睡眠薬としては大変危険なバルビツール酸系睡眠薬について

薬

バルビツール酸系睡眠薬は現在ではほとんど使用されることはありません。

バルビツール酸系睡眠薬は、強い依存性や呼吸停止などの様々な副作用があることが判明しており、現在では危険性が高い睡眠薬となっています。バルビツール酸系睡眠薬は必ず医師の処方に従って使用することが必要であり、自らの判断で使用することは避けるべきであるということができます。

スポンサーリンク

かつてはよく使用されていたバルビツール酸系睡眠薬

夜中の駅

睡眠薬には様々な種類があります。その中でかつては睡眠薬の主流を占めていたものの、現在では睡眠薬としてはほとんど使用されていないものとしてバルビツール酸系睡眠薬があります。

バルビツール酸系睡眠薬は20世紀の初頭から使用されていた睡眠薬です。しかし、バルビツール酸系睡眠薬には様々な弊害・問題があることが判明し、バルビツール酸系睡眠薬は現在、医師等でも処方する医師は少なくなっています。バルビツール酸系睡眠薬とはどのような睡眠薬なのでしょうか。

バルビツール酸系睡眠薬の特徴と問題点

まず、バルビツール酸系睡眠薬は、脳全体に作用するという特徴があります。つまり、不眠を治すというだけではなく、脳の活動全体に作用してしまうのがバルビツール酸系睡眠薬の特徴になります。そのため、呼吸機能をつかさどる機能など生命維持に必要な機能も停止させてしまう可能性がバルビツール酸系睡眠薬にはあります。(なお現在主流となっているベンゾジアゼピン系睡眠薬は呼吸機能の停止などの副作用は基本的にはありません。)

ドラマや映画などで睡眠薬を大量に服用して自殺を図るシーンなどがありますが、これは睡眠薬がバルビツール酸系睡眠薬の場合ということになります。また、バルビツール酸系睡眠薬は意識をもうろうとさせ、事故などを起こすこともありました。このようにいわゆる「世間のイメージ」として睡眠薬の悪いイメージを形成・定着させたのはバルビツール酸系睡眠薬といっても過言ではないという面があります。

さらに、バルビツール酸系睡眠薬は、副作用が非常に大きいという問題点もありました。まず、バルビツール酸系睡眠薬は飲み続けることで耐性ができてしまい、量を利用回数に比例させなければ効果が薄れてしまい、依存症になってしまうという問題がありました。

また、他にもバルビツール酸系睡眠薬は、呼吸障害(特に睡眠中)、気分の不安定化、記憶障害や運動能力の低下など様々な副作用がありました。これらは社会生活上も生命に対しても大きな悪影響を与える可能性があります。このような様々な副作用の大きさが、バルビツール酸系睡眠薬が抱える問題点でした。これらの問題点から、現在ではバルビツール酸系睡眠薬を処方する医師などはほとんどいないと言われます。

バルビツールは近時では麻酔などに利用されることが一般的となっています。睡眠薬はバルビツール酸系睡眠薬ではなく、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が主流となっています。

バルビツール酸系睡眠薬の乱用の問題

このようにバルビツール酸系睡眠薬は健康に極めて大きな悪影響をもたらすため、現在では不眠の治療のためなどに利用されることはほとんどありません。しかし、通信販売などで購入することが不可能ではないという現状があります。一般にバルビツール酸系の睡眠薬として処方される可能性があるのは、ラボナとベゲタミンという種類のものに限られているようです。

しかし、通信販売などを利用すれば、自分自身でバルビツール酸系睡眠薬を購入することが不可能ではないという状況があります。これは、現在の不眠の状況に強い不満を持っている方などが強力な睡眠効果を求めて自らの判断でバルビツール酸系睡眠薬を購入してしまうケースが多いと言われます。

しかし、先に述べましたように、バルビツール酸系睡眠薬は自分自身の判断で利用することは大変な危険を伴います。そのため、バルビツール酸系睡眠薬を自らの判断などで購入してしまうことは、睡眠薬の「乱用」と言っても過言ではない面があります。

バルビツール酸系睡眠薬は極めて限られた場合に医師等の処方に従ってのみ使用するようにしてください。バルビツール酸系睡眠薬を処方する場合には医師もさまざまな方法を検討した上で、処方をするようです。

まとめ:バルビツール酸系睡眠薬の自己利用は決していないこと

以上本文で述べましたバルビツール酸系睡眠薬に関するポイントをまとめますと以下のようになります。

  • バルビツール酸系睡眠薬はかつては睡眠薬の主流でしたが、脳全体に作用することなどが生命や社会生活への障害をもたらすことがわかり、現在では睡眠薬としてバルビツール酸系睡眠薬が利用されることはほとんどありません
  • バルビツール酸系睡眠薬は呼吸障害や意識障害などをもたらす可能性、依存性の可能性など様々な副作用があります
  • バルビツール酸系睡眠薬は必ず、医師の処方のもとでのみ使用しなければなりません。自ら購入して使用するような利用方法は決して行うべきではないということができます

このようにバルビツール酸系睡眠薬は副作用が極めて大きな薬ですので、使用にあたっては必ず医師の指示に従うことが必要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment