お茶を飲むだけのお手軽美肌法!美肌に効果的なお茶7選

広告ロゴ
肌男

美肌とはどんな肌でしょうか。くすみやシミなど、お肌の悩みは尽きませんよね。美肌を目指すためには、それらへの対策が必要になります。

一度肌が老化してしまうと元に戻すのは困難、或いは不可能となる場合もあります。美肌に重要なのは肌の老化を防止することなのです。

美肌になるために取る手段としてお手軽なのが「お茶を飲むこと」。お茶は肌の老化を防止し、身体の内側から肌をきれいにしてくれます。飲むだけなので、忙しい方にもおすすめですね。値段もお手頃です。

お茶といっても様々な種類があります。どのお茶を飲むと良いのだろうと迷う方もいらっしゃるでしょう。ここでは老化の主な原因と、特に美肌効果が期待できるお茶をご紹介します。それぞれの効能を参考に、あなたに合ったお茶を選びましょう。

スポンサーリンク

肌の老化の原因

茶葉

そもそも何故、肌は老化するのでしょうか。美肌を目指すために、まずは老化の原因を知ることから始めましょう。特に肌を老化させる力の強い要因として、次の3つがあげられます。

  • 活性酸素
  • 紫外線
  • 皮膚の糖化

活性酸素

ヒトの体内では、栄養素と酸素を反応させる、つまり酸化させることでエネルギーを得ています。酸化というと鉄がさびたり、りんごの断面が変色したりする現象が身近な例ですね。活性酸素とは酸素が変化し、より酸化作用が強力になった状態をいいます。

活性酸素は細胞を傷つけ、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうことがあります。これが肌の老化の原因となるのです。また、DNAを変質させて癌を発生させる場合もあります。活性酸素の働きを抑制することは、美肌効果とともに癌予防にもなるのです。

紫外線

肌に害を与える紫外線にはUVAとUVBがあります。UVAは真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。さらに、活性酸素を増加させる作用もあります。

UVBは真皮までは届かず、表皮に影響を与えます。日焼けはこのUVBによるものです。UVBにより表皮細胞が傷つけられると、シミおよび皮膚癌の原因となります。また、コラーゲン線維を壊してしまう酵素の働きを高める作用もあります。

皮膚の糖化

活性酸素による酸化を「サビ」とすると、肌の糖化は「コゲ」です。糖化とは糖がタンパク質と結びつくことをいいます。炊いたお米を置いておくと黄色く硬くなったり、砂糖水を煮詰めると茶色く変色したりするのも糖化です。その糖化が体内でも起こっているのです。

コラーゲンもタンパク質の一種であり、糖と結びついてしまいます。すると皮膚のハリが失われてしまうのです。さらに、タンパク質が糖化して出来た物質(終末糖化産物:AGE)が蓄積することで肌の色も褐色に変化してしまいます。この糖化を防ぐことが、美肌にとって重要なのです。

上記以外に、代謝の低下も肌の老化につながります。上記の老化を促進させる要因への対策をとることが、美肌への一歩となります。お茶は老化防止に効能のある、お手軽な美肌法です。では次に、美肌に効果的なお茶をご紹介します。

美肌に効果的なお茶

以下より、美肌効果の期待できるお茶7種をご紹介します。

  • 緑茶
  • 抹茶
  • どくだみ茶
  • ローズヒップティー
  • ルイボスティー
  • カモミールティー
  • サラシアティー

では次より、それぞれのお茶の効能について詳しく見ていきましょう。

緑茶

緑茶はビタミンCとカテキンを豊富に含むお茶です。

ビタミンCには活性酸素が発生した際に細胞の代わりに酸化し、細胞を酸化から守ってくれるという抗酸化作用があります。併せて、コラーゲンの生成を促進する、シミができるのを防ぐという美肌効果もあります。

カテキンにはビタミンCよりも強い抗酸化作用があります。よってビタミンCとカテキンを多く含む緑茶は、活性酸素による老化を抑えるのに効果的なお茶といえます。また、抗酸化作用が高いということは癌のリスクも減らしてくれます。

さらに、ビタミンCとカテキンにはタンパク質の糖化を予防する抗糖化作用もあります。緑茶は抗酸化と抗糖化の作用を併せ持つ、美肌効果に優れたお茶なのです。

抹茶

抹茶は緑茶の成分に加え、茶葉に含まれるビタミンAやEを摂取することができるお茶です。ビタミンA、Eは脂溶性、つまり油に溶けやすく水に溶けにくい性質を持つため、緑茶のように茶葉そのものを飲まないお茶では摂取できません。茶葉そのものを飲む抹茶ならば、ビタミンA、Eを摂取することができます。

ビタミンA、Eともに抗酸化作用を持つため美肌効果があります。他に、ビタミンAには肌荒れ予防や目の健康を保つ効果、ビタミンEには血行促進、代謝を良くするという効果もあります。

どくだみ茶

どくだみ茶はフラボノイド系という利尿作用のある成分を含んだ、新陳代謝を促してくれるお茶です。老廃物を排出することで肌荒れを防いでくれますし、むくみ解消にも効果的。そして抗糖化作用も持つという、美肌効果の高いお茶なのです。ノンカフェインなので寝る前にもいいですね。

どくだみ茶にはお通じをよくしてくれる効果もありますが、このお茶を飲み過ぎると人によってはお腹を下してしまうこともあります。お腹の緩い体質の方は注意が必要です。

ローズヒップティー

ローズヒップティーもビタミンCを多く含むため、美肌効果を持つお茶です。また、鉄分も豊富なため貧血予防にも効果的ですよ。このお茶はノンカフェインなので妊娠中に飲んでも大丈夫です。

ルイボスティー

ルイボスティーとはSODという抗酸化作用を持つ酵素を多く含むお茶です。SODは体内で生成されますが、齢を重ねるごとにその生成量は減少していきます。ルイボスティーはそんなSODを補ってくれるため、美肌によいお茶として注目されているのです。

また、亜鉛や鉄分、カルシウムなどミネラルも豊富に含んでいます。ローズヒップティー同様、ノンカフェインで妊婦さんにおすすめなお茶です。

カモミールティー

カモミールティーに含まれるカマメロサイドという物質に抗糖化作用があります。カモミールにはローマンカモミールとジャーマンカモミールがあり、ローマンカモミールの方がカマメロサイドを多く含んでいて美肌に効果的といわれます。

サラシアティー

サラシアティーはダイエット効果のあるお茶として注目されていますが、抗糖化作用もあるため美肌にも効果的なのです。小腸におけるオリゴ糖の吸収を抑えてくれる上に、吸収されなかったオリゴ糖が大腸に届いて善玉菌の栄養になるため腸内環境を整える効果もあります。美肌だけでなく、お通じや血糖値にも効能のあるお茶です。

まとめ:お茶には抗酸化、抗菌化などの美肌効果があります

本記事では美肌効果の高いお茶7種をご紹介してきました。もう一度、その7種のお茶をおさらいしましょう。

  • 緑茶
  • 抹茶
  • どくだみ茶
  • ローズヒップティー
  • ルイボスティー
  • カモミールティー
  • サラシアティー

それぞれお茶によって含まれる成分や効能に違いがあります。お茶によっては口に合わないものもあるでしょうから、自分に合ったお茶を飲みましょう。美肌を目指す上で、お茶はあくまで補佐的なもの。生活習慣を整えることも美肌には必要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。