ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴と利用上の注意点について

朝日

ベンゾジアゼピン系睡眠薬はその効能とともに、副作用にも気をつける必要があります。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、その副作用として依存性があります。そのため、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を利用する場合には、医師の診断のもと、依存性に配慮して利用することが重要です。

スポンサーリンク

不眠症と睡眠薬の利用について

夜景

現在、日本人の5人に1人の割合で睡眠障害を患っている人がいると言われます。そして睡眠障害の代表的なものが不眠症です。不眠症治療の方法としては生体リズム(体内時計)を調整することをはじめとして自然治癒によることが最も望ましいと言えます。しかし、どうしても眠ることができず、健康や社会生活に問題が生じる可能性がある場合には、睡眠薬を利用するということも一つの方法です。

睡眠薬の利用にあたっては、医師・薬剤師の処方に従うことは絶対に必要です。決してご自身だけの判断で利用されないよう留意して睡眠薬は利用されることが重要となります。
睡眠薬で非常に広く利用されているタイプの一つがベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、脳に作用してその活動力を低下させます。そして、心の不安や緊張を和らげ、眠気を生じさせるという構造の睡眠薬がベンゾジアゼピン系睡眠薬の働きです。ベンゾジアゼピン系睡眠薬としては、ハルシオン・リルマザホン塩酸塩水和物(リスミー)・サイレース・ベンザリン・ベノジートなどの種類があります。

このようにベンゾジアゼピン系睡眠薬は多様な種類があることからも分かるように非常に広く利用されています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の種類が豊富であるのは、不眠症の様々な症状に対して、個別に役立つ作用が認められるためです。例えば、入眠障害、中途覚醒、熟睡障害などそれぞれの睡眠障害の種類に応じてベンゾジアゼピン系睡眠薬は利用することができます。このように、様々な症状に合わせて利用できることがベンゾジアゼピン系睡眠薬が広く利用される大きな理由の一つとなっています。もちろん、その効能が高いという点も大きなメリットです。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用・利用上の問題点

このようにベンゾジアゼピン系睡眠薬は非常に効能が高く、様々な症状に合わせて利用することができるため、睡眠障害には非常に効果的です。ただ、その一方でベンゾジアゼピン系睡眠薬には副作用・問題点も数多く指摘されています。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の問題点の1つとして挙げられているのが、効果が強力なために睡眠導入以外の副作用が生じる場合があるという点です。例えば、ハルシオンの場合、もうろう状態が生じることがある場合があると言われます。また、マイスリーの場合には一過性の健忘が生じることがあると言われます。

ただ、もうろうや一過性の健忘などの副作用はベンゾジアゼピン軽睡眠薬以外でも生じることがあるので、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に限った副作用ではありません。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用として大きく取り上げられるのは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が持つ依存性です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合には約1ヶ月を境に、それ以上の期間利用すると体に耐性ができることによって、服用の量を増やさなければあまり効果が出なくなってしまうという依存性の弊害があると言われます。

また、投薬を急にやめてしまった場合、イライラ感、吐き気、さらに強度な不眠などが生じるなどベンゾジアゼピン系睡眠薬が持つ依存性は大きなデメリットということができます。

このような依存性がベンゾジアゼピン系睡眠薬が持つ大きな問題点ですので、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は決して急にやめないことや医師・薬剤師の処方に必ず従うことが重要です。

また、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に限らず、睡眠薬の処方を受けている場合には自動車の運転、危険性を伴う仕事を避けるなどが必要です。生活や仕事で車の運転を欠かすことができない場合、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の処方にあたっては必ず医師に相談して具体的なアドバイスをもらうことが不可欠です。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬はこのように効果とともに依存性を中心とした副作用にも留意することが重要です

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 374

まとめ:ベンゾジアゼピン系睡眠薬についてのまとめ

以上、本文で述べましたベンゾジアゼピン系睡眠薬のポイントをまとめると以下のようになります。

  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬は脳に作用し、脳の働きを一時的に緩やかにして不安を解消したり睡眠効果を得るというタイプの睡眠薬です
  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬は様々な不眠症のタイプに対して効果があるので、非常に広く利用されています。そのため不眠症の症状に合わせて、様々な種類のベンゾジアゼピン系睡眠薬が販売されています
  • ベンゾジアゼピン系睡眠薬の持つ非常に大きな副作用・問題点は依存性ということができます。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は急にやめたりせず、必ず医師・薬剤師の処方に従うことが重要です

繰り返しになりますが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は不眠症に役立つものとして広く利用されている反面、依存性という大きな副作用を持ちます。ベンゾジアゼピン系睡眠薬の投薬を受けるにあたっては、必ず医師等の処方を守ることを徹底されてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment