赤ちゃんにおすすめできるベビー枕とは

広告ロゴ
子供

赤ちゃんは1日のほとんどの時間が睡眠時間となります。長い睡眠時間で赤ちゃんは心身を成長させていきます。寝るのが仕事なのが赤ちゃんです。この赤ちゃんに睡眠という仕事をより気持ちよくしてもらうことができるように寝具として枕を買ってあげたいと思われる方も少なくないかと思われます。つまり、ベビー枕です。

ベビー枕を選んで購入するとすればどのような枕がベビー枕としては良いのでしょうか。また、ベビー枕には不向きなタイプの枕もあります。本稿ではおすすめできるベビー枕の種類・逆におすすめできない枕についてご説明しています。

スポンサーリンク

良い枕で気持ちよく赤ちゃんを寝かせてあげたい

寝る

赤ちゃんにとって睡眠は極めて重要なものです。もちろん、睡眠は大人であっても重要であることには変わりはありませんが、赤ちゃんにとっては睡眠は心身の発達のために必要不可欠です。昔から言うように赤ちゃんは「眠ることが仕事」です。

そのため、赤ちゃんが気持ちよく眠ることが出来るように赤ちゃん向けの枕、つまり、ベビー枕を用意してあげたいと考える親御さんも多いと思われます。

ベビー枕を選ぶ場合にはどのようなベビー枕を選ぶことがポイントなのでしょうか。

一般的におすすめすることができるのはドーナツ枕

ベビー枕として赤ちゃんによる利用を目的とした枕は数多くありますが、一般的におすすめすることができるベビー枕はドーナツ枕と言えます。ドーナツ枕は枕の中央に穴があいていたり、くぼみができているなどして、赤ちゃんの後頭部に負担がかからない仕組みとなっているベビー枕です。

赤ちゃんの体は大変柔らかいものです。そのため、ずっと同じ力で圧迫を受けていると体の形がゆがんでしまうことがありえます。そして赤ちゃんは眠っている時間が極めて長いため、頭部が負担で歪んでしまい、いわゆる「絶壁」の頭となってしまうおそれがあります。絶壁の頭の場合、見た目という問題だけではなく、運動能力の定価がもたらされるのではないかと言われています。

そのため、頭が絶壁となってしまわないようベビー枕としてドーナツ枕を利用することがおすすめできます。一般的にベビー枕といえばドーナツ枕を利用することが一般的ということができます。

ただ、ドーナツ枕については注意したい点があります。まず、ドーナツ枕を利用することが絶壁防止に効果があるのかという点については疑問視する意見も少なくないこと、次に、ドーナツ枕は違和感があることなどから赤ちゃんが嫌がってかえって睡眠をとることができなくなる可能性があることには注意したいということができます。

ただ、一般的にはベビー枕としてドーナツ枕は広く利用されていますので一度利用を検討されてみても良いのではないかと思われます。

ベビー枕として利用を避けたい枕

一方でベビー枕としては利用を避けたいタイプの枕もあります。結論から言いますと、柔らかい枕はベビー枕としての利用は避けるべきであるということができます。

これは、柔らかい枕を利用した場合、赤ちゃんが突然死してしまう可能性がありえるためです。赤ちゃんの睡眠中の突然死を「乳幼児突然死症候群(SIDS)」
と呼ぶこともあります。

この「乳幼児突然死症候群(SIDS)」はうつ伏せで眠っているときに起こりやすいといわれます。そして、柔らかい枕ですと、寝返りを打つことができないなどから突然死になりやすいと言われます。柔らかい枕をベビー枕として使用されることは避けるべきということができます。枕ではありませんが、ふわふわの毛布に寝かせることやぬいぐるみをおくことなどが突然死につながるとも言われています。

そもそもベビー枕はなくとも良い?

ベビー枕については、実は不要とする考え方も根強くあります。赤ちゃんには枕は必要ないという意見です。赤ちゃんは、タオルを四つ折りなどにして頭に当てておけば十分であって特別なベビー枕を購入する必要はないというものです。

ベビー枕をお探しの方にとってはやや拍子抜けしてしまう意見かもしれませんが、元来はベビー枕などは利用しないほうが自然であったということができます。タオルを折って枕代わりにして赤ちゃんを育てたというご年配の方、先輩ママは多くおられることでしょう。

赤ちゃんにはベビー枕は不要でタオルで十分という考え方も経験上、ずっと行われているものとして、一考に値すると言えるでしょう。ベビー枕を利用しないということも一つの判断であるということができるかと思われます。

日本エンゼル 2WAYオーガニックガーゼ枕 ピンク
日本エンゼル株式会社
売り上げランキング: 466

まとめ:ベビー枕のポイントのまとめ

以上、本文で述べましたベビー枕の選び方・注意点などのポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • ベビー枕として一般的におすすめすることができるのは、ドーナツ枕です。ドーナツ枕は赤ちゃんの頭が「絶壁」となってしまうことを避ける効果があると言われます。ただ、その効果について疑問視する意見も存在してます
  • 柔らかい枕はベビー枕には使用しないことが強くおすすめ出来ます。柔らかい枕は赤ちゃんの突然死の原因となると言われます
  • ベビー枕を利用・購入せずにタオルを四つ折りなどにして枕にするという方法も従来から用いられている方法です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。