お化粧をしない女子急増中!!3つのテクニックで目指せすっぴん風美肌!

広告ロゴ
化粧

芸能人がこぞって「すっぴん顔」を公開しています。コメントには「かわいい」「お化粧しないほうがキレイ」など、賞賛の声が続々寄せられているようです。確かに、街を行く女性をみると、ノーメイク? と一瞬見間違えるようなすっぴん風メイクの人が増えたように思います。

でも、ちょっと待って! まったくお化粧をしないということは、素肌を無防備に紫外線にさらしていることにもなるのです。肌に良いと思っていたすっぴんが、かえって肌に悪いということも……。そこで本記事では、ノーメイク派の方はもちろん、普段はしっかりメイクでもオフのときはすっぴん風メイクをしたという方のために、ファンデーションを使わない、美肌のつくり方をご紹介します。

スポンサーリンク

お化粧をしない=なにも塗らないはまちがい!

夏女

外出時でもお肌になにも塗らず、すっぴんで過ごされているという方。その素肌は紫外線をもろに浴びていることをお忘れではありませんか? 石油系でつくられたファンデーションを厚くぬるのは確かに肌に負担をかけてしまいます。しかし、それ以上に危険なのが無防備なノーメイクなのです。

素肌が美しいという人は、そもそも日ごろのお手入れと紫外線対策をしっかりしているものです。肌になにも塗っていないようにみえて、日焼け止めはしっかり塗っているという方がほとんどではないでしょうか。なにも塗らずに外を歩くとどうなるのでしょう。あっとうまにシミやくすみが生成され、すっぴんで歩くなんてもってのほか! という状態になりかねません。

おすすめは「すっぴん風メイク」

そこでおすすめなのが、「すっぴん風」メイクです。「ノーファンデーションメイク」とも呼ばれ、雑誌の特集で目にした方も多いのではないでしょうか。すっぴん、ノーファンデとはいうものの、もちろんなにも塗らないわけではありません。お化粧をしていないようにみせるこのテクニック、実はフルメイクをするより手間がかかるのです! すっぴん風メイクのテクニックのポイントを、4つにまとめてご紹介します。

  • 徹底保湿でみずみずしい素肌をつくる
  • メイク道具は下地、日焼け止め ミネラルパウダー
  • ポイントメイクは最小限に
  • ぷるぷる唇でナチュラル感アップ

4つのテクニックを覚えれば、あなたもすっぴん風メイクの達人! 気になるその技を詳しくご紹介しましょう。

徹底保湿でみずみずしい肌をつくる

普段メイクで大きく見せている目や、マスカラで伸ばしたまつ毛、チークで血色を良くみせている肌……。フルメイクを全部落としても美しいという人がいます。目の大きさや肌の色があきらかに変わっているのになぜでしょう。それは「素肌の美しさ」にあります。もとの顔がわからないほどの過度なメイクは、確かにインパクトがありますが、どんなにメイクを頑張っても素肌の美しさにはかなわないというもの。

素肌を美しくするテクニック、は「徹底保湿」です。化粧水をたっぷりコットンにとり、やさしくパッティングします。顔を一周してなんとなく終わりにしているという方がいますが、これでは肌の深層部まで水分が行き渡りません。パッティングは100回を目安に行いましょう。化粧水を含ませたコットンを顔に貼る「コットンパック」の場合は、3~5分を目安に行いましょう。

このとき使用する化粧水は、その後の美容液や保湿クリームを肌に吸収しやすくする「導入用化粧水」または「ブースター化粧水」を選びましょう。より効果的なスキンケアが期待できます。たっぷり化粧水を含ませた肌に、保湿効果のある美容液やクリームをたっぷり塗っていきます。やさしく肌をマッサージするようにケアをしてくださいね。これを洗顔後の朝と夜、行います。

メイク道具は「下地」「日焼け止め」「ミネラルパウダー」

肌が整ったところで、すっぴんにみえる肌をつくっていきます。用意するのは「下地」「日焼け止め」「ミネラルパウダー」のたった3つです。ファンデーションもコンシーラーも必要ありません。手順を追って説明しましょう。

  • 下地を手の甲に10円玉大にとり、おでこ、鼻の頭、頬骨、あごにぽんぽんとのせる
  • 中心からフェイスラインに向かって丁寧にのばしていく
  • 日焼け止めも下地と同じようにのせていく
  • ティッシュで軽く抑え、余分な油分をとる
  • ミネラルパウダーをブラシに取り、顔全体になでるようにのせていく

下地には、ファンデーションのノリを良くするほか、肌を明るくみせる効果もあります。SPFがついた下地の場合、日焼け止めは必要ありません。どちらの場合でも、必ずSPF値が30以上のものを選ぶと安心です。

ミネラルパウダーは、いわゆる「おしろい」といわれるものです。できるだけ肌に負担をかけないのがすっぴん風メイクの鉄則。ミネラルタイプを使いましょう。パウダーにはカバー色のある肌の色に近いものもあります。すっぴん感は若干損なわれますが、どうしてもシミが気になる場合など、薄くのせるとよいでしょう。

ポイントメイクは最小限に

せっかくノーファンデで仕上げたすっぴん風も、つけまつ毛や濃いアイライン、アイシャドウで「盛って」は意味がありません。ポイントメイクは最小限に止めましょう。やや太めの眉を引き、アイシャドウはブラウン、ベージュなどのヌードカラーがおすすめ。アイシャドウ指に取り、トントンとまぶた全体にのせてなにませます。チップやブラシを使うより、自然な仕上がりになりますよ。

チークはオレンジ系がよいでしょう。頬骨の高い位置に薄くのせます。全体のメイクが薄づきな分、チークが目立ってしまいがちです。さっとブラシでなでる程度に止めます。

ぷるぷる唇でナチュラル感アップ

最後は唇です。かさかさと乾燥した唇は、すっぴん風メイクにふさわしくありません。口元は表情をつくる大事なポイントでもあります。しっかり潤いを与え、ぷるぷるやわらかな唇をつくりましょう。

すっぴん風メイクのときは、UV効果のあるリップクリームと、グロスをちょっとのせる感じに仕上げてみましょう。グロスは透明か淡いピンクなどがおすすめです。

まとめ:ノーメイクのときこそ時間と手間をかけよう!

メイク道具やテクニックの向上で、一昔前にくらべて女性のメイクは進化し続けています。もはや素顔をさらしても誰だかわからない……とはよく聞くおはなし。その反面、すっぴん風メイクの女性が急増しているのは、余計なものをそぎ落とし、本当の美しさを再確認したからではないでしょうか。

紫外線など外敵刺激から肌を守りつつ、素肌美を生かしたすっぴんメイクを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。