大人気!フィンランド発のブランド、マリメッコのベッドカバー

広告ロゴ
花

ベッドカバーは部屋のインテリアの中でも大きな要素だと思います。

カーテンやカーペットなどと並んで、その部屋の以外に多くの面積を占めるベッドカバー、そのデザインによって部屋の雰囲気は大きく変わってきます。

またカーテンが遮光性。カーペットが保温性などの優れた機能を必要とするようにベッドカバーには睡眠時の快適性や吸汗性などの機能が求められてきます。

とにかく、毎日の睡眠の質を左右する寝具であり、部屋のインテリアの大きな要素であるベッドカバーですが、近年人気急上昇中のフィンランド発のブランド、マリメッコの製品が今大人気です。マリメッコはどんなブランドなのでしょうか?

スポンサーリンク

マリメッコ

花

マリメッコは1951年にフィンランドでスタートしたブランドです。アパレルブランドとしての認知が高いマリメッコですが、洋服以外にもインテリア用品や食器などの生活雑貨も多く手掛け、シンプルでありながらカラフルで大胆なグラフィックだけでなく、北欧らしい機能的で確かな物作りにも定評があります。

1956年にはフィンランド国外への輸出がはじまり、現在ではヨーロッパに多数の直営店を展開し、世界中の1000を超えるショップでマリメッコの商品が取り扱われる有名ブランドへと成長しました。ここ日本でも続々と店舗を展開しています。

マリメッコが一躍有名になったのは1960年のアメリカ大統領選挙です。当時大統領候補であったジョン・F・ケネディの婦人ジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを着用していたことで、アメリカでの知名度が急上昇しました。

人気のウニッコ柄

ベッドカバーやクッションカバーなどのファブリックをはじめ、アパレルやキッチン用品まで展開するマリメッコ、一番人気は大きな花柄のウニッコです。ウニッコ柄はマリメッコ社のトレードマークとも言え、マリメッコの名を知らなくても、この柄を見た事のある人は多いのではないでしょうか。
1970年代に発案された柄の復刻だけに、当時の流行とリンクしてカラフルな花柄が特徴的です。時代を超えてもマリメッコのカラフルな花柄が人気の理由は、やはりスカンジナビアのシンプルなデザインセンスという視点で、70年代当時の流行がとらえられているという点ではないでしょうか。

その他にも中花柄のピエニウニッコ、小花柄のミニウニッコ、花束をモチーフにしたブケッティ、葉っぱがモチーフのボットナやヘイナなどが人気です。いずれもマリメッコらしいシンプルでありながらカラフルな楽しいデザインです。ベッドカバーなどの製品だけでなく、ファブリックとして1メートル単位での購入も可能なので、お気に入りのクッションや枕などの形に合わせてカバーを作って、フィンランドのデザインインテリアを楽しむ事も出来ます。

マリメッコ、日本にも店舗多数

ベッドカバーやファブリック、アパレルからキッチン用品まで、カラフルで飽きのこないマリメッコの柄を生活に摂り入れて、北欧の人たちのようにデザインされた日常を送りたい人は、一度店舗に遊びに行ってみましょう。きっとお気に入りの製品が見つかると思います。また気になるベッドカバーなどがあれば、購入可能か問い合わせてみるのもよいでしょう。

マリメッコのベッドカバー

マリメッコのベッドカバーや布団カバーの中でも人気の商品を幾つかご紹介いたします。

マリメッコ KATKOSSA(カトゥコッサ)

隠れ場で、という意味のカトゥコッサ。グリーンやブルーの大胆な幾何学模様が特徴的です。ファスナーやボタンは付いておらず、かぶせるだけのヨーロッパスタイルなベッドカバーは出し入れがしやすく機能的です。

マリメッコUNUIKKO(ウニッコ)

マリメッコのベッドカバーのなかで何といっても一番人気、定番の柄ウニッコ。鮮やかな色の花柄のモチーフはポピー。こちらもファスナーやボタンなどは使わずかぶせるだけのスタイル、快適性が考慮された北欧らしいデザインです。またマリメッコのベッドカバーには安心のエコテックスマークが付いています。エコテックスマークは世界15カ国の国際機関からなる繊維製品のエコラベル。エコテックス規格に基づいた試験と認証を得ているマリメッコのベッドカバーには人体に有害な物質は使用されていません。

マリメッコJURMO(ユルモ)

マリメッコの人気ベッドカバー、ユルモはフィンランドにある岩だらけの島、ユルモ島がモチーフ。フィンランドの女性グラフィックデザイナーであるアイー・マイヤ・メトソラがデザインを手がけています。

彼女のデザインはベッドカバーだけでなく小物やアパレルにも採用されていて、マリメッコらしいシンプルでありながらカラフルなデザインで人気を得ています。

マリメッコのベッドカバーのまとめ

  • ベッドカバーは部屋のインテリアの中でも役割は大きいので、お気に入り柄を見つけましょう。
  • フィンランド発のマリメッコはアパレルや小物だけでなくベッドカバーなどのインテリアも大人気。
  • マリメッコのカラフルで大胆な花柄は、何故か飽きのこないシンプルさをもったハイセンスなデザイン。70年代から愛され続けているウニッコ柄のファブリックでお部屋を飾ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。