手作りバスソルトで安心!だれでも簡単に作れるフレーバーバスソルト

手作り

お風呂にさっといれて気持ちよくなる入浴剤、バスソルト。

普通の入浴剤と違って本格的なバスソルトは香りも気持よくて体もポカポカしてきますよね。でもまとめて買うと結構高いし、分包サイズだと物足りない。それならいっそ、自分でバスソルトを作ってみてはいかがでしょうか?

簡単につくれて自分好みのフレーバーを楽しむことができます。手作りバスソルトは作り始めると楽しくてハマっちゃう方もいるみたいですよ。ここでは簡単にできて楽しいバスソルトの作り方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

手作りのバスソルトに必要なもの

風呂

美肌効果も保湿効果もあるバスソルト。

手作りも意外と簡単ですが、いくつか必要なものがあります。「瓶」「塩」「フレーバー」を購入しておきましょう

瓶には以下のようなものがよいと思います。

  • ガラス瓶……通常のガラス瓶で大丈夫です。ジャムの空き瓶などを丁寧に洗浄したものでも利用できます。ただし、必ず密閉できるものを選びましょう。
  • ソルトチューブ……ソルトチューブとは、プラスチックで出来た細長いチューブ。上をコルクで締めます。いくつか種類がありますが、入浴剤一回分のサイズのものが便利。

瓶やチューブにいれておけば視覚的にも楽しめます。光で劣化することはほとんどないので、きれいな透明の入れ物に入れておくとよいですよ。水分や湿気には弱い事が多く、劣化してしまいます。中に乾燥剤を入れるか、密封できる容器を利用しましょう。

バスソルトのベースとなる塩は大きく岩塩系と海塩系、エプソムソルトがあります。

  • 海塩系……死海の塩や食塩など、海の塩をベースにしたもの。
  • 岩塩系……ヒマラヤ岩塩など、岩塩をベースにしたもの。
  • エプソムソルト……エプソム塩。形状は塩にそっくりですが、物質的には塩ではありません。ミネラル分が豊富です

基本的にはどれでも構いません。好きなものを選びましょう。見た目にも楽しいバスソルトを作る場合は、結晶が比較的大きい岩塩の粗塩で作るほうが良いですね。あまり大きいとお風呂で溶けるまで少し時間がかかってしまいます。海塩系を使う場合は、「食塩」のような純粋塩ではなく、ミネラル分を含んだものをチョイスしましょう。

フレーバーについては次節で紹介いたします。

他に、作業用の入れ物や、フレーバーをかき混ぜるスプーン等を用意しておきましょう。

バスソルトフレーバーを入れてみよう

バスソルトは、塩にフレーバーを混ぜるだけで簡単にできます。

一番手軽なのはアロマオイルを2,3滴垂らすだけでもさわやかな香りのアロマバスソルトが出来ます。他には、岩塩に乾燥したハーブを入れる方法や、バスソルトではありませんが、重曹などを使ってバスボムと呼ばれる炭酸泉入浴剤を作ることも出来ます。
アロマオイルには以下のようなものがあります。それぞれ

  • ラベンダー……リラックス効果が高いレギューラーフレーバーです。
  • ゼラニウム……不安定な精神に効く香りです。リラックス効果と女性の気分を高揚させる効果があります。
  • カモミール・ローズ……ハーブティーにもよく利用される香りです。柔らかい香りでアロマが苦手な方でも使えます。
  • ジュニパーベリー……ウッディーな香りで、集中力を発揮したいときや、緊張感を和らげる効果があるとされています。以前は妊娠中に使うと危険であるとされていましたが、現在では誤りだと判明しています。
  • サイプレス……檜風呂に似たスパイシーなところを含んだ香りです。心身を引き締めてくれる効果があるとされ、集中力が保てない時などに効果的です。
  • グレープフルーツ……柑橘系の甘く刺激的な香りで、リフレッシュ効果があります。
  • マンダリン……グレープフルーツよりも甘い柑橘系の香りのフレーバーです。消化不良に効くといわれており、抑うつなどの軽減にも効果があります。

もちろん上記以外のものでも問題なく利用できます。塩50gに対して2、3滴の分量が適量です。お風呂に入れると熱と蒸気で香りがふわりっと広がりますから、香りが弱く感じられてもあまり多くいれてはいけません。

また、色素剤を入れてカラフルなバスソルトを作ることもできます。ソルトチューブに色の違う様々なバスソルトを入れて、見た目にも楽しいバスソルトを作ることもできますよ。
少量のドライハーブを入れるのも見た目に鮮やかで楽しいですよ。ドライハーブは細かく砕いて使いましょう。大きいと掃除が大変ですし、配管などの詰まりの原因にもなります。

ハチミツ入りマッサージ用バスソルト

塩に対して3割程度のハチミツをいれて、マッサージ用バスソルトを作ることもできます。

ハチミツはカビやすいので、ご使用の直前にいれると効果的です。

まとめ:手作りバスソルトでリラックスタイム

バスソルトは自分で簡単に作ることが出来ます。

最初のうちは分量などで迷うこともあるかもしれませんが、なんどか作る内に自分オリジナルのものが作れるようになりますよ。入浴剤として、マッサージスクラブ剤としても使えるバスソルト。いろいろ試行錯誤してみて一番いいものを作ってみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment