防犯フィルムってなに?防犯フィルムの効果と正しい使い方

空き巣や窃盗対策として、窓ガラスから侵入されることが多く、防犯のために窓ガラスの強度や鍵を強化することが多いと思います。その際に、窓ガラスに防犯フィルムを貼ることを検討する人は多くいます。防犯フィルムの効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

まずは窃盗犯の侵入の状況を知ることから始め、どのような対策をとったらいいのかを考えていきます。そして、そのための防犯フィルムの効果とその正しい貼り方をご紹介します。

防犯効果を最大限に発揮するための防犯フィルムの選び方と貼り方を詳細にご紹介していきます。是非防犯フィルムを貼る前にお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

空き巣や窃盗犯への窓ガラス対策について

特に一戸建ての家の空き巣の場合には窓ガラスを破って侵入される割合が6割以上にも及びます。実際にそれでは、どのように窓ガラスが破られることが多いのでしょうか。その方法は大きく分けて3つです。①こじ破り②焼き破り③打ち破りと言う方法があります。

➀こじ破りは、窓ガラスをドライバ―など鋭利な物で割る方法で意外と静かに一瞬で割られてしまいます。②焼き破りは、バーナーなどの火で加熱することでガラスを割ります。③打ち破りは力任せでバールなどの硬い物で打ち割るというものです。つまり、窓ガラス対策は、このどれにも対応した対策を取らないといけないということです。
1.jpg防犯フィルム 出典:cross-kk 

防犯のためにガラスの強度を増すには

そこで、窓ガラスの防犯対策として有効な防犯フィルムについて考えていきますが、防犯フィルムとは一体どのような物なのでしょうか。また、本当に有効なのでしょうか。まず、最初に窓ガラスの防犯について考えてみます。

窓ガラスの防犯対策としては、①~③のガラス破りの方法への対策として窓ガラスの強度を上げることが重要です。よく言う網入りガラスや二重ガラス(ペアガラス)、複合ガラスなどのうち、複合ガラスが防犯的には有効です。それ以外は、強度の面から言えばあまり有効ではありません。網入りガラスはガラスが飛び散ることは防ぎますが強度的にはあまり期待できません。また二重ガラス(ぺアガラス)は断熱対策にはおすすめですが、防犯対策とはまた別のものです。

防犯ガラスと防犯フィルムについて

そこで、複合ガラスが一番防犯には適していると言えます。それでは複合ガラスとは一体どんな物かと言うと、ガラスとガラスの間に防犯フィルムを挟んだものです。しかし、複合ガラスと呼ばれる防犯ガラスにするには結構な経費がかかるのも実情です。そこで、ガラスを取り替えず、上から防犯フィルムを貼ることで強度を増すという方法があります。つまり、防犯フィルムは、経費をあまりかけずにできる効果的な防犯対策と言えます。

また、防犯フィルムの長所は、部屋の内側からは窓を割って逃げることもできますので、緊急時の対応にも大丈夫という点があります。短所としては経年劣化が防犯ガラスよりは大きいことですが、それでも上手に貼っていれば10年は持つと言われています。

防犯フィルムの確かな防犯性

2.jpg防犯フィルム出典:cyber-reps 
それでは、防犯フィルムとは、どんなものなのでしょうか。窓ガラスに貼るだけのフィルムで、これを貼るだけで割れにくいガラスにしてくれます。実は、防犯フィルムには「CPマーク」というのがあるのをご存知ですか。「CPマーク」とは防犯性の高い建物部品に付けられるマークです。鍵や玄関ドア、サッシ、ガラス、面格子などに付けられるマークですので、これからはこれらを選ぶ場合も注意して見られることをおすすめします。

また、この「CPマーク」は、防犯フィルム単体に付けられるわけではなく、防犯フィルムを付けることで窓ガラス全体の防犯性が高くなったかどうかを基準にして付けられます。

