赤ちゃんがスヤスヤと快眠できるベビーベットの選び方

広告ロゴ
ベビーベッド

赤ちゃんが生まれて、新しい家族が増えたらその子のためにさまざまな準備をしてあげなければなりません。ベビーベットを用意してあげるということもその大切な準備の一つです。生まれたばかりの赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごしますので、「寝床」を確保してあげることは必要不可欠です。とはいえ、そもそもベビーベットは必ず購入すべきものなのでしょうか。

また、仮に購入する場合にはどのような点に配慮することがポイントとなるのでしょうか。本記事ではベビーベットの必要性の有無や選び方のポイントについてまとめています。

スポンサーリンク

赤ちゃんのためにベビーベットは買うべきか?

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれて新しい家族が増えたら、赤ちゃんのためにベビーベットを用意してあげたいものです。

もちろん、ベビーベットは育児のために必ず必要なものではありません。布団で寝かせてあげても全く差し支えはありません。値段を考えてもベビーベットは一般的なものでもやはり数万円程度はしてしまいますので、育児にあたってさまざまな出費がかかってしまう過程でベビーベットは必ずしもベビーベットは買わなくてはならないものではありません。

ただ、万が一にも眠っている赤ちゃんをあやまって踏みつけてしまう可能性は否定しきれないことや気管支が弱めの赤ちゃんなどの場合には床に寝かせるよりもベビーベットを利用したほうが良いと言えます。

予算や赤ちゃんの健康状態、第二子、第三子が利用する可能性などを考慮に入れてベビーベットは「可能であれば購入したほうが良いのではないか」ということができるものと言えます。

では、ベビーベットを購入されるとした場合にはどのような点に配慮して購入することがポイントとなるのでしょうか。

ベビーベットの選び方1-間取りとサイズ・場所

ベビーベットを購入される場合には、まずは部屋の間取りから考えられる適切なベビーベットのサイズ、そしてベビーベットの配置場所を計画することが大切です。

ベビーベットは大きなものから小さなものまでさまざまなサイズのものがあります。しかし、部屋で過剰に場所を取ってしまうベビーベットでは、生活が息苦しくなってしまいます。まずはベビーベットを置く場所を決めて、スペースを実測し、そこに置く事ができるベビーベットをしっかりと選ぶことが重要です。一般的にはコンパクトなミニサイズが良いと言えます。

ベビーベットを置く場所については、1日中の日光の入り方もチェックする必要があります。例えば、西日が強く指す時間帯がないかなどをよくチェックします。生まれたばかりの赤ちゃんは1日の大半、18時間から22時間程度は眠っています。そして睡眠中に成長に必要な脳内ホルモンが大量に分泌されていますので睡眠が確保されることははとても重要です。

そのため、西日等が差して眠りを妨げられてしまう時間がないようにベビーベットを置く場所もよくチェックしておくことが大切です。

もちろん、地震などの際でも高いところから物が落ちてくるようなことはないような場所にベビーベットは配置しましょう。

ベビーベット選び方2-安全性

ベビーベットは安全性が何より大切です。安全性については「PS」と「SG」というマークがついているものを必ず選びましょう。この「PS」は国が定めた安全基準に適合していることを示します。また、SGはさらに業界団体が認めた品質であることを示します。国の基準を満たしていることは最低条件として、さらに業界団体が認めた安全基準を満たしていることも確認した上でベビーベットは選びましょう。

ベビーベット選び方3-長く使うのであればジュニアタイプのベビーベット

ベビーベットというと、子供が赤ちゃんのうちしか使わないものというイメージが強いと言えます。しかし、ベビーベットの中には、子供が小学生・中学生になるまで使用することが可能なものもあります。一般にジュニアタイプベビーベットと呼ばれます。

ジュニアタイプのベビーベットは組み替えや伸長タイプなどがあり、長く使うのであれば大変おすすめすることができます。長く使うことを念頭に置かれるのであれば、ジュニアタイプのベビーベットを購入されることもおすすめできます。

ベビーベットの選び方4-レンタルという方法も

ベビーベットはレンタルすることも可能です。数ヶ月だけ利用してあとは布団で添い寝をさせるという場合にはレンタルのベビーベットを利用されることが経済的ですのでおすすめできます。

New York・Baby プレイヤード (ニューヨークベビー)
カトージ
売り上げランキング: 263

まとめ:ベビーベットの選び方のポイントのまとめ

以上、本文で述べましたベビーベットの選び方のポイントについてまとめますと以下のように言うことができます。

  • ベビーベットは必須のものではありません。ただ、万が一にも赤ちゃんを踏んでしまうことがないようにすること、気管支が弱い赤ちゃんの場合には健康を考えてあげることも大切であることなどが考慮のポイントと言えます
  • ベビーベットを購入される場合には、部屋の間取りから置く場所をしっかりと決めることが大切です。また、必ず「PS」と「SG」というマークが付いている、国と業界団体の安全基準を満たしているものかを確認することが大切です   
  • ベビーベットは長期で使用するジュニアタイプのものを利用するという方法やレンタルであくまでも短期間だけ使用するという方法が考えられます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。