快適なベッドルームにするためのコーディネート術

広告ロゴ
ベッド

一日の疲れを取るためのベッドルームは、日常生活の中でもとても重要です。そんなベッドルームのコーディネートで快適さを演出するために大切なのは居心地と安心感です。

では、一体どんなスタイルが自分に合っているのでしょうか?どんなコーディネートをすれば快適さを実現できるのでしょうか?

今回は、快適に過ごすためのベッドルームのコーディネートの方法を学んでいくことにしましょう。

スポンサーリンク

コンセプト選び

自分にとって居心地のいいベッドルームにするためには、最初にコンセプトを決めておく必要があります。

どんなコーディネートにするか、まずはイメージを固めるためにどんなコンセプトにするのかを例にとって見ていくことにしましょう。

日本の伝統文化を取り入れて古き佳き和風

和室

日本人にとっては馴染みの深い和風のベッドルームも、雪見障子や丸窓などを取り入れたりすることで茶室のような別空間に演出することが出来ます。

伝統のある日本の建築様式を取り入れることで、神秘的な空間にコーディネートできるところが素敵です。

ゴージャスなインテリアで彩り豊か

洋風のコーディネートの代表的なベッドルームといえば、品のあるインテリアをふんだんに取り入れたゴージャスな装いのベッドルームです。

高級感のあるコーディネートにすることで飽きの来ないベッドルームを演出することが出来ます。

レトロアイテムで歴史を感じさせるモダン風

アンティークな雑貨や絵画で装飾したり、レトロなアイテムや家具を配置することで歴史観を演出することが出来ます。

ベッドルームをノスタルジックな雰囲気にコーディネートするこの歴史的なコンセプトに、一度は憧れを抱いた方も多いことでしょう。

アジアン雑貨でエキゾチック風

くつろぎの空間として、気取らないアジアンテイストの雑貨を使うことでエキゾチックなベッドルームのコーディネートが可能になります。

手染めのシルク素材のカーテンを使ったり、籐製品の家具やインテリアを使ったりすることで落ち着いた雰囲気にするコーディネート方法です。

お姫様のようにキュート&ポップ

可愛らしい色使いのリネンやクッションとインテリアをあわせることで、お姫様のベッドルームのようなコーディネートをすることが出来ます。

色のバリエーションをバランスよくコーディネートすることで、ポップなベッドルームを演出することも出来ます。

最低限のものにしてすっきりスマート

インテリアや装飾は最低限のものにし、色調も単色で統一することですっきりスマートなコーディネートをすることが可能です。統一された色調の中に、逆のコントラストのアイテムをひとつアクセントにするだけでもベッドルーム全体を引き立たせることが出来ます。

一人暮らしの男性に特に人気が高く、生活感を取り除いたムードを楽しめるコーディネートになります。

モノトーンを基調にシックな一流ホテル風

明暗のくっきりしたモノトーンを基調にして、インテリアや家具はシックなデザインのものを配置することで一流ホテルのような格調あるベッドルームにコーディネートする方法も高い人気があります。

落ち着きと高級感溢れる空間を楽しめることで、きっと日常の忙しさを忘れるひと時を楽しめることでしょう。

スタイリッシュなアイテムで高級リゾート風

最新のインテリアやアイテムを使い、ちょっと高級リゾートに訪れたような気分を満喫できるコーディネートにすることで、スタイリッシュな空間を演出したベッドルームにすることが出来ます。

コーディネートのアイテム選び

自分の中でコンセプトが決まったら、次はアイテム選びです。どういったアイテムが必要なのか、どのようなアイテムを使うとより効果的なコーディネートが可能になるのか、その組み合わせは無限大の楽しみがあります。

主役のベッド

まずは主役になるベッド選び。サイズから始まり材質・デザイン・置き場所などを考えて選ぶようにするといいでしょう。

ベッド選びで欠かせないのが、宮です。この宮のデザインは概観の美しさに大きく影響します。センスのいいものを選びたいですね。

宮を見る時、以外に見落としがちな電源の確保も忘れないようにしましょう。枕元に携帯やスマホの置き場所が欲しいという人も多いことですし、読書を楽しむならちょっとした簡易照明が必要になってきます。

リネンなどベッド用品の素材選び

ベッドが選べたら、次はベッドリネンのチョイスです。基調色は何色がいいのか、明るめが好きなのかそれとも落ち着く色がいいのか、好みの色から選択肢を徐々に絞っていくといいでしょう。

他には演出したい雰囲気で色を決めるという方法もあります。落ち着いたシックな色合いにするならパープル系、可愛らしいピンクの色合いもいいですし、自然な風合いを楽しむのであればグリーンを基調にするのもお勧めです。日常感をあえて演出するなら紺も適していますし、暖色か寒色にするかでも雰囲気は大きく変えることが出来ます。

色使いも単色・ツートン・複数色がいいのか、無地のものにするのか柄が入ったものにするのか、柄の入ったものがいいのならシックに仕上げたいのか元気なカラフル調にするかもコーディネートの腕の見せ所です。

壁紙やクロス

ベッド周りが決まってきたら、次はベッドルーム全体をコーディネートしてみましょう。この時、ベッドが浮かないような配色にすることがポイントになります。

ベッドに合った色使いや柄のものを選び、素材にもこだわりたいものです。木のレリーフ独特の質感を使ったり、重厚感のあるレンガ造りやタイル調にしてみたり、カラフルで神秘的なモザイク装飾を使ったりしてトータルの雰囲気をまとめ上げることを考えるといいでしょう。

インテリア品

ベッドルームのコーディネートがまとまってきたら、いよいよインテリアのチョイスです。必要に応じてサイドテーブルを選んだり、照明には間接照明がいいのかシャンデリアにしたいのか、それともキャンドルを置いてみたらどうなのかなどです。

ベッドルームにアクセントを添えるインテリアには、絵や写真が便利です。パネルにするか、額に入れて飾るなら額もコンセプトに合わせるといいでしょう。

女性らしいベッドルームにしたいなら、鏡を置いてみたり、自然な風合いを楽しみたいなら観葉植物を置いてみたり。スタンドハンガーやタンスなどの家具もコンセプトに合わせて組み合わせを楽しんでみましょう。

空調・窓

コーディネートをする上で考えておきたい事には、エアコンなどの空調をいかに目立たないようにするかもコンセプトに大きく関係してきます。

窓もこれからの新築やリフォームなら窓ごとのコーディネートが出来ますが、もしそうでなければ窓周りのカーテンをブラインドにしてみたり、目隠しにはパーティションを使ってみたりするのもいいでしょう。

まとめ:ベッドルームのコーディネートはコンセプト選びで決まる

お気に入りの快適空間にするためのベッドルームのコーディネートは、コンセプト選びが大切です。アイテムを選ぶには、コンセプトがしっかりとしていることが大切になるからです。

一日の疲れを取ってリフレッシュすることが出来る快適なベッドルームにするためにも、まずはコーディネートの要となるコンセプトをしっかりと決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。