美肌になるために乾燥肌を改善しよう!洗わない洗顔がスゴイ

広告ロゴ
洗顔

生まれつき肌の綺麗な人もいれば、弱くて荒れやすい人もいます。けれど、綺麗になる権利はみな平等に与えられています。生まれつき肌が弱いから・・を諦めていませんか?生まれつきの肌も、毎日の努力で変えられるのです。個人差はありますが、少しずつでも改善したい!とゆう思いこそが、美肌になるために必要です。

今回は、乾燥肌に焦点をあてて、乾燥肌の改善方法をご紹介します。その名も、フランスでは常識!洗わない洗顔です。
フランスで常識の洗わない洗顔、なぜ、フランスでは、洗わない洗顔なのかを説明します。

夜の肌のお手入れと言えば、クレンジングでメイク落としをし、さらに洗顔料でのダブル洗顔が日本では常識です。しかし、フランスでは、夜はクレンジングオンリー。その後は、そのまま基礎化粧のステップに入るスキンケアが常識なのだそうです。フランスの水道水は日本の水道水とは違い、洗顔には適さない水質。そのため洗わない洗顔が主流なのだそうです。

日本でも洗わない洗顔法が注目されているのですが、ダブル洗顔は肌の大切な油分までも取り去ってしまう原因で、肌が乾燥しやすくなってしまうからとの事。確かにそうなのかなと納得してしまいますね。肌に潤いを保てるようになれば、肌質が改善して、美肌になれそうな気がします。
それでは、洗わない洗顔方法を、順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

洗わない洗顔法

おすすめのクレンジングのタイプ

洗顔

保湿力のあるミルククレンジング、クリームクレンジングがおすすめ。肌をいたわりながらクレンジングすることができます。
きっちりメイクの人は、パーツを専用のクリーナーで落としてから、クレンジングしましょう。
オイルクレンジングは肌への負担が大きく、肌を乾燥させてしまい、小鼻まわりの毛穴をふさいでしますので、おすすめできません。

夜はクレンジングオンリー

夜のお手入れは、まずは、クレンジングでメイクや毛穴汚れをしっかり丁寧に落としています。
あとは、コットンに水がひたひたになるくらいしっかり浸させ、クレンジングをしっかり拭きとります。日本の水は肌にやさしいので、コットンを使わずに水で洗い流してもいいです。

これで後は基礎化粧で肌を整えます。

朝は水だけ洗顔

朝のお手入れは、コットンに水がひたひたになるくらいしっかり浸透させ、夜の美容液やクリームを拭きとります。コットンを使わなくても、水でパシャパシャと軽く洗う程度でもいいです。
これで後は基礎化粧で肌を整えます。

洗わない洗顔法は以上です。とっても簡単ですよね。

実際、冬場の乾燥する時期に、洗わない洗顔を試してみました。普段から乾燥肌なのですが、洗わない洗顔法を実践してから、メイクのノリが悪いとゆう事がなくなりました。肌に潤いがあるためか、ファンデーションが浮いたりする事もなく、メイクが楽しくなりました。

期間が短いので、少しの効果しかあらわれていないのかもしれませんが、乾燥肌が改善されたような気がしています。美肌になるための一つの方法としてですが、とても有効に感じましたので、オススメします。

毎日、洗わない洗顔方を実践していく事で、さらに効果があらわれそうです。乾燥肌が改善されて、美肌になるのも夢じゃない!三日坊主にならないように。持続させてこそ、効果があわれますので、毎日、継続してくださいね。ぜひ、一度、お試しください。

●基礎化粧品の予備知識●

洗わない洗顔法にもでてきますが、最終的には、基礎化粧品で肌を整えることが大切です。基礎化粧品といっても、何種類もありますよね。化粧水・乳液・クリーム・美容液・・などなど。では、基礎化粧品としてお肌をケアする時、一体、どれだけ使用したらいいのか?疑問に思ってしまいます。多ければいいのか、値段が高ければ、美肌になれるのか。

そこで、化粧品製造メーカーにお勤めの方に、基礎化粧品について聞いてみました。
いくつものメーカーのスキンケアセットを肌質や価格を気にせずに買ってきて、中身を調べたところ、その中の多くの成分が一緒だったとの事。つまり、入っている有効成分はほとんど同じで、形状が違うだけだったのです。例えば、液状だったり、クリーム状だったり、固形だったり。

「こんなことは良くあることですか?」と質問すると、「全ての化粧品メーカーがしているとは言えないが、良くあることですよ。」と言われました。
もちろん、しっかりと研究をして、できるだけ個人対応した化粧品を作りたい と考えているメーカーさんもいらっしゃいますので、そうゆうメーカーさん以外のメーカーさんの基礎化粧品を前提としています。

ある皮膚科に行ったとき、医師に、「基礎化粧品にはたくさんの種類がありますが、多く使うほうがいいのでしょうか?」と質問しました。
すると、「本来、肌に対して基礎化粧品(スキンケア)を使用する目的は保湿。肌の一番表面にある角質層(角層)がうるおっているかどうかで、肌のキメやなめらかさは決まってくる。だから、角質層にきちんと保持することが保湿であり、それさえできれば基礎化粧品の種類なんて1種類でも10種類でもどちらでもいい」と言われました。

化粧品や皮膚のプロフェッショナルの意見は、とても参考になります。美肌になるために、基礎化粧品をたくさん使う事には、意味がないように思いました。値段の高いものが良いとゆう事でもなさそうです。

安いものであっても、コットンにたっぷり含ませて、お肌に浸透させたりする事の方が大切なのですね。ですから、基礎化粧品は1つと決めて、量を気にせず使う方が良いのかもしれません。値段が高いと、なぜかもったいないとゆう気持ちがでてきて、ケチってしまいます。それでは意味がないのかもしれません。

オープル クリームクレンジング (オレンジピール由来成分配合)280g
ウテナ (2006-10-02)
売り上げランキング: 3,963

まとめ:フランスでは常識の洗わない洗顔法、乾燥肌の改善に有効です

実際に洗わない洗顔法を実践してみて、乾燥肌に効果があるとゆう事がわかってきました。個人差はあると思いますが、トライしてみる価値はあると思います。

再度、洗わない洗顔法をまとめてみましょう。

  • おすすめのクレンジングのタイプ
  • 夜はクレンジングオンリー
  • 朝は水だけ洗顔<

美肌になるために、乾燥肌を改善できる方法の一つとして、洗わない洗顔法をご紹介しました。気軽に簡単に取り入れられますので、多くの方に実践して頂きたいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。