不要なベットを処分したい!引き取りをしてもらう2つの方法

広告ロゴ
腕組み

家具の中で処分に困ってしまいがちなものの一つにベットがあります。ベットは大きな家具ですので、どのようにして処分すればよいのか悩んでしまいがちです。ベットの処分方法は、大きく分けて有償で処分・引き取りをしてもらうという方法と、無料(あるいはお金を受け取って)買い取ってもらうという方法があります。本稿ではそれぞれの方法について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

処分方法に悩んでしまいがちなベット

ベッド

家具の中には生活に必要不可欠でありながらも、いざ処分しようとする段になると、その処分方法に困ってしまうものがあります。例えば、冷蔵庫やタンスなどです。
また、ベットもその一つということができるでしょう。ベットは通常、一度購入すれば長年使用するものですので、購入時には処分方法についてはあまり考えていないのが通常です。

長年お世話になったベットを処分する場合、その方法はどのようにすればいいのでしょうか。

ベットの処分方法1-自治体に引き取ってもらうという方法

ベットを処分する場合に、「王道」的な方法としては自治体に引き取りを依頼して、引き取りをしてもらうという方法です。つまり、ベットを粗大ゴミとして処分するという方法です。

ベットはゴミとして処分する場合には、分類は粗大ゴミに分類されます。そのため、粗大ゴミとしての処理手続きを取って決められた日に自治体に引き取りを依頼するというのが、いわば「王道的な」ベットの処分方法となります。

この方法の場合には、事前に粗大ゴミ処分用のシールを購入します。この粗大ゴミ引取り用のシールは、コンビニなどで購入することができます。

なお、粗大ゴミ用のシールは、正式には正式には「有料粗大ごみ処理券」といい、「有料粗大ごみ処理券及び有料ごみ処理券取扱所」という標識(ステッカーなど)があるコンビニのみが取り扱っています。ただ、一般的なコンビニであればおおむね取扱所としての登録を得ていますので、単純にもよりの大手のコンビニで「粗大ゴミの処理券をください」と言えば、購入の手続きは十分です。

ベットの引き取りのためのシールの価格は、シングルならば1000円程度、二段ベットならば2000円程度となります。(自治体により異なっています)

処分までの流れとしては、シール購入前に市役所・区役所の担当部署に電話を掛けて、問い合わせ・引き取りの予約をします。その際にいくらのシールを購入すればよいかを教えてもらえます。その後、指定金額のシールを購入し、引き取り希望のベットに貼り付けた上で、収集所に指定された日に出します。

高齢者の方、障害者の方の場合にはベットの引き取りにあたって、ベットの搬出を手伝ってくれる自治体もあります。また、注意点として、引越しの多い春などの季節の場合、引き取りまで2週間程度待たされてしまうこともあり、引越しや新しいベット購入した場合に困ってしまう可能性がありえます。ベットの引き取りを自治体に依頼する場合には、なるべく早めに手続きをとられるようにすることが大切です。

ベットの処分方法2-リサイクルショップに買取を依頼する

ベットの処分方法として、単に捨てるという方法ではなく、リサイクルショップに買い取ってもらうことで引き取りをしてもらうという方法もあります。リサイクルショップに買い取ってもらう場合、無料の上に、お金をもらうことも可能となるという大きなメリットがあります。

また、多くのリサイクルショップの場合、手間がかかる搬出作業も業者が行ってくれます。リサイクルショップを利用してベットの引き取りを依頼するという方法もひとつの方法です。

この方法の場合、注意したいポイントとしては、買取価格をはじめとする各種トラブルが生じた場合に適切に対応してくれる業者かどうかです。例えば、ベットの引き取りの際に、部屋の柱などを傷つけてしまった場合の対処などを事前にしっかりと説明できる業者であることが安心して引き取りを依頼するためには重要です。

さらに、リサイクルショップは古物営業の許可を得ていないと行ってはならないことになっています。違法業者の場合、万が一、不法投棄などでトラブルとなった場合にご自身も大きな迷惑(例えば警察に詳しく事情を聞かれるなど)を受けてしまう可能性があります。

リサイクルショップに依頼する場合には、許認可を得ている業者であることも、ホームページや店頭などでしっかりと確認されることが大切です。

まとめ:ベットの処分・引き取り方法のまとめ

以上、本文で述べましたベットの処分・引き取りの方法についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • ベットはゴミとして処分する場合には、粗大ゴミになりますので、自治体に引き取りを依頼することが基本的な処分方法となります。この場合には有料での処分となります。ベットの引き取りには時間がかかってしまうこともありますので、引越しなどをされる場合には早めに処分の依頼をしておくことがポイントです
  • ベットの処分方法として、リサイクルショップに買取をしてもらうという方法もあります。リサイクルショップで買取をしてもらう場合、引き取理をしてもらいつつお金を得ることも可能であるなどのメリットがありますが、契約トラブルの可能性には注意することが大切です。また、古物営業法の許可を取得していない業者との取引は避けるべきです

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。