ワンルームでベット利用のデメリットを克服するためには?

広告ロゴ
部屋

ワンルームで一人暮らしをされる場合、「寝床」をどうするかということはひとつの悩みどころです。つまり、ベットにするか、布団にするかという点です。「ワンルームでベットを置くと狭い感じになってしまうという」という反面、「布団は抵抗がある」(ベットの方がいい)という方も少なくないのではないかと思われます。そこでワンルームでベットのデメリットを軽減する方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ワンルームではベットか布団か!?

考える

ワンルームマンションなどではベットを購入すべきかどうかはひとつの迷うポイントということができます。ワンルームの場合、ひとり暮らしの方が多いかと思われますが、一人であったとしても、ベットは相当な場所を取ってしまいます。いわば、睡眠時間以外は使用できない「デットスペース」となってしまいます。ワンルームということを考えた場合にはやはり布団の方が良いのでしょうか。この点について少し考えていってみましょう。

ベットと布団、それぞれのメリット・デメリット

ワンルームでベットというと、デメリットの方があげやすいという面があります。まず先ほども述べましたように、ワンルームでベットを置いた場合、やはりスペースを大幅にとってしまうという点がデメリットです。また、布団一式を購入するよりもベットは高くなってしまいます。さらに、布団に比べてベットはいずれ処分の際にも手間や費用がかかってしまいます。

このようにワンルームでベットということに関してはデメリットが多いということができます。

一方で、布団にもデメリットがあります。特に、フローリングの部屋の場合、清潔性の維持という点で問題が生じやすいと言えます。どういうことかといいますと、フローリングの部屋に場合、布団はこまめにあげて天日干しをしないと布団にカビが生えてしまうおそれがあります。

睡眠中にかく汗(冬でも睡眠中にコップ1杯分程度の汗はかきます)は敷布団が70パーセント程度を吸収しますが、フローリングの場合、和室とは異なり床が水分を吸収してはくれないので非常に湿気がたまりやすくカビが生えてしまう原因となります。

ワンルームの場合には一人暮らしでお忙しい方が多いと思われますので、こまめに布団を干したりすることは現実にはなかなか難しいこととなりがちです。この衛生面は布団の最大のデメリットと言えます。

一方で布団は、ベットに比べれば安い値段で購入できることや処分の際にも手間や費用が比較的安く済むことなどはメリットと言えます。

衛生面に関する布団のデメリットは、ベットの場合にはそのままメリットになります。
つまり、ベットの場合(全く干さないということはもちろん問題ですが)フローリングのワンルームに置いたとしても、カビ等が生えにくくなります。つまりベットの方が衛生面では優れやすいということがメリットです。また、気持ちとしても、布団よりもベットを好みとされる方も少なくないのではないかと思われます。

ベットのデメリットを克服する

このようにワンルームでベットを使用することは衛生面で良いところがある反面、デットスペースを作ってしまうという点ではデメリットがあるということになります。

そこで、このデメリットを克服するために収納ベットを選ぶという方法が考えられます。収納ベットは、ベットに収納スペースが付いており、ベットを利用することによるデットスペースを少なくします。

さらに、ベット自体のサイズについて、サイズが小さめのものを選ぶことでワンルームでもあまり幅を取らないように配置することが可能となります。(ただ、身長などと比べてあまりに小さいものを選ぶと睡眠中に疲れてしまうので、あまりに小さいものは避けるべきです)。ベットの配置について研究してみるというのもひとつの方法でしょう。

ワンルームでベットを利用することの主たるデメリットは、デットスペースを作ってしまうということですのでこの点を克服することができるベットや工夫をすればワンルームでもベットを使って快適に過ごすことができると言えるでしょう。

また、ベットの価格については、5万円程度のものがワンルームで長く使うことができおすすめできます。価格を抑えたいのであればリサイクルショップなどを利用されるとよいでしょう。

まとめ:ワンルームでベットを選ぶ際のポイント

以上、本文で述べましたワンルームでベットを利用される際のポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • ワンルームでベットを利用する場合には、デットスペースを作ってしまいやすいこと、布団よりも価格が高くなりがちなこと、処分の際にも費用や手間がかかってしまうことなどがデメリットとなります
  • 一方でベットを利用することで睡眠環境を衛生的なものとしやすいというメリットがあります。こまめに布団を干すなどが難しい場合には布団よりもベットを利用された方が衛生的な睡眠環境を保持しやすいと言えます
  • ベットのデットスペースというデメリットを避けるためには収納ベットを利用するということがひとつの方法としておすすめできます。また、値段を抑えるためにはリサイクルショップでベットを購入するという方法もおすすめです

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。