飲む点滴「甘酒」の驚くべき美肌効果ダイエットにも!?

広告ロゴ
飲む

「飲む点滴」ともいわれるほど、栄養価が高い「甘酒」。すぐにエネルギーとなるブドウ糖をはじめ、ビタミンB 、アミノ酸が豊富にふくまれています。この甘酒、健康促進や疲労回復のほか、美容にも驚きくべき効果を発揮するってご存知ですか? 

甘酒というと寒い冬に冷えた体を温める飲みものというイメージがありますが、古くは冷やして夏の栄養補給として飲まれていたとか。本記事ではこれからの季節にも役立つ甘酒のアレコレをご紹介。美味しく飲んで、ヘルシー&ビューティーを目指しましょう!

スポンサーリンク

今話題の米麹から作る甘酒とは

考える

酒粕を溶かし、砂糖を加えたものも甘酒と呼ぶのが一般的ですが、江戸時代に飲まれていた甘酒には、アルコールが入っていませんでした。米麹から作られたもので、江戸時代では夏に冷えた甘酒を暑気払いに飲む習慣があったといわれています。江戸の街にはたくさんの甘酒売りがいたそうで、いわば甘酒は日本最古の栄養ドリンクというわけですね。本記事では、米麹で作られた甘酒についてご紹介します。

米麹から作られた甘酒が、平成の世でブレイクしたのは数年前。麹ブームとともにやってきました。「甘麹」とも呼ばれる米麹で作られた甘酒は、ノンアルコールなうえにノンシュガー。あのとろりとした甘さは、麹が発酵する過程で産まれたブドウ糖の甘だけの甘み。これならダイエット中の方も安心して飲むことができますね。

甘酒にはアミノ酸全種、吸収率の高いビタミン群などが豊富に含まれ、疲労回復、活性酸素の除去、脳の活性化などにも効果が期待できます。これに加え、美肌にも効果を発揮するというのですからそのパワーは計り知れません。

飲む美容液!? 甘酒の美肌パワーとは

甘酒がもたらす美容効果は次の通りです。

  1. メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを予防する
  2. 肌にうるおいとハリを与える
  3. 肌のターンオーバーを整える

では次に、上記の3つの対処方法について詳しくご案内します。

メラニンの生成を抑え、シミ、ソバカスを予防する

米麹でつくる甘酒は、炊いたお米に米麹を入れ、発酵させて作られます。この発酵こそが、甘酒の栄養価をアップさせているのです。その中のひとつ「コウジ酸」が、美肌のカギを握る栄養素です。なんとこのコウジ酸、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素を生成するメラサイトという細胞の働きを抑えてくれる効果があるのです! ほかにも抗酸化作用や消炎作用もあり、日本酒同様、飲んでも塗ってもよいといわれています。

肌にうるおいとハリを与える

肌の角質層は、天然保湿因子のよってうるおいを保っています。この天然保湿因子の約40%はアミノ酸でつくられています。前述の通り、甘酒に必須アミノ酸が全種類含まれています。甘酒を飲むと肌がしっとりとするのはこのためです。

また、甘酒に含まれる「パントテン酸」は、お肌にハリをもたらす重要な成分です。主な役割はコラーゲンを作る際に必要なビタミンC の働きを助けることです。パントテン酸の働きでコラーゲンの生成が促され、紫外線のダメージからもお肌を守ってくれます。甘酒にはアミノ酸がコラーゲンなどのタンパク質生成助ける「ビオチン」も含まれています。その相乗効果で、ハリのあるお肌へと導きます。

肌のターンオーバーを整える

甘酒にはビタミンC とならんで美肌に欠かせない「ビタミンB2」も含まれています。タンパク質の合成に関わり、細胞の再生に欠かせないビタミンB2。不足すると、細胞が再生するスピードが遅くなると同時にお肌のターンオーバーが乱れます。その結果、ニキビや肌荒れ、くすみなどさまざまな肌トラブルの原因に…。ターンオーバーが正常に繰り返されれば、肌のコンディションは安定していきます。

炊飯器で簡単! 甘酒のつくり方

健康と美容の両方に、さまざまなうれしい効果をもたらす甘酒。最近では、スーパーでも一年中売られるようになりましたが、毎日飲むとなるとちょっと割高。そこで、炊飯器を使ったお手軽甘酒レシピをご紹介。米麹からつくることで、より美容効果が期待でき、ノンアルコールなのでお子さまでも美味しいくのむことができますよ。

材料

  • 米…1合
  • 米麹…2合
  • 水…700ml

つくり方

  1. 米を炊飯器で少しやわらかめに炊く。炊きあがったら釜のまま、完全に冷ましておく
  2. 1に水700mlを加え、よく混ぜる
  3. 2を炊飯ジャーに入れ、少しだけフタをあけた状態で保温ボタンを押し、8~10時間くらいの間、そのまま放置。1時間~2時間に1度よく混ぜる
  4. 甘みがでてきたら完成。清潔な容器に移し冷蔵庫で保管。1週間を目安に飲み切る
酒蔵の糀仕込み甘酒ペット 350ml×20本
篠崎
売り上げランキング: 77,433

まとめ:毎日続けたい「飲む美容液」で陶器のような美肌へ

昔から、日本酒をつくる杜氏さんの手はシミひとつないと言われます。その理由は、日本酒を作る過程で触れる米麹にあるのかもしれません。米麹から作られた甘酒なら、ノンアルコールなのでお酒が苦手という方でも安心して飲むことができます。飲む美容液・甘酒を、夏は冷やして冬は温めて……。肌トラブルにお悩みの方、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。