お風呂をワンランクアップさせるバスソルトの簡単な作り方

風呂

一日の疲れを癒すお風呂、リラックスした気分で入りたいですよね。そんなときは、手作りのバスソルトを使ってみませんか?

「バスソルト」ってなんだか特別なもののようですが、びっくりするほど作り方は簡単です。

本記事では、バスソルトの効果、作り方、注意点をご紹介します。ご自分のお気に入りのバスソルトの作り方を覚えて、極上のお風呂タイムを過ごしてみて下さい。

スポンサーリンク

バスソルトの持つ5つの効果

風呂

入浴時にバスソルトを使用すると、心身に様々な良い効果が期待できます。

それは、バスソルトに使用する天然塩のミネラルが体に良い影響を与えたり、バスソルトに加えるアロマオイルが、気持ちをリラックスさせてくれたりするからです。

では、バスソルトにどのような効果があるのか、5つの効果をご紹介します。

1.美肌

角質層がやわらかくなって古い角質が落ち、バスソルトに多く含まれるミネラル分を肌から吸収することで、肌がすべすべになります。

また、毛穴が開くことで、汚れがスッキリと落ちます。

2.デトックス

バスソルトをお風呂に入れると、天然塩のミネラル成分が汗腺から浸透し、身体のなかの老廃物を体外に出すように促します。

3.保温

末梢血管の血流がよくなり、湯冷めしにくくなります。寒い季節には、身体が温まることで、寝つきがよくなるといううれしい効果もあります。

女性に多い、冷え性の改善にも効果があります。

4.ダイエット

普通のお風呂でも、お風呂に入ったり出たりを繰り返すと、カロリーを消費することができますね。

バスソルトが入っているお風呂では、ミネラル成分により体が温まるので、さらにカロリー消費量が増え、ダイエットに効果大です。

5.リラックス

バスソルトを自分で作ると、好きな香りのものを作ることができます。
好きな香りに囲まれた入浴時間は、最高のリラックスタイムとなりますね。

ここまで、バスソルトの効果をご紹介してきました。お風呂に入れるだけで、様々な効果が期待できるバスソルト。

市販のものもたくさんありますが、実は自分で作ってもとっても簡単にできあがります。ご自分のすきな香りのアロマオイルを使って、自分だけのバスソルトを作ってみましょう。

バスソルトの作り方

バスソルトの作り方はとっても簡単。ここでは、バスソルトと応用編バスボムの作り方をご紹介します。

バスソルトの作り方

バスソルトには、普通の食塩ではなく、天然塩を使います。

どのような天然塩でも大丈夫ですが、死海の塩には、カルシウムやミネラル、マグネシウムが豊富に含まれ、高いデトックス効果が期待できます。

作り方は、「天然塩20gにアロマオイル2滴をたらして混ぜるだけ」です。とっても簡単ですよね。

何回分かをまとめて作っても、錆びない容器に入れて保存することもできます。この場合、だんだんと香りは飛んでしまいますが、天然塩の効果はかわりません。

ではここで、バスソルトにおすすめのアロマオイルをご紹介します。

  • ローズマリー:気力を高め、肌を若返らせるスッキリとした香り
  • クラリセージ:幸福感を高め、からだの緊張をほぐします
  • ローズ:スキンケア効果に優れ、リッチな香りでワンランク上のバスタイムに
  • ジュニパーベリー:冷えやむくみなど、身体の解毒に最適です。ひのき風呂のような香り

以上でおすすめのアロマオイルをご紹介しました。

反対に、刺激が強くお風呂には不向きなアロマオイルもありますので、以下にご紹介します。

  • シナモン
  • クローブ
  • フェンネル
  • タイム
  • ジンジャー
  • レモングラス
  • ペパーミント
  • ティーツリーオレンジ
  • グレープフルーツ

また、アロマオイルを使わないバスソルトの作り方があります。それはスキムミルクを使ったバスソルトです。「天然塩:スキムミルク=3:4」の割合で混ぜ合わせます。天然塩の発汗・保温作用、スキムミルクの保湿作用で、お肌しっとりスベスベの入浴剤になります。

天然塩に好きなアロマオイルを混ぜるだけ。こんな簡単な作り方で自分だけのバスソルトが作れるなんて、ちょっとお得な気分ですね。では、次に応用編、バスボムの作り方をご紹介します。

バスボムの作り方

お風呂に入れると、泡がシュワシュワ~と出てきて、なんだかウキウキした気分になれるバスボム。これも、手作りすることができます。ちょっとしたプレゼントにもいいかも知れませんね。

一回分の材料は以下のとおりです。

  • アロマオイル 1~5滴
  • 重曹 大さじ1
  • クエン酸 小さじ2
  • 天然塩 小さじ2
  • グリセリン 小さじ1/2

まず、重曹とクエン酸と天然塩をよく混ぜ合わせます。次に、グリセリン、アロマオイルを入れてよく混ぜます。最後に、おにぎりを作る要領で丸めて、ラップに包み圧縮したら出来上がりです。

ここまでに、バスソルトとバスボムの作り方をご紹介してきました。どちらも、思ったより簡単にできそうですね。ぜひ、一度作って快適なバスタイムを楽しんでください。

では次に、バスソルトを使うときの注意点です。

バスソルト使用時の注意点

バスソルトの作り方でご紹介したように、バスソルトには天然塩アロマオイルを使います。

この二つをお風呂に使う場合、注意しなければいけない点を以下でみてみましょう。

塩分

天然塩の塩分でバスタブや給湯設備が傷むことがあります。

給湯設備の循環パイプには、銅素材が使われていることが多く、塩分で傷むケースが多々あるそうです。

バスソルトを入れたときは循環機能は使わない、半年に一度は風呂釜用洗浄剤での掃除をする、などの注意が必要です。

アロマオイル

アロマオイルは身体によいイメージがありますが、刺激が強いため、お肌の弱い3歳未満の乳幼児の入浴時には使用は控えましょう。

また、妊娠中のアロマオイルの使用には、特に注意が必要です。なぜなら、アロマオイルの成分は、肌や鼻から入った芳香成分が血液中に入り、体内を巡ります。

そのため、アロマオイルの種類・妊娠の時期(初期・中期・後期)によって、使えないものがあり、注意が必要です。アロマオイルについている説明書をよく読んで、慎重に使用してください。

そして、柑橘系のアロマオイルも要注意です。お肌のシミに効果があるといわれる柑橘系のアロマオイルですが、肌に使ってすぐに日光に当たるとシミが増えると言われています。

アロマオイルは日本では雑貨扱いですが、本来「植物の有用な成分を凝縮したエキス」です。このため、使用時には注意が必要な点がいくつかありますので、必ず購入時には信用できる商品を購入すること、説明書などをよく読むことが大切です。

ラグゼ デッドシーバスソルト
新日本機能食品
売り上げランキング: 531

まとめ:バスソルトの作り方を覚えて快適なバスタイム

本記事では、バスソルトの効果、作り方、注意点をご紹介してきました。ここでもう一度簡単におさらいしましょう。

バスソルトの効果

  • 美肌
  • デトックス
  • 保温
  • ダイエット
  • リラックス

バスソルト使用時の注意点

  • 塩分によるお風呂・給湯施設の傷みには注意が必要です。
  • アロマオイルの刺激に注意。特に3歳未満の乳幼児や妊婦さんは気をつけてください。

ここまでバスソルトについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?「バスソルト」なんて、なんだか使いにくそう・・・と思っていた方も、意外と簡単な作り方で、身近に感じていただけたのではないでしょうか。

ご自分のお気に入りのアロマオイルや天然塩を見つけて、ご自宅のお風呂を快適な空間にしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment