美肌も綺麗な身体もゲット☆グリーンスムージーレシピ15選

広告ロゴ
野菜

近年、美肌ドリンクとして大人気のグリーンスムージーをご存知でしょうか。グリーン(生の緑の葉野菜)・フレッシュフルーツ・水などをミキサーや専用のブレンダーで混ぜ合わせた飲み物のことです。

現代人に不足しがちなグリーンを手軽に美味しく摂取でき、毎日飲むことで美肌効果やダイエット効果が期待できるとされています。また美容効果だけではなく、健康改善のために飲み始める人も。有名セレブや日本のタレントさんの中にも飲んでいる人が多く、ちょっとしたブームとなりました。

本記事ではグリーンスムージー初心者の方々のために、グリーンスムージーを飲むことのメリットと、オススメのレシピをご紹介しています。「グリーンスムージーを飲み始めたいな」とお考えの方、ぜひ本記事を参考に、いろいろなレシピに挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

グリーンスムージーを飲むメリット

飲む

はじめに、グリーンスムージーにはどのようなメリットがあるのかを簡単にご説明します。

  • 栄養価がとても高い
  • 消化・吸収されやすい:ミキサーやブレンダーで撹拌することで、細胞壁が壊れる
  • 食物繊維が豊富
  • 美味しい:フルーツがグリーンの苦味を抑え、グリーンが甘みを中和する
  • 簡単に作れる:ワンステップなので、野菜を調理するより手軽
  • 油・塩分が不要:グリーンを料理として食べるときに必要な油・塩分を摂らずに済む
  • グリーンの摂取が習慣になる

以上の点から、普通にグリーンやフルーツを摂取するよりグリーンスムージーの方がいいとされています。たしかに、油・塩分を加えずにグリーンを摂取できるというのは大きなメリットですね。朝ごはん代わりに1杯飲む習慣をつけられると、忙しい朝の時間にも余裕が生まれそうです。

グリーンスムージーのレシピ集

Green Smoothie®を提唱したヴィクトリア・ブーテンコさんによると、 グリーンスムージーは“グリーン+フルーツ+水”をブレンダーで混ぜ合わせたものと定義されています。本記事ではそのレシピのほか、グリーンスムージーにアレンジを加えたレシピもご紹介していきます。

小松菜がメインのレシピ

えぐみのもととなるシュウ酸が含まれていないため生のままグリーンスムージーにすることができ、初心者にも飲みやすい味わいです。カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンC・A・K、葉酸、リン、鉄などが豊富なグリーンです。

次のようなレシピで作ってみましょう。

  • 小松菜(50g)+バナナ(2本)+水(100cc)
  • 小松菜(1.5株)+みかん(1個)+冷凍バナナ(1本)+水(75cc)
  • 小松菜(1株)+バナナ(1本)+りんご(1/2個)+キウイ(1個)+水(100cc)
  • 小松菜(30g)+桃(1/2個)+ヨーグルト(大さじ2)+牛乳(50cc)+蜂蜜(大さじ1/2)+氷(2個)

ほうれん草がメインのレシピ

ビタミンA、葉酸、ミネラル、食物繊維が小松菜より豊富に含まれているグリーンです。若干えぐみがあるため、バナナを組み合わせると美味しく飲むことができます。

次のようなレシピで作ってみましょう。

  • ほうれん草(50g)+バナナ(2本)+豆乳(100cc)
  • ほうれん草(3束)+バナナ(2本)+りんご(1/2個)+水(100cc)
  • ほうれん草(1株)+バナナ(1/2個)+いちご(4個)+ブルーベリー(70g)+水(150cc)
  • ほうれん草(1.5株)+オレンジ(1/2個)+キウイ(1/2個)+バナナ(1/2本)+マンゴー(1/4本)+水(100cc)

アボカドを使ったレシピ

アボカドに含まれるリノール酸は、セラミドを形成し美肌にいいとされています。ノンコレステロールの不乾和脂肪酸のため、悪玉コレステロールの値を下げる働きもあります。

アボカドを使ったグリーンスムージーは、以下のようなレシピで作ってみましょう。

  • アボカド(1/2個)+バナナ(1本)+青菜(1株)+水(100cc)
  • アボカド(1/2個)+バナナ(1本)+ほうれん草(4株)+パイン(厚さ2cm)+水(50cc)
  • アボカド(1/4個)+りんご(1/2個)+ほうれん草(1株)+レモン(1/2個)+水(200~400cc)
  • アボカド(1/2個)+ほうれん草(20g)+パプリカ(1/2個)+冷凍バナナ(1/2個)+水(適量)

トマトを使ったレシピ

トマトに含まれるリコピンは、美肌を作り上げる成分として注目されています。トマトジュースではなく、フレッシュトマトをスムージーにして摂取しましょう!

トマトを使ったスムージーは、次のようなレシピで作ってみましょう。

  • トマト(1個)+バナナ(1/3本)+無糖ヨーグルト(50g)
  • トマト(1個)+りんご(1/2個)+バナナ(1/3個)+水(150cc)
  • トマト(1/4個)+りんご(1/4個)+パプリカ(1/4個)+にんじん(2cm)+豆乳(50cc)+レモン汁(大さじ1/2杯)
からだの中から若返るグリーンスムージー健康法
仲里 園子 山口 蝶子
PHP研究所
売り上げランキング: 623

まとめ:継続して飲み続けよう

本記事では、グリーンスムージーのオススメレシピをご紹介してきました。美肌のためには、グリーンスムージーを最低でも1日1杯を毎日飲み続けることが大切です。今回ご紹介したレシピ以外にも、お好みのグリーンやフルーツを組み合わせてみてもいいでしょう。継続は力なり、モチベーションが保てるようなおいしいグリーンスムージーを見つけてみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。