防犯フィルムの効果を高めるには

防犯性が高いと評価を受ける「CPマーク」を得るには、次のような付帯条件も必要です。
①ガラスの厚みが5mm以上(一般の窓ガラスの厚みは3mm程度です)
②複層ガラスの場合、フィルムを貼付するガラスの厚みが5mm以上
③ガラスの露出部全面、もしくは呑込みを含むガラス全面に貼付
④クレセントがサブロック機構付き
⑤補助錠の設置
⑥建築フィルム1級・2級の資格者による施工
これらの条件が揃って防犯性も高まると判断されるものです。防犯フィルムの面からいうと、②と⑥が大事な条件ということになります。

防犯フィルム選び方

防犯フィルムには実は沢山の種類があります。厚さや大きさもA4サイズの物からあり様々です。ではどのような物を何を基準に選べばいいのでしょうか。厚さや大きさについてその意味と役割からご紹介します。

防犯のためには、空き巣も侵入に5分以上かかれば7割の窃盗犯があきらめるという結果が出ています。つまり、ガラスを破るのに5分以上かかる強度になるように防犯フィルムを選ぶように努めることです。

そのためには、もちろん厚い防犯フィルムが有効です。大きさもできるだけ大きいものを選ぶことが大事で、③の付帯条件にあるように、ガラスの露出部全面、もしくは呑込みを含むガラス全面に貼付できる大きさを選ぶことです。

防犯フィルムの厚さとは

3.jpg防犯フィルム出典:rakuten 
まず、強度のために、防犯フィルム自体の厚さも大事で、飛散防止フィルムならば厚さ77ミクロン位ですが、割れない防犯フィルムを目指すのであれば5倍ほどの厚さの327~567ミクロンと言われます。選ぶ際は良く目的と効果の説明の表示を見て選ばれることがおすすめです。また、この厚さになるとホームセンターにはあまりない商品ですが、ネットなどで探すことができますのでぜひ探してみて下さい。

防犯フィルムの貼り方、使い方

また、その貼り方にも注意が必要で、先程の条件にもあるようにガラス全体に貼ることが重要です。よくガラスが割られる鍵の近くだけで充分という事で貼る人も多いと思いますが、全体で貼ることで強度が増します。厚いフィルムをしかも大きく貼るとなると自分で貼るのも大変な時間と労力を要します。できれば建築フィルム1級・2級の有資格者の専門業者に頼んで貼ってもらうのが効果を発揮させるためにはベストです。国家資格である「防犯フィルム施工技能者」の資格を持った業者にお願いします。
4.jpg防犯フィルム出典:blog.livedoor 

防犯フィルムを選ぶ際の注意点

防犯フィルムの注意点ですが、整理しますと「CPマーク」の付いた防犯性の高い防犯フィルムを窓ガラス全体に貼ることです。そしてこの大きなサイズの物を貼るのであれば専門の業者に頼むことが重要ということです。また専門業者であれば、防犯フィルムの厚さの種類も厚い物を沢山揃えていますのでそこから選んで下さい。

また、本来の強度を発揮するまでに実は貼った状態で乾燥させる必要があると言います。施工から何か月かかかって本当の強度が発揮されるという事情もあるそうです。そのような情報を専門業者から得ることも大事です。施工業者に頼めば、その後の点検や保障をしてくれる業者もあり安心です。

防犯フィルムについてのまとめ

ここでご紹介しましたように、防犯フィルムについては、きちんと「CPマーク」の付いた防犯フィルムを選び、貼り方にも注意をして、できれば専門業者に依頼して貼ることが大事だという事がわかりました。目標としては、防犯効果を最大限に発揮できるように「CPマーク」の付帯条件をできるだけ備えるように努めましょう。複合ガラスの防犯ガラスに取り替えることを考えたら防犯フィルムは実行しやすい対策ではないでしょうか。ぜひ、できることから少しずつ対策してみませんか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment