目立つ毛穴は美肌の大敵!タイプ別毛穴ケア

広告ロゴ
鏡

みなさんは美肌と聞くとどのような肌を想像しますか?つやがある肌、潤いがある肌、なめらかな肌、ハリのある肌などいろいろありますね。

映画やテレビで見る女優さんのように、陶器のようになめらかで、毛穴の目立たないきめ細かい肌。女性の憧れですよね。そんな美肌をあなたも手に入れたいと思いませんか?

男女に関係なく、毛穴の黒ずみや広がりは悩みの種。いろいろな方法を試しても、うまくいかなかった経験がある人もいるのではないでしょうか。それは、もしかしたら自分のタイプに合わない毛穴ケアだったのかもしれません。

そこで今日は、美肌に欠かせない毛穴のケア方法をタイプ別にご紹介します。正しく上手に毛穴ケアをして、美しい肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

毛穴ってどうしてあるの?

考える

憎き毛穴ですが、私たちにとってなくてはならないものでもあります。毛穴とは読んで字のごとく、毛が生える穴のことですが、実は大切な役割があります。

毛穴には毛包組織、汗腺、皮脂腺の出口があり、皮膚の中でつくられた皮脂や汗を外に出す働きのほか、老廃物や有害物質を排出する働きもあるのです。

悩みを抱える毛穴のタイプ3つ

毛穴の悩みは人それぞれですが、ただ闇雲に知っている方法を試せばよいわけではありません。間違ったケアは逆に毛穴を目立たせる原因にもなりかねないのです。

自分の毛穴タイプを知り、タイプに合った方法でケアをすることは、美肌を手に入れる近道になります。

毛穴の悩みは、大きく分けると以下の3つのタイプに分けることができます。

  • たるみ毛穴
  • 乾燥毛穴
  • 詰まり毛穴

以下に、それぞれの原因と見極め方をご紹介します。まずは自分の毛穴のタイプを見極めるところから始めましょうね。

たるみ毛穴

加齢や紫外線の影響で、毛穴周りのコラーゲンが減少することが原因となっています。毛穴の形が雫型になることで目立っています。

頬を両手で持ち上げたときに、毛穴が目立たなくなったら「たるみ毛穴」です。

乾燥毛穴

水分保持力が低下して肌が乾燥することが原因となっています。

見た目にカサついていて、触ったときに少しザラザラしたら「乾燥毛穴」です。

詰まり毛穴

毛穴に角栓(皮脂と角質がまざってできたもの)が詰まっていることが原因です。

毛穴が黒くポツポツしていて、触ると表面が盛り上がってザラザラしていたら「詰まり毛穴」です。

自分の毛穴のタイプが分かりましたか?

それでは、タイプ別に美肌のための毛穴ケア方法をご紹介しましょう。

諦めるのはまだ早い!たるみ毛穴

原因の大半は加齢によるものなので諦めてしまいがちですが、諦めるのはまだ早い!何もしないでたるみ毛穴を悪化させるより、たるみ毛穴ケアを実践して、友人に大きな差をつけましょう。

これから、たるみ毛穴タイプの人ができる毛穴対策を3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

毛穴と姿勢の関係

毛穴と姿勢が関係している。と言っても、にわかに信じられませんよね。

一般的に猫背と呼ばれる姿勢は、単純に背骨が曲がってしまっているだけではありません。「筋膜」と呼ばれる表情や肌を支えている筋肉も歪ませてしまいます。それがたるみ毛穴に繋がってしまうのです。

姿勢が良いとそれだけでも美しく見えますね。美肌のためにもぜひ、正しい姿勢を心がけてみてください。

食生活

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がエイジングケアに良いとされていることは有名ですね。その三大要素の中の、コラーゲンとエラスチンは食べ物からも摂取することができます。

食品から摂取する場合は、一気に摂取しようとせずに、質の良いものを少量でもよいので継続的に摂るようにしましょう。

また、コラーゲンの合成を助けるためには、肌のもとになるタンパク質も合わせて摂る必要があります。エラスチンは、動物性コラーゲンを多く含む食品に含まれていますが、エラスチンの合成を助けるために必要なビタミンB2も一緒に摂ることが大切です。

参考までに、コラーゲンとビタミンB2を多く含む食品をご紹介します。

動物性コラーゲンを多く含む食品は、鶏肉、鶏皮、手羽先、牛すじ、軟骨、豚足などです。これらは脂質も多いので、摂り過ぎには注意しましょう。

海洋性コラーゲンを多く含む食品は、魚のアラ、皮付きの魚、魚の頭、フカヒレ、エイヒレ、カレイ、サザエなどです。海洋性コラーゲンは吸収性が良いのでおすすめです。

ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、うなぎ、納豆、卵、海苔などです。脂質の代謝を促進します。

コラーゲンとエラスチンは睡眠中に活性化されるので、夜に摂るのがおすすめです。

ひと手間加える

リンパ腺に向かって老廃物を流すマッサージが効果的なのですが、わざわざやるとなると、途中で面倒になってやめてしまうかもしれませんね。

そこでおすすめしたいのが、メイクや洗顔の「ついで」マッサージです。毎日のようにしているメイクや洗顔のときに、頬の外側の首すじに向かってクルクルと軽くなでるようにマッサージするだけです。いつものメイクや洗顔にひと手間加えるだけの簡単マッサージ。ぜひ、試してみてくださいね。

毎日の疲れをとることも大切です。毎日の疲れは、老廃物が肌に溜まりやすくなる環境を作ってしまいます。椅子に座りながら腕を上げて伸びをするだけの簡単ストレッチでも十分効果があります。

また、表情筋が鍛えられるので、笑うことも大切です。

乾燥毛穴

乾燥毛穴は、水分保持力が低下することによる肌の乾燥で、細胞がしぼんでしまっている状態です。生活習慣とスキンケアに気をつけて、毛穴の目立たない美肌をめざしましょう。

入浴方法の見直し

熱すぎるお風呂は体に必要な油分を流してしまうので、乾燥毛穴の人はお風呂の温度に注意しましょう。

38度から39度くらいのぬるま湯に、汗をかくくらいゆっくりつかります。入浴で汗をかくと新陳代謝がよくなり、肌の老廃物が出やすくなります。

ここからが大切なのですが、入浴後、水分をふき取るときに、タオルで肌をこすらないように注意しましょう。スキンケアをするのは、入浴後5分以内にします。

コットンは不向きです

角質層に蓄えられている潤い成分は、どれだけ丁寧に洗顔をしても、洗うだけで減少してしまいます。洗顔後すぐに行い潤い成分を補って、しっかり保湿しましょう。

化粧水は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分が多く含まれるものを選び、手のひらを使って肌につけましょう。化粧水で補った成分は時間が経つと蒸発してしまうので、化粧水のあとには、乳液や保湿クリームを使ってフタをします。このときもコットンは使わず、手のひらを使ってつけます。

コットンの繊維は肌を刺激するので、乾燥毛穴の人には不向きです。

良質な油分を食事で補う

肌の油分が不足しがちな乾燥毛穴の人は、内側からも良質な油分を補いましょう。

おすすめしたい食品は、オリーブオイル、アボカド、アーモンド、青魚です。これらの食材を料理に取り入れることで、内側から良質な油分を補うことができます。

詰まり毛穴

毛穴パックやピーリング、角栓クレンジングオイルなど、詰まり毛穴ケアにはいろいろな方法がありますが、効果があまりなかったり、肌の負担が気になったりしますよね。

そんな詰まり毛穴の人におすすめの方法をご紹介しましょう。上手に角栓を取り除いて美肌をめざしましょう。

始める前にベビーオイルかオリーブオイルを用意しておいてくださいね。

まずは、しっかり開く!

頑固な角栓を取り除けるほどしっかりと毛穴を開くことが大切です。

蒸しタオルでは、十分に毛穴が開かないことがあるので、しっかりと毛穴が開くおすすめの方法をご紹介します。

息ができるように鼻の穴をさけて、ラップを顔に貼りつけ半身浴をします。ラップの準備が面倒な人は使い捨てのシャワーキャップを息ができるように穴を開けたもので代用してもよいですね。

毛穴を開くには、汗を出すのが一番です。顔からしっかり汗を出しましょう。

スチームを使う方法もあります。イオンスチームを持っている人は、それを使って毛穴を開けばよいのですが、持っていない人はお鍋で代用します。

  • お鍋にたっぷりお水を入れて沸騰させます。
  • 沸騰したらお鍋をテーブルなどの上へ移動します。
  • お鍋から出る蒸気を逃がさないように頭にバスタオルをかけて、お鍋から出る蒸気を10分間顔に浴びます。

お鍋から出る蒸気は熱いので、やけどには十分気をつけてください。

沸騰したお鍋にコップ1杯程度の日本酒を入れると発汗作用が増します。お酒に強い人におすすめです。

角栓ケアスタート

毛穴が十分開いたら、角栓ケアを始めます。このとき、蒸気が残っている場合は、タオルで優しくふき取ってから始めましょう。

  • 用意しておいたオイルを手で温めます。
  • オイルを薬指につけて、角栓の気になる部分を下から上に向かって薬指でクルクルと優しく丁寧にマッサージします。(力が入りすぎるのを防ぐため薬指で行います。)
  • 2~3分ほどマッサージしていると角栓が取れてきます。
  • ぬるま湯で濡らしたコットンなどで、オイルと角栓を優しくふき取ります。
  • たっぷりの泡で洗顔します。

仕上げは毛穴の引き締め

角栓ケアが終わったら、冷たい水で毛穴を引き締め、たっぷりの化粧水で水分を補給します。最後に乳液やクリームでフタをしましょう。

仕上げの毛穴を引き締める工程はとても大切です。最後までしっかり行ってくださいね。

角栓は無理に取ろうとすると、大切な肌の角質まで剥がしてしまい、余計に角栓ができやすくなります。肌に優しいケアをすることが大切です。

まとめ:毛穴のタイプに合ったケアが大切です

毛穴の悩みは大きく分けると3つのタイプがあります。タイプに合わない毛穴ケアをしていると、その悩みを悪化させることもあり、美肌とは程遠い肌になってしまうこともあります。最後に3つのタイプと毛穴ケア方法を簡単におさらいしておきましょう。

  • たるみ毛穴は、生活習慣で改善していきます。
  • 乾燥毛穴は、十分な保湿を心がけます。
  • つまり毛穴は、正しい方法で角栓を取り除きます。

一度目立ち始めると、気になって仕方のない毛穴の黒ずみや広がり。自分の毛穴タイプを知って、タイプに合ったケアをしていきましょう。

正しいケアで、毛穴の目立たない憧れのなめらか美肌を手に入れましょうね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。