睡眠時無呼吸症候群のマスクでの治療法「CPAP」について

眠る猫

 
睡眠時無呼吸症候群ってご存知ですか。新幹線の運転手がこの病気にかかっていたために事故が起きた事があったので、聞いたことがあるという方も多いでしょう。しかしその治療法となると全く想像もつかないのでは。また費用面なども心配になってきますね。

こちらでは睡眠時無呼吸症候群の治療法であるCPAPについてご紹介します。

スポンサーリンク


睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

眠る男

睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸症候群があります。文字どおり、眠っているときに無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。無呼吸状態とは、呼吸が10秒以上止まっていることを指し、この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

健康な人であれば、息を吸うと横隔膜が収縮して胸腔がひろがり、胸腔の中が陰圧になります。この陰圧によって空気が鼻の穴からのどを通り、気管から肺に流れこみます。しかし睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんはこの陰圧によって、のどのやわらかい組織が内側にひきこまれ、気道が狭くなってしまうのです。狭くなった気道を空気が通ると、まわりの組織が振動します。これがいびきです。完全に狭くなってしまうと、無呼吸となってしまいます。

他に昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

SASになる原因

睡眠時無呼吸症候群(SAS)を発症する主な原因には次のようなものがあります。

  • 太っていてあごや首に脂肪がついている
  • アデノイドなどの病気により、扁桃が肥大している
  • 花粉症やアレルギーなどで、鼻が詰まりやすい
  • アゴが小さい
  • アルコールの摂取により筋肉がゆるんで、のどがふさがりやすくなる

SASは太った人に多い病気と思われがちですが、日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、SASにかかる人が多くみられます。太っていないからと関係ないと判断するのは禁物です。さらに狭心症などの虚血性心疾患や心不全、肺の病気などにかかっていると、SASを悪化させるといわれています。

SASに見られる症状

睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかると、じゅうぶんに眠れないことが原因となってさまざまな症状が現れるようになります。あなたはつぎのような症状に心当たりありませんか?ひとつでもある場合はこの病気にかかっている可能性があります。

眠っているとき
● いびきをかく● 息が止まる● 呼吸が乱れる● 息が苦しくて目が覚める● なんども目を覚まし、トイレに行く

日中、起きているとき
● しばしば居眠りをする● 記憶力や集中力が低下する● 性欲がなくなる● 性格が変化する● 体を動かすときに息切れする.

治療法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、つぎのような治療を行います。

  • 減量
  • 生活習慣の指導
  • CPAP
  • マウスピース:軽度の場合
  • 手術治療:小児の場合など 成人にはあまり行われない

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。しかしある程度症状が進んでしまうとそれだけでは難しく、CPAPと呼ばれる装置を使った治療が適しています。

CPAPとは

睡眠時無呼吸症候群の治療法の中で最も有効性が高く安全かつ確実な方法がCPAP療法です。睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。送られてくるのは、酸素ではなく空気です。Continuous Positive Airway Pressureの頭文字をとってCPAP(シーパップ)と呼ばれ、いまやSASのもっとも重要な治療法となっています。

CPAPを使うとその風圧により、のどの中にスペースが確保され、やわらかい組織を強制的に押し開きます。すると鼻でスムースに呼吸をすることが出来るようになるのです。個人差がありますが、遅くても使用後、約1週間ほどで効果を実感できます。

費用の面

日本では購入ではなく、CPAP装置を医療機関からレンタルして使用するのが一般的です。機器の保守管理やマスク・エアチューブなど治療に必要な消耗品の供給は医療機関または在宅医療会社が対応しています。3割負担の方で4,500円程度の自己負担の中に、原則CPAP装置だけでなく、消耗品の料金も含まれます。また、いびき治療には保険が適応されません。購入には数十万円程度必要です。

CPAPのデメリット

  • 使用初期はマスクが邪魔になり使用感が悪い
  • 毎晩使用しなくてはならない
  • マスクによる皮膚のかぶれ
  • 口や鼻が渇く
  • マスクを清潔に保つために、マスクのお手入れが必要

最初違和感を感じると思いますが、次第に慣れるケースがほとんどです。実際に、睡眠時無呼吸症候群の治療ではCPAP療法が国内でも世界的にも主流になっています。

まとめ:CPAP療法は効果的な治療法です

無呼吸を指摘されたり、SASの疑いがある場合は、専門医療機関などへ受診してください。その際の治療法は症状の程度によって違いますが、高度な場合に行われるCPAP療法について知っておきましょう。

SASは放置すると生命の危険に及ぶこともあります。早期に適切な治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment