美肌になりたい人ならやってはいけない3つのこと

広告ロゴ
止まれ

美肌になりたいと願うのは、女性なら当然のことです。「美肌になりたい」なら、高価な化粧品やフェイシャルエステを受けなければ手に入らないのでしょうか。もちろん高価な化粧品や美容のプロの手を借りるのも美肌になれる方法のひとつではあります。

しかし、美肌を作るのは日々のケアです。日々のケアとは心がけです。本記事では美肌になりたいならやってはいけないことに焦点をあてて、ご紹介していきます。あれこれと色々な美肌の方法を試すよりも、やってはいけないことだけを基本とするなら簡単で長続きするのではないでしょうか。

美肌になりたい人は、やってはいけない3つのことを土台にして、さらなる美肌ケアに努めて美しくなってくださいね。

スポンサーリンク

美肌とはどんな肌状態なのか

はてな

美しい肌に必要なものとは何でしょうか?美肌士の佐伯チズさんの言葉を借りるなら、美しい肌とは「うなはたけ」を備えた肌です。
う・・・潤い
な・・・なめらかさ
は・・・ハリ
た・・・弾力
け・・・血色
この五要素がある肌こそが美しいのです。言い換えるなら、美肌とは健康な肌です。シミやしわのない肌も美肌です。しかし、シミやしわの数だけを数えるよりも、しわが少々あっても保湿と弾力を兼ね備えた健康な肌こそが、見た人に「美しい」という印象を与えます。また、血色が良く潤いと弾力を備えた肌は、自然とシミやしわは出来にくい状態にあります。

逆にシミやしわは見当たらないけれど、全体的にたるんでいて、カサカサして、顔色がさえない、そんな病弱美人を「美肌」とたたえることは難しいのではないでしょうか。

肌は見た目もさることながら、触った時のなめらかさや水分を蓄えてしっとりとした感触、押し返してくる肌のハリが備わってこそ美肌と言えます。これが、美肌になりたいと願う理想の肌状態です。

肌質によってしてはいけないこと

では、肌がイキイキとした力をみなぎらせた美肌になるために、やってはいけないこと、とは何でしょうか。肌本来の潤いとなめらかさを保ち、ハリと弾力のある、血色の良い肌を阻害するものには次の3つが挙げられます。

肌を乾燥させてはいけない

美しい肌であるための基本中の基本が肌を乾燥させないことです。洗顔後の肌をそのままにすると、洗って顔の残った水分が蒸発するときに肌の水分も一緒に奪ってしまいます。洗顔の後は化粧水でパックをして乳液、クリーム、で毛穴から水分の蒸発するのを防ぎます。

肌の水分はハリや弾力の元でもありますし、なめらかさは乾燥した肌には感じられないものです。

美肌になりたい人ならば、日中も肌の乾燥を感じたらミストや軽い保湿パックをすると良いでしょう。美肌のうるおいや弾力などは保湿ケアによって左右するといっても過言ではありません。

紫外線のダメージを受けてはいけない

肌の老化の最大の原因は紫外線であることがわかっています。紫外線にあたった肌は弾力を無くし、乾燥しています。これがシミやしわの原因になるのです。改めて美肌ケアをするのも良いことですが、無駄に紫外線を浴びないことの効果は最も大きいのです。

かと言って人はお日様の恩恵も受けているので、紫外線は一生切っても切れない関係にあります。そのため、紫外線ダメージはうっかり日焼けから受けることも多いのです。メイクをしない日でも、UVカットの乳液や下地クリームを忘れないことです。水分を保てる肌は乾燥しているよりも紫外線のダメージも少なく済みます。

また、強い日焼け止めは、逆に肌の負担にもなります。屋外では日焼け止めクリームの強さを使い分けるとか、街中では帽子や日傘、マフラーなども使って上手に紫外線のダメージをかわす様にしましょう。

ストレスを放っておいてはいけない

美肌になりたいなら、肌状態とメンタルは別物ではありません。疲労、緊張、多くのストレスはすべて肌に表れます。適度な緊張は決して悪いものではありませんが、ストレスが溜まっていると感じたならそのままにせず、リラックスするなり、身体を動かすなり、別のことに集中して頭を使うなどして気分転換に努めることが大切です。

最も効果的なストレス解消法は眠ることです。睡眠は緊張した肌を緩め、頭の中をリセットしてくれます。眠るだけでフェイシャルエステ以上の効果があります。美肌になりたい人は、たっぷりと睡眠をとりましょう。

カリスマ名医ペリコーン博士の美肌革命―きれいになりたい人の奇跡のプログラム
ニコラス ペリコーン
青春出版社
売り上げランキング: 112,070

まとめ:美肌になりたいという意識が美肌を作る

本記事では、美肌になりたい人のために、やってはいけないことの3つをピックアップしてご紹介してきました。美肌になりたい人なら高いコスメをあれこれと揃えるよりも、肌が元気でいられる要素をかかさないように気を付けるだけで充分です。

その上で自分の肌質に合ったケアを探していくならば、シンプルでありながらも効果の高いケアができるでしょう。そして何よりも「美肌になりたい」という意識こそが美肌を作るのだと信じています。

  • 肌を乾燥させてはいけない
  • 紫外線のダメージを受けてはいけない
  • ストレスを放っておいてはいけない

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。