです。
刷り込みと経験値で、人は第一印象を視覚から判断します

5秒で第一印象を決めるのは聴覚

「こんにちは」「はじめまして」などの最初の挨拶の声のボリュームやトーンで、第一印象は決まるようです。例えば声の大きい人=元気な人、声の小さい人=気弱な人……というように聴覚からイメージを受けるのです。

また早口で話す人=落ち着きのない人、ゆっくり話す人=のんびり屋という印象も持たれます。これらは全て耳で判断していることになりますね。
声の高低は、生まれつきのものですが、大切なことは自分の声を相手にいかに心地良く伝えられるかですね

6秒以上で第一印象を決めるのは臭覚

目で見て、耳で聴いて、次は臭覚ですね。第一印象で香水やオーデコロンがほど良い感じで香っていると「おしゃれに気を使っている人」というイメージを持たれますし、汗臭かったりワキガがあると、相手によっては生理的に受けつけない人もいます。

要するに自分の感性での「好き嫌い」になってしまいますが、匂いに敏感な人は臭覚で判断することもあります。
石鹸やシャンプーの香りは、誰からも好かれるようですね

10秒以上で第一印象を決めるのは言語と触覚

10秒以上経過すると、会話をしたり握手をしたりとコミュニケーションが始まるケースが多くなります。この時に自分の言いたいことを、どれぐらい正確に相手に伝えられるかが重要になってきますね。

また手が触れたりした場合、相手の体温を感じるわけですが、その時の感じ方でも第一印象は変わってきます。触覚も脳と直結しているので「心地よい」とか「違和感がある」などと感じるのです。
自分の思いを相手に感じ良く上手に伝えられることが理想ですね

まとめ:第一印象を秒ごとにアップしていくには!!

本記事では、第一印象が人に与える影響を「5つの法則」として秒が経過するごとに、ご紹介してきましたが、この法則を利用して段階的に相手に良い第一印象を与えるとすると
……

  1. 明るいイメージで(第6感)
  2. さわやかな笑顔を浮かべ(視覚)
  3. 元気に挨拶をして(聴覚)
  4. 清潔感のある香りを漂わせ
  5. 自分の言葉で意思をしっかりと伝える

……ということでしょうか?
これを秒刻みで段階的に意識して行えば、最強の「第一印象の良い人」となれそうです。
でも逆に考えると、笑顔、声、挨拶など、どれか一つでも自信を持っていれば、何秒後かには必ず、普通に「第一印象の良い人」になれるということです。
秒数を気にするより、自分のセールスポイントを上手に表現できることが大切なのかもしれません

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。