CCクリームで簡単!美肌メイクの方法

広告ロゴ
笑顔

韓国発のBBクリーム。名前は良く耳にして聞いた事があるという方、実際に使った事があるという方も多いと思います。ブランドによって値段はまちまちですが、韓国産のBBクリームは値段が安く、機能性もバッチリ!1回使うと、ハマってしまうほど、優秀なファンデーションです。

BBクリームの「BB」は「Blemish(気になる部分)Balm(保護)」の略)。つまり直訳で、BBクリームは「気になる部分を守るクリーム」。BBクリームは、美容施術後の肌の炎症を抑えながら、肌を紫外線から守ったり、傷跡をカバーするために作られたものなのです。肌の欠点をしっかりカバーする、いわばリキッド状のコンシーラともいえる存在。

シミやくすみを完全にカバーしてくれるので、卵肌のような、キレイなメイクが楽しめます。

そんなBBクリームの進化系CCクリームというのが発売され、人気急上昇中です!BBクリームでも凄いと思ったのですが、その進化系のCCクリーム。どこが優れているのか、BBクリームと比較しながら、説明していきます。

スポンサーリンク

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームの進化系CCクリームとは

考える

CCクリームは、保湿力が高く、乾燥肌の方にオススメです。CCの意味は“COLOR CONTROL”だったり“COMPLETE CORRECTION”だったりとブランドによってさまざまで明確な定義はありませんが、スキンケア効果や肌色補正効果に優れているというのが共通の特徴です。

CCクリームは、色補正で肌の欠点をカモフラージュ(=周囲の肌となじませる)しながら、全体的にトーンアップします。さらに、肌を潤わせ、滑らかにし、しわを防ぐ効果が期待できます。いわば、潤い効果のある美容液に、色補正効果を加えたような存在なのです。CCクリームは、コントロールカラークリームとも呼ばれるとおり、光の反射と人間の目の錯覚を利用して、美しい肌に見せてくれます。

BBクリームとCCクリームの違い

BBクリームは、ファンデーション+美容効果という位置づけなのに対し、CCクリームは「化粧下地」に美容効果をつけたものなのです。お肌のベース作りに役立つのはCCクリームです。「肌の悩みをしっかりとカバーする」BBクリームに対し、CCクリームは「肌の悩みを微妙な色補正でカムフラージュする」という違いがあります。

BBクリームが『塗って隠す』ものだとするなら、CCクリームは『光でごまかす』ものなのです。注目すべきは、BBクリームは欠点を重点的に「カバー」をするのに対し、CCクリームは欠点を「カモフラージュ」をするにとどまるものの、ファンデーションとして塗りやすいという点です。

つまり、BBクリームは、厚塗りとはまではいきませんが、しっかり化粧しているという仕上がりになりますが、CCクリームは、ナチュラルな仕上がりになります。

ナチュラルな仕上がりを求めるなら、CCクリーム

CCクリームは、BBクリームほどのカバー力はありません。ナチュラルメイクが好きな方は、CCクリームだけでOKですが、メークが落ちやすくなるので、上からパウダーをはたくと落ちにくくなります。
CCクリームは、もともと医療現場で使われてきたBBクリームに比べ、メークすることをはじめから意識して作られているため、肌をカバーして補修力のあるBBクリームよりも、ベタ塗り感を抑えて、自然な肌質に仕上がります。

忙しい朝や時間がない時はもちろんのこと、友達の家にお泊まりして「完全なるすっぴんはイヤだけどキレイな肌を演出したい」時にはピッタリです。

保湿やアンチエイジングなど、スキンケアの要素もたっぷり含まれているCCクリーム。化粧下地としてCCクリームを塗るだけで、スキンケアもしっかり出来るんです。

●CCクリームを使用した、簡単!美肌メイク方法をご紹介します●

CCクリーム自体にスキンケア機能が入っているのでローションやクリームは省略しても良いです。自然な肌トーンにしたい方は薄く一回塗って、しっかりカバーしたい方はもう一回重ね塗り。

水分感に優れているので、クマやしみなどがあるところは重ね塗りします。化粧直しが必要なときはミストを吹き、水分を供給してから重ね塗りすると肌にしっかり密着します。

まとめ:CCクリームは、ナチュラルメイクに最適!

BBクリームとCCクリームについて、比較しながら説明しました。

再度、BBクリームとCCクリームについての違いについて、重要な点をまとめます。

  • CCクリームは、コントロールカラークリームとも呼ばれるとおり、光の反射と人間の目の錯覚を利用して、美しい肌に見せてくれます。
  • 「肌の悩みをしっかりとカバーする」BBクリームに対し、CCクリームは「肌の悩みを微妙な色補正でカムフラージュする」という違いがあります。
  • CCクリームは、もともと医療現場で使われてきたBBクリームに比べ、メークすることをはじめから意識して作られているため、肌をカバーして補修力のあるBBクリームよりも、ベタ塗り感を抑えて、自然な肌質に仕上がります。

BBクリームとCCクリームを比較しますと、機能的な違いが、明確におわかり頂けたかと思います。ナチュラルメイク志向の女性が増えていますので、CCクリームが人気なのもわかるような気がしました。BBクリームは、しっかりとしたメイクになりますが、CCクリームは、美肌メイクに最適!ナチュラルな仕上がりになりますので、男性から見ても好印象だと思います。

BBクリームは、完全にシミやくすみをカバーしてくれますので、傷跡を隠したい時などには、かなり優れたファンデーションです。その時その時のお肌の状態によって使い分けるのも良いかなと思います。BBクリームは、刺青を隠すのにも使用されているぐらいですので、カバー力の面では、最強です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。