膀胱炎によって腰痛がおきる仕組みと治療方法

お腹痛い人

膀胱炎を放置していると、腰痛を引き起こす場合があります。

細菌感染による膀胱炎を患った場合、それを放置していると腎盂炎(じんうえん)という炎症を引き起こしてしまいます。

そして、この腎盂炎によって、腰痛や高熱といった症状が引き起こされてしまうのです。これらの悪影響を防ぐためには、正しい治療方法を実践することが大切です。

そこで、本記事では、膀胱炎によって腰痛がおきる仕組みと治療方法についてご紹介していきます。膀胱炎と腰痛を併発されている方は、是非本記事を参考にして頂き、早期に適切な治療を行うようにしていって下さい。

スポンサーリンク

膀胱炎によって腰痛が起きる仕組み

蛇の人形

細菌感染による膀胱炎を患った場合、何らかの原因によって細菌が尿管を上がっていき、腎臓と尿管の間にある「腎盂(じんう)」という器官にまで細菌感染が広がります。

この腎盂が炎症を起こすと、腎盂炎(じんうえん)という炎症を引き起こし、この腎盂炎によって腰痛が引き起こされるのです。

また、細菌感染による膀胱炎は、特に女性の方に多く見受けられます。これは、男性に比べて女性の方が尿管が短く、細菌が入りやすいためです。

腎盂炎の症状

腎盂炎の症状には、「急性腎盂炎」と「慢性腎盂炎」の二つの症状があります。

  • 急性腎盂炎:38℃以上の高熱、腰痛、背中やお腹の痛み、嘔吐、胃のムカムカ、悪寒など
  • 慢性腎盂炎:継続的な微熱、頭痛、倦怠感、腰痛など

また、特に急性腎盂炎の場合には、膀胱炎のような症状が出る場合があります。膀胱炎の症状には、次のものがあります。

  • 膀胱炎:頻尿、残尿感、排尿時の痛み、血尿など

腎盂炎を患ったと感じた場合には、できるだけ早期に治療を行うことが大切です。

腎盂炎を治療して腰痛を改善する

腎盂炎を治療するためには、「抗生物質を内服、点滴、注射」することが必要です。

腎盂炎の症状が見られた場合には、お近くの病院にかかるようにしましょう。腎盂炎の診察をしてくれるのは、次の科です。

  • 腎臓内科
  • 泌尿器科
  • 内科

また、急性腎盂炎の場合は、4日程度の入院となる場合がありますので、準備をしておきましょう。

病院での診察・治療に加えて、腎盂炎を改善するためには、日常生活においても次の点に注意することが大切です。

  • 水分を多めに摂取し、しっかりと排尿をする
  • アルコールや刺激となるものをとらない
  • 生活習慣を正し、十分な睡眠をとる

これらの点を気をつけることで、より早く腎盂炎による腰痛の症状を改善していくことができるでしょう。

[2CS] 森の水だより 日本アルプス (2.0L×6本)×2箱
コカ・コーラ
売り上げランキング: 9

まとめ:早期に適切な治療を行おう

ここまでで、膀胱炎・腎盂炎によって腰痛が起きる仕組みと治療方法についてご紹介してきました。

膀胱炎を治療せず、放置してしまうと腎盂炎となって日常生活に様々な支障をきたしてしまう場合があります。そのため、まずは膀胱炎の症状が見受けられたらすぐに病院にかかり、適切な処置を行うことが大切です。

また、腎盂炎は腰痛だけでなく、高熱や倦怠感など、普段の生活を送ることを難しくしてしまいます。仕事や学校などで病院にかかる時間がないと思われる方も、総合的に見れば早期に治療を行う方が時間の節約になりますので、是非お時間をとって診察を受けるようにしていって下さい。

膀胱炎や腎盂炎による腰痛に悩まされている方は、本記事を参考にして頂き、腰痛が起きる仕組みを理解して、適切な治療方法を実践して言って下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment