めざせ美魔女!時間もお金もかからない簡単美肌術

広告ロゴ
笑顔

いくつになっても若く美しくいたいと思う女性は多いのではないでしょうか。美魔女に代表されるように、驚くくらい若く見える美肌の女性が増えました。「あんな風に年を重ねたい」とか「あんな肌を手に入れたい」と、美肌の女性には憧れますよね。

高価な化粧品を使ったり、エステに通ったりすれば、美肌を保てる可能性は高くなるでしょう。けれども、美容代に毎月数万円もかけたり、長時間さいたりすることができる人は少数ではないでしょうか。

できれば時間もお金もかけずに、簡単に美しい肌を手に入れたい。誰もが願うことかもしれませんね。

そんな女性のみなさんに、今日から始められて時間もお金もかからない、簡単美肌術をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

美肌の秘訣は28日周期

見て

まずは、肌のことを知っておきましょう。

人間の肌は、大きく分けると「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からできています。

皮下組織の大部分は脂肪でできていて、体組織を守る、体温を維持するなどの大きな役割があります。

スキンケアと関わりが深いのは、表皮層と真皮層です。

表皮の厚さの平均は0.2㎜で4層構造になっています。その中の一番下の層「基底層」と呼ばれるところで、真皮層から栄養や酸素などを取り込みながら作られているのが、皮膚の新しい細胞です。新しく作られた細胞は、徐々に上へ押し上げられ「角質細胞」となり、最後は「垢」になって剥がれ落ちる。この一連の肌の代謝活動が「ターンオーバー」です。

ターンオーバーはおおよそ28日周期とされているのですが、年齢を重ねていくにつれて、30日、40日と周期が長くなっていきます。

ターンオーバーの周期が長くなってくると、毛穴がつまったり、肌がくすんで見えたり、シミやシワが目立つ年齢肌になってしまいます。

では、ターンオーバーの周期が短くなることに問題はないのでしょうか?

答えは「いいえ」です。ターンオーバーの周期が短くなると、セラミドなどが十分に作られなくなり、ニキビや肌荒れなど、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌を美しく保つためには、このターンオーバーの周期を正常に保つことが大切になってくるのです。

ターンオーバーを正常化させるポイント

では、いったいどうやったらターンオーバーの周期を正常に保つことができるのでしょか?ターンオーバーを正常化させるためのポイントを3つご紹介しましょう。

  • 睡眠は6時間以上とる
  • ストレスを発散させる
  • バランスのとれた食事をする

この3つのポイントは、いずれも大切なものなので、ひとつも疎かにできません。

ターンオーバーは寝ているときに行われています。特に午後10時から午前2時の間は、最も活発にターンオーバーが行われている時間帯です。とは言え、現実的に午後10時に就寝するのは難しいので、最低でも午後10時までにメイクを落として、入浴とスキンケアもすませておきましょう。

ストレスはお肌の大敵とよく聞きますよね。過剰なストレスは老化の原因になってしまいます。ストレスを感じない生活は難しいので、定期的にストレスを発散させましょう。

栄養素はいろいろな成分と結びつきながら働きます。特定の栄養素だけを摂ってもきれいな肌にはならないのです。大切なのは、肌に良い栄養を摂ることではなく、バランスのよい食事を摂ることなのです。

時間もお金もかからない簡単美肌術

なんとなく肌のメカニズムがお分かりいただけたでしょうか?

では、自宅にあるもので今日から始められる簡単美肌術をご紹介しましょう。

スプーン美肌術

用意するものは以下のとおりです。

  • 金属のスプーン
  • ぬるま湯
  • 氷水

スプーンの形は、自分の顔の形に近いものを選びましょう。自宅になくても買う必要はありません。カレースプーンで代用できます。

お風呂の中で行う場合は、スプーンと氷水を用意して、ぬるま湯は湯船のお湯を使います。

まずは、毛穴引き締め効果がある、パタパタケアの手順です。

  1. スプーンの柄の端を持ち、顔の内から外に向かって、スプーン裏側のカーブになっている部分でパタパタと叩きます。このとき、遠心力を効かせるように叩くことがポイントです。頬の部分はリズムよく軽く叩きます。頬骨は叩くと痛いので、軽く押し当てるようにします。
  2. 次は、ひじを肩の高さと同じになるように真横にあげて、下から上へ向かってパタパタと叩きます。

顔がほんのりとあたたかくなってきたと感じたら終了です。

お湯につけたスプーンと氷水につけたスプーンを交互に使うと効果がアップします。

また、コットンを巻き輪ゴムで留めたスプーンに化粧水を含ませて、同じようにパッティングすると化粧水がぐんぐん浸透していきます。

次は、シミに効果がある、ペタっとケアです。

  1. スプーンを氷水に5秒ほど入れて、冷スプーンをつくります
  2. スプーンをしっかり持って、シミが気になるところに30秒ほどピタっと押し当てます
  3. スプーンをお湯に5秒ほど入れて、温スプーンを作り、同じように当てます

スプーン美肌術の最後は、リフトアップに効果がある、くるくるケアの手順です。

  1. スプーンをお湯に5秒ほど入れて、温スプーンをつくります
  2. スプーンのへこんだ部分に親指をしっかり当てて持ち、「の」の字を書きながら頬からこめかみに向かって4回に分けて押していきます。こめかみは老廃物を出してくれるツボなので、4回目はこめかみに当たるようにしましょう。

スプーン美肌術は、入浴しながら、テレビを見ながらというように、何かをしながらできるところが魅力ですね。わざわざ時間をさく必要がないので、忙しいかたにもおすすめです。

乳液ソフトピーリング

やりすぎは肌によくないとされるピーリングですが、乳液の「肌を柔らかくする」という特性を生かしたピーリングが乳液ソフトピーリングです。

用意するもの以下のとおりです。

  • 乳液
  • 熱めの蒸しタオル
  • 化粧水や美容液など

では、手順をご紹介しましょう。

  1. 洗顔後、タオルで拭いたあとの素肌に乳液を多めにつけます。このとき、化粧水はつけません。乳液だけを素肌につけます。
  2. 親指以外の4本の指を使い、頬の中心から外側に向けてくるくると小さな円を描くように、優しくマッサージします。
  3. 少し熱めの蒸しタオルを顔に乗せて、そのまま数分放置します。
  4. 毛穴が開いてくるのを感じたら、蒸しタオルを使って角質をふき取るように、乳液を拭います。ベタつきが気になる人は、軽く洗い流しましょう。
  5. いつものスキンケアをします。

古い角質を落とし過ぎることなく優しく落とす乳液ソフトピーリング。ごわつく肌がもっちり肌に変身します。

毎日続けて美肌を保つセルフケア

最後に、毎日コツコツと実践することで、美肌を保つセルフケアを8つご紹介しましょう。

  • 水分は少しずつ飲む
  • 寝る前には1分間の深呼吸
  • 午後からはハーブティーで眠りの準備
  • 冷え症さんは生野菜より温野菜
  • クレンジング料は手のひらで温めてから使う
  • 朝は化粧水で汚れをふき取る
  • 化粧水パックで肌に潤いを
  • 肌トラブルを起こしやすい食べ物は控える

補足を含め、簡単に説明しますね。

水分は少しずつ飲む

水分をたくさん飲むことは、体の毒素を排出することになるので美肌作りに効果的です。しかし、一度にたくさんの水分を摂ると、腎臓に負担がかかってしまうので、回数を増やして少しずつ飲むようにしましょう。

寝る前には1分間の深呼吸

寝る前に1分間の深呼吸をすることで、副交感神経が優位に働くようになり、美肌づくりに欠かせない質の良い睡眠をとることができます。鼻から吸って口からゆっくり吐く深呼吸をしましょう。

午後からはハーブティーで眠りの準備

夕方以降のカフェインは睡眠の妨げになります。代わりに、肌の老化を招く活性酸素を除去する働きのあるハイビスカスやローズヒップなどのハーブティーを飲みましょう。

冷え症さんは生野菜より温野菜

冷えは血行が悪くなるので、美肌づくりには大敵です。ビタミンたっぷりの野菜は美肌づくりに欠かせない食材ですが、生野菜は体を冷やす作用があるので、冷え症の人は煮物や温野菜などの調理野菜にしましょう。

クレンジング料は手のひらで温めてから使う

クレンジング料を温めてから使うと、肌になじみやすくなり素早くメイクを落とせます。クレンジングを短時間で終えることは肌荒れを防ぐことにもなります。

朝は化粧水で汚れをふき取る

洗顔料の使い過ぎは肌トラブルの原因になるので、あまり肌が汚れていない朝は洗顔の代わりに、化粧水を含ませたコットンで、汚れをふき取るだけにしましょう。メイクのノリもよくなりますよ。

化粧水パックで肌に潤いを

大きめのコットンをさいて化粧水をたっぷりとしみこませ、気になるところに貼り付けて3分間放置して終了です。毛穴が開いている入浴中に行うと、浸透率がアップします。乾燥がひどい方は美容液をプラスするとよいでしょう。

肌トラブルを起こしやすい食べ物は控える

動物性脂肪、化学薬品、アクの強い食べ物は肌トラブルを起こしやすい食べ物です。合成添加物の入っている食品は控えめにして、アクの強い食べ物は必ずアク抜きをしてから調理しましょう。

美肌食  ―簡単メニューできれいになる (講談社の実用BOOK)
佐伯 チズ
講談社
売り上げランキング: 314,339

まとめ:美肌は1日にしてならず

誰にでもできる、簡単美肌術をご紹介してまいりましたが、ご参考になりましたか?

美肌というと、外側からケアすることだけを考えてしまいがちですが、同時に内側からもケアすることが大切です。

そして、もっと大切なことは、続けるということ。「美肌は1日にしてならず」なのです。簡単な美肌術はありますが、どんな美肌術でも続けることが一番難しいかもしれませんね。

女性のみなさん。毎日コツコツ続けて、一緒に美魔女を目指しましょう!

肌はひとそれぞれ。自分に合ったスキンケアグッズを使うように、美肌術もまた、自分に合ったものを実践するようにしましょうね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。