ベビー布団は一体いつまで使うといいのか

広告ロゴ
赤ちゃん

すくすくと健康に育つために考えられているベビー布団で赤ちゃんを寝かしつけているご家庭は多いのではないでしょうか。でも、ベビー布団ってそもそもいつまで使えばいいのでしょうか?普通の布団に切り替える時期っていったいいつなのでしょうか?

今回は、ベビー布団をいつまで使えばいいのかについて、その理由とともに見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんは何の為に寝るのか

はじめに、赤ちゃんの体では睡眠中にどのようなことが起きているのかを知る必要があります。それこそが赤ちゃんの成長に睡眠が欠かせない理由なのです。まずはそこから見ていくことにしましょう。

体を癒す

赤足

赤ちゃんは生まれるまでの間お母さんのお腹の中で羊水に浸かっています。この状態は無重力とほぼ同じ状態ですので、赤ちゃんの体にストレスがかかることはとても少ない状態にあります。

ところが、赤ちゃんが生まれると途端に大気に包まれて体には重力がかかります。この目に見えない重さというのは赤ちゃんにとってとても大変な事です。すぐに疲れてしまい体を動かすのも一苦労です。

その疲れた体を癒して日々成長していくためには寝ることがとても大切です。寝る子は育つと言いますが、寝なければ育たないのが赤ちゃんの体だという事です。

消化と吸収

起きて動いているときに、そのために必要な集中力やエネルギーがとてもたくさんかかります。赤ちゃんが飲んだ乳を消化吸収するためにはそのための環境が必要になります。

また、人は哺乳類ですので固形物を食べられるようになるまでには相当な時間がかかりますが、これは消化にかかるエネルギーをなるべく軽減するための機能だという事が言われています。

つまり、栄養分を吸収するためには睡眠が必要ですがなるべく消化のいいものを取り入れるためにこの授乳期間があるという事です。

成長の促進

赤ちゃんが生まれてから3か月間は毎日一日中血液を作り変えています。というのも、赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいたときと生まれてからでは血液の成分が全く違うからです。

赤ちゃんが全身の血液を入れ替えるには3か月ほどかかると言われていますが、人の体は睡眠中に血液が作られていますから、血液を順調に入れ替えるためにも赤ちゃんはとにかく寝る必要があるのです。

ベビー布団はいつまで使いうべきか

赤ちゃんにとって睡眠の重要性は先述の通りですが、ではそれが一体ベビー布団の使用時期に同かかわりがあるのでしょうか?ここからは、ベビー布団をいつまで使うべきかについてその理由に迫っていきましょう。

寝姿勢の維持

赤ちゃんが健やかに寝るためには安定した環境が不可欠です。急にお母さんのお腹から生まれ出たとたんに重力と大気圧を受けますから、その重みを受け止めるために大人よりも硬めの布団が必要になるのです。

ベビー布団が大人の物よりもやや硬めなのはそういった理由からですが、赤ちゃんから大人の体になるまでその成長は続きます。人の体の主な成長はおよそ成人に至るまで続くと言われていますが、特に体の動きがしっかりとしてくる小学生くらいまではやはり安定した環境が必要だと言われています。

寝返り・這い這い

赤ちゃんが少しずつ思い通りに体を動かせるようになってくると、やがて寝返りを打ったり這い這いをするようになってきます。この時も赤ちゃんが一生懸命に体を動かすためには柔らかすぎる布団はよくありません。

特に寝返りを打ち始めたばかりのころは、うつ伏せになっても簡単に仰向けになる事ができませんので、柔らかい布団ではそのまま顔をうずめてしまう事で呼吸がしづらくなってしまう事があります。

這い這いをするにも布団が柔らいと十分に手足や体を鍛えることができません。赤ちゃんの体はとても柔らかいですので、その土台となる布団はやはり固くなければならないのです。このことからも、この時期はまだまだベビー布団が必要な時期だという事ができるでしょう。

体格が備わるまで

徐々に赤ちゃんが大きくなってきて、やがて小学校にあがるころにまでなると子供なりに体格が備わってきます。この間の幼少期というのはその後の健康や体力を養うためにとても大切な時期だとされています。

この期間も、使い慣れた固さのベビー布団が好ましいと言われています。ベビー布団の固さというのは草原に寝転んだ時の固さや感触と非常に近いと言われていて、赤ちゃんや子供の成長過程において自律神経や副交感神経の発達に重要な役割を持っていると言われています。

様々な事を学んだり吸収したりしていくためにはそれまでの寝る環境が大きくその後の人生に関わってくるという事がわかっています。

ちょうどこの頃になると子供の身長もベビー布団のサイズで収まる限界になってきます。ですので、結論的に言うのであればこの時期までベビー布団を使い続けることが良いという事が言えるわけです。

ミニ布団 7点セット スタイルドット 05808
カトージ
売り上げランキング: 1,060

まとめ:ベビー布団は小学生になる頃まで使うと良い

ベビー布団が赤ちゃんの成長にもたらす影響というのは普段の大人の生活からでは想像しきれないほど大切なことがたくさんあります。

生まれた時から使い慣れたベビー布団なら、大きくなっていってもきっとお気に入りの布団としてお子さんも喜んで使ってくれることでしょう。

赤ちゃんが健やかに成長して行くためにもベビー布団は欠かせないものです。より健康で丈夫な性彫塑するためにも長くベビー布団を使ってあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。