意外と簡単に出来て効果も素晴らしい!手作り美肌水の作り方

広告ロゴ
化粧

乾燥や紫外線が気になる季節。皆さんの予防対策は万全ですか?出来るときは早いのに、治すにはもの凄く時間のかかるシミやくすみ。年齢が上がればそれだけ肌の修復作用は低下します。美肌に基本は何と言っても「保湿」乾燥は大敵と覚えて下さい。今回は惜しげも無くばしゃばしゃ使えるのに、効果もコスパも素晴らしい美肌水の作り方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

化粧水はたっぷり

お肌の潤い、これは納豆や黒酢など、美肌に良い食物をまめに食べる以外に、外側からのお手入れが大変重要です。美魔女と呼ばれる女性は、「朝晩2回のパック」はもはや常識です。肌を乾燥させると目尻と口元にあっという間にちりめん皺が出来てしまいます。暑い夏は特に紫外線と乾燥が激しい季節。化粧水をたっぷり使って肌にうるおいをチャージしましょう。

美肌水原液の作り方(原液のまま肌に塗ってはダメ)

◆材料◆

・尿素(ホームセンターなどで肥料用として売られているものでOK)50g

・グリセリン(薬局で売られています。)小さじ1杯

・水道水200ml

美肌水を入れる容器(ホームセンターなどで適当な空容器を購入)

◆作り方◆

尿素と水道水を空容器に入れてよくシャッフルした後にグリセリンを入れてシャッフルし完成。これは原液ですのでそのまま肌に塗ってはダメです。顔は10倍、体は5倍に薄めてから使います。ご注意下さい。原液の保存は冷蔵庫で半年、薄めたものは常温で2週間ぐらいになります。

化粧水は「質より量」

高級化粧水は、確かに肌に良い成分がいろいろと入っていると思います。でも「水分補給」の役割である化粧水を「高いからちょっとずつ」しか使えないのであれば、そもそもの役割を果たせているとは言えません。

結局のところ、化粧水で補給しなくてはならないのは基本的に「水分」だけです。化粧水で使用する材料は、「水(水分)」「グリセリン(保湿と、水と精油をなじませる役割)」「精油(肌に有効的な作用を及ぼす力を持つ)」の3つだけという、いたってシンプルなもので良いでしょう。手作りしてばしゃばしゃと使いましょう。

暑い夏におすすめ!アロマ化粧水

◆材料◆

・水 100ml
(精製水もしくは浄水器を通した水道水)

・グリセリン 小さじ1〜2杯
(薬局で買えるもので大丈夫ですが、ネットなどで購入できる植物性のものもあります)

・精油 合計で20滴以下
(お好みの香り、混ぜ物のない精油をご用意ください)

・保存用の瓶
(今回は120mlくらいの容量のガラス瓶を使用します)

使用する材料の分量は、瓶のサイズに合わせてありますので、お手持ちの瓶の容量に合わせて変えてくださいね。比率さえ守れば大丈夫です!

◆作り方◆

①水を瓶に入れ、グリセリンを投入します(グリセリンの量は、季節やお肌の状態によって調節してください、最大で全体量の1割まで入れて大丈夫です)。

②フタをしてよくシェイクします。

③精油を入れます。

おすすめのアロマオイル

◇ティートゥリー 10滴
(強力な殺菌力がありますが、皮膚への刺激は少ない優秀な精油です。)
◇ラベンダー 6滴
(リラックス効果が高く、痒みや肌荒れのイライラを鎮めてくれます。また高い殺菌力を誇り、皮膚細胞の修復・成長促進作用もあります。)

④フタをして再びよくシェイクします。

これを朝晩の洗顔後に、文字通り浴びるように使用します。120mlであれば1週間程度で使い切るくらいです。防腐剤が入っていないので、フレッシュなうちに使い切りましょう。
※性質上、精油は上の方に浮き上がってきてしまうので、使用する前に必ず振ってくださいね。

美白効果もある化粧水

日本酒化粧水

安価で入手しやすく、美肌、収斂、美白作用が期待できる日本酒。化粧水にしたら効果が期待で来そうです。

◆材料◆

・日本酒・・・50ml
・水・・・50ml(好みで加減してください)
・グリセリン・・・10ml(好みで加減してください)

以上の材料を容器に入れて混ぜます。

手作り美肌水の注意点

美肌水の注意すべき点は、「腐る!」ということです。常温で何ヶ月おいても平気な市販の化粧品に慣れている方は、特に気をつけて下さいね。冬場だと1ヶ月ぐらいは何でもありませんが、夏場は、暑い日が続くと数日で腐ってしまいます。薄める水ですが、精製水などより微量の塩素が入っている「ただの水道水」のほうが、美肌水が腐りにくいという利点があります。夏場は冷蔵庫へ保管し、1週間くらいで使い切るようにしましょう。

天使の美肌クリーム
天使の美肌クリーム
posted with amazlet at 14.05.06
大明化学工業
売り上げランキング: 5,146

まとめ

いかがですか。とっても安く、大量に作れる美肌水。好みで精油や尿素の代わりにクエン酸を入れても良いでしょう。薬局で売っています。手作りすれば、惜しげも無く全身に使っても良いでしょう。冷蔵庫で冷やした日本酒の美肌水をばしゃばしゃと使うなんて、とっても効果がありそうです。ただし防腐剤の入っていない手作り美肌水は、腐りやすいので早めに使い切るようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。