お酒大好きな方、必見!美肌になるためのお酒の飲み方

広告ロゴ
酒

会社の同僚や上司との飲み会・友人と食事をする時など、ついついお酒を飲み過ぎてしまって、翌日、お肌の調子がイマイチ・・と感じることもあると思います。お酒の飲みすぎがお肌に影響しているのかも・・思っている方は多いのではないでしょうか。

では、お酒の飲み過ぎが、直接、肌荒れの原因となっているのでしょうか?

日本酒は、美肌・美白・保湿効果が高いと言われています。また、赤ワインはポリフェノールがたくさん含まれていますので、美肌になると言われています。ですので、お酒の飲み過ぎが、直接、肌荒れの原因になっているというのも考え難いです。だとすると、お酒の種類にもよるのかもという疑問がでてきます。お肌に良いお酒と悪いお酒があるのかもしれません。

そんな疑問もすぐに解決!美肌になるためのお酒の飲み方を、お話しします。

スポンサーリンク

美肌になるためのお酒の飲み方

肌荒れの原因は飲酒?

考える

飲み会の次の日は、肌の調子が悪いと思いますか?お酒は、米や麦など穀物を発酵させてつくられるものなので、美肌効果があります。お肌に悪い飲み物ではありませんので、飲みすぎなければ、体や肌に悪影響を及ぼす事はないのです。お酒は、飲み過ぎると、血糖値が上がり、糖尿病などの病気を発症する可能性もありますので、注意が必要です。

適量であれば血行促進、リラックス効果といった良い作用が働きます。

お酒の翌日の肌荒れは、お酒自体というより、夜遅いといった睡眠不足や、バランスの悪い食事が影響しています。また食事の場合、たとえ美容に良いと言われる栄養素を摂っていたとしても、きちんと体に吸収されなければ、よけいに肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

美肌になるお酒やおつまみ

体を冷やすビールやサワー、カクテルはのどごしがよく、飲み過ぎてしまいますが、こうした冷えたアルコールは血行不良を招きます。血行不良になると、お肌の血行も悪くなりますので、良く朝、吹き出物ができていたり、肌が荒れて、化粧ノリが悪くなる原因にもなります。

焼酎のお湯割りや日本酒、ワインなどで、体を温めると良いでしょう。日本酒やワインの成分には、体を温めてくれる効果がありますので、血行促進、美肌に良いとされています。

おつまみでも、脂っこい揚げ物やピザ、冷たいサラダは肌荒れの原因になります。甘いものや脂っこいものを多く食べると、それはそのまま肌のトラブルに直結します。特ににきびができやすい体質の人は、皮脂の分泌が多くなってしまうので、避けたいところです。

美肌になるためには、お酒のおつまみとして、温かい煮物、豆腐や枝豆などの豆製品、焼き魚など脂質が少ないものをオススメ致します。和食が一番良いですね。日本人の肌質に合う食べ物は、やはり昔から慣れ親しんでいる和食だと思います。海外の方でも、和食を好んで食べられている方が多いのは、ヘルシーですし、健康に良いからという理由もあるそうです。

お酒による肌荒れ対策をするサプリメント

アルコールはお肌をキレイにするビタミンCの働きを妨げる作用があります。ビタミンCはみなさんもご存知のように、美肌をつくるのに大変重要な栄養素です。ビタミンCは紫外線によるメラニンの発生を抑えたり、活性酸素を除去して、肌が傷つくのを防いだりしてくれます。しかしアルコールはこうしたビタミンCの働きを妨げる作用があります。

もちろん睡眠不足や食事のバランスも、肌荒れの原因となるのですが、こうしたアルコールによるビタミンCの機能阻害が影響している割合も小さくはありません。
ですから、一番いいのはお酒を飲まないことですが、実際、お酒を好きな方は、お酒を飲まないというのも無理ですよね。会社でも付き合いで飲みに行く時もありますし、友人同士で飲みたくなる時もあります。嫌なことを忘れるには、お酒が一番だと思いますので、お家で飲みたくなる時もあります。

では、お酒を飲んでも肌荒れをしないようにするには、どうしたら良いのかといいますと、ビタミンCが働きやすい状態にしてあげることです

コラーゲンがビタミンCの働きを助けることをご存知でしょうか?美容の話題でよく出てくるコラーゲンですが、実は、ビタミンCの働きを助けるといった効果もあります。美容にはもちろん、お酒による肌荒れにも効果的なコラーゲンを摂取する事をオススメします。手軽に摂るならサプリメントがオススメです。

コラーゲン入りのドリンクも販売されていますので、お酒を飲んだ後、コンビニに行って、コラーゲン入りのドリンクを飲むだけでも、効果がありますよ。ビタミンC入りのドリンクも売っていますので、ダブルで飲めば、美肌対策、バッチリです!

資生堂ザ・コラーゲンドリンク (50mL×10本)×6箱
資生堂
売り上げランキング: 12,753

まとめ:美肌になるお酒の飲み方とは、お酒を飲んだ後のお肌へのフォローも大切

美肌になるためのお酒の飲み方、いかがだったでしょうか。再度、お酒を飲む際に気をつけないといけない点をまとめます。

  • お酒の翌日の肌荒れは、お酒自体というより、夜遅いといった睡眠不足や、バランスの悪い食事が影響している
  • おつまみでも、脂っこい揚げ物やピザ、冷たいサラダは肌荒れの原因になります
  • アルコールはビタミンCの働きを妨げる作用があるので、サプリメントなどで補う必要がある

日本酒やワインは美肌効果がありますので、どれだけでも飲んでいいかというと、そうではありません。アルコールが含まれていますので、ビタミンCの働きを妨げているのです。その分、他の成分で、美肌効果を発揮してくれているのも事実なのですが、ビタミンCはなどで補う事が出来ますので、ビタミンCやコラーゲンを補えば、翌日、肌荒れがヒドイ・・なんて事もなくなりますよ!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。