ニキビ跡に効く美容液と有効成分

広告ロゴ
ガッツ

ただでさえ憂鬱な気分にさせられるニキビ。しかも治った筈なのに、赤っぽい跡や茶色いニキビ跡が残ってしまったら、鏡を見るたびにため息が出てしまいますよね。

本記事では、ニキビ跡が残ってしまうメカニズムから、ニキビ跡に効く美容液に含まれる有効成分までをご案内します。日頃からニキビやニキビ跡に悩まされており、コンシーラーで隠すのにももう疲れたという方は、本記事を参考に、ニキビ跡のない綺麗な素肌を取り戻してくださいね。

スポンサーリンク

ニキビ跡ができるまで

見て

炎症を起こした赤いニキビや、腫れて膿をもったニキビができることは決して珍しくはありません。ただし、赤く腫れていたり、化膿しているニキビをつぶしてしまうと、肌にはニキビの跡が残ります。逆に何もせずにニキビを放置し、ニキビの炎症による肌へのダメージを長引かせてしまった場合にも、ニキビ跡になるのです。

出きてしまったニキビ跡を治すには

陥没してしまったり、凸凹になってしまったニキビ跡は、スキンケアでは治りません。しかし、赤いニキビ跡や黒ずんだ色素沈着については、消炎作用やメラニン還元作用のある美白美容液を使用すれば、綺麗に治すことができるのです。次に、ニキビ跡に効く美容液に含まれる有効成分についてご案内します。

ニキビ跡に効く美容液、その有効成分

赤みや色素沈着などのニキビ跡に効く美白美容液に含まれる有効成分は、以下の通りです。

  • L-アスコルビン酸
  • ハイドロキノン

では次に、上記の2つの有効成分について詳しくご案内します。

L-アスコルビン酸

ニキビ跡の赤みには、色素沈着を薄くするビタミンCが有効です。ビタミンCには、殺菌作用や抗炎症作用もあるので、新たにできるニキビを予防する効果もあります。ビタミンC誘導体配合の美容液よりも、ビタミンCがそのままの形で配合されている美容液のほうがニキビ跡には即効性があるため、L-アスコルビン酸配合と表示されている美白美容液を選ぶようにしましょう。

ハイドロキノン

茶色や黒ずんだニキビ跡の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした刺激でメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰に生成されることで、その一部が肌の表面に残ってしまったためにできたものです。

このニキビ跡の色素沈着には、美白美容液が非常によく効きます。先ほどと同じL-アスコルビン酸配合の美容液でもよいのですが、できてしまったメラニンを還元する力がずば抜けているハイドロキノンが配合された美白美容液を使用すると、ニキビ跡の色素沈着の改善にはよいでしょう。

まとめ:決して諦めずに、美白美容液を有効活用しましょう

本記事では、ニキビとニキビ跡の関係性、そしてニキビ跡に効くとされる美白美容液に含まれる2つの有効成分をご案内してきました。もう一度その2つの有効成分をおさらいしましょう。

  • L-アスコルビン酸
  • ハイドロキノン

一度できてしまったニキビ跡がなかなか消えなかったり、治ったと思ってもまた同じ箇所にニキビが繰り返しできてしまうことで悩んでいる方は数多くいらっしゃることと思います。そうしった方に有効なのが、本記事でご紹介したビタミンCやハイドロキノンの配合された美白美容液です。これらの美容液を上手に使って、ニキビとニキビ跡の改善、そして美白と一石二鳥ならぬ一石三鳥の効果を手に入れてしまいましょう。素肌美人への道は、もうすぐそこです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。