東洋の環境学・風水から見るおすすめのベットの向きと寝室の配置とは

広告ロゴ
ベッド

風水は一時期ほどではありませんが、まだまだ日本でも人気を誇っています。また、一時的なブームというだけではなく、長い歴史と分析に基づいた風水は信頼性が高いものとして深く信じて利用される方も少なからずおられます。風水では寝室について特に大切なものとして重要視します。風水からするとベットの配置や向きはどのような方向にすることが良いのでしょうか。

本稿では風水から良いとされるベットの向き・配置等についてまとめています。

スポンサーリンク

風水ではベットの位置も重要

見て

風水は占いというイメージが強いものですが、環境を整えることで気の流れを良くするという環境学的なものです。気というものは現在でもまだまだ解明されていませんが、「気分が良い・悪い」などと使うように、気というものについては経験的にある程度の実証があると言えます。方角と気の関係について研究し、それを生活に活かすのが風水です。

風水を生活に活かすことは、中国では非常に重視されており、日本でも風水は一時期大きなブームとなりました。風水をどこまで尊重されるかは個々人のご判断ですが、風水では家具の配置などにも気を使います。その一例として、ベットの位置・配置などについても
風水では非常に重要視します。

風水の理論に従った場合、ベットはどのように配置することが良い気の流れを導くことになるのでしょうか。

ベットの配置は本命卦(ほんめいけ)から割り出す

風水に従った場合、ベットの配置を割り出すにあたっては、まず、ご自身の本命卦(ほんめいけ)というものを割り出すことから始まります。本命卦と生まれつきの運命から良いとされる方角のことですが、例えば昭和55年生まれの男性の方の場合には、坤(こん)という本命卦を持っており、西の方角がもっとも運勢が良い方角となります

本命卦の割り出し方は本記事では割愛させていただきますが、書籍・インターネットなどで簡単に割り出すことができますので、ベットの配置を考えるにあたってはまずはご自身の本命卦を割り出すことから始まります。

風水ではもっとも運勢が良い方角を天医(てんい)、二番目に良い方角を「延年」(えんねん)、三番目を「伏位」(ふくい)といいます。おみくじなどに合わせて考えれば、天医=大吉、延年=中吉、伏位=小吉ということができます。

間取りによりますが、可能であれば天医の方角にベットを置くことが風水では一番良いことになります。先の昭和55年生まれの男性の場合、西向きが天医ですので、西向きにベットを置くことがベストということになります。

そして、間取りとしてベットを天医の方向に置くことが難しいのであれば、延年、伏位の方向にベットを置くことが良いということになります。

一方で風水で避けたい方角が「絶命」(ぜつめい)です。風水で「絶命」の方角は、おみくじなどで言えば「大凶」に当たると言えます。風水を重視されるのであれば絶命の方角にベットを置くことは避けたほうが良いと言えるでしょう。

ベットの枕の方角は北枕がベスト?

さらに、ベットの枕の方向ですが、風水では実は北枕が非常に良い方角とされます。北枕は日本では非常に嫌われますが、風水では非常に良い方角とされます。実際、地軸と磁力の関係からも北枕は良いと言われており、風水の方角に関する分析の正しさを根拠づけているといえます。

一方で北枕の逆になる、南枕は風水では良い方角とはされていません。風水を参考にされる場合には、ベットの枕の方向についてもやや日本の感覚とは異なったものになります。

ベット以外にも寝室を整えることは重要

風水では寝室は非常に重要な位置と考えます。睡眠をとる時間に長く滞在し、体を休める場所なので寝室はベットの配置や枕の向き以外にもさまざまな点に配慮することが重要です。

例えば、寝室にはドライフラワーを置くことは良くないとされます。ドライフラワーは仕事運が下がるとされます。また、寝ている姿をテレビやパソコンの画面、あるいは鏡に移すことも気の流れを悪くすると言われます。さらにカーテンの色なども重要とされます。

このように風水では、寝室は、ベット以外にもさまざまな点に非常に気を使います。寝室を整えるにあたってはベットの配置以外にも注意すべき点が多いのが風水の特徴です。

まとめ:風水とベット・寝室の配置について

以上、本文で述べました、風水という点からベットの配置・寝室の配置についてのポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 風水はひとつの環境学です。方向によって良い気の流れを導き幸運や健康などをもたらそうというものです
  • 風水では寝室やベットの配置・方角がとても重要視されます。具体的には本命卦を導き出し、その本命卦に従って最もよい方角にベットを配置することが良いとされます
  • さらにベットの枕の向きとしては、風水では北枕がもっとも良い方角とされています。枕の向きに加えて寝室の環境を整えることも重要です

風水はすべてではありませんが、環境学として参考にされることで幸運が訪れることがあるかもしれません。可能な範囲でぜひ取り入れられることがおすすめです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。