いつまでベビーベッドを使うかを決める4つのチェックポイント

広告ロゴ
ベビーベッド

赤ちゃんが大きくなってくるにつれて、いつまでベビーベッドに寝かせればいいのかというのは気になるところです。また、ベビーベッドの購入・レンタルなどを検討している妊婦さんにとっても、どのくらいの期間使うのかという目安は知っておきたいですね。

ベビーベッドの使用期間については、買ったのにほとんど使わないという場合もあったり、3歳ごろまで使うこともあったりと、赤ちゃんやご家庭によって実に様々です。

本記事ではベッド以外でのベビーベッドの使用方法と、いつまでベビーベッドを使うのかの目安となるチェックポイントをご紹介します。本記事を参考に、ご家庭のベビーベッドの購入や引退について検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

寝る以外の使用方法

赤子

赤ちゃんの睡眠以外にも、ベビーベッドには様々な用途があります。そういった意味では、ベビーベッドを使い続ける期間も変わってきます。そのポイントも考慮に入れて、ベビーベッドを選ぶといいでしょう。

収納

今は、多くのベビーベッドが収納を考えて作られています。下の部分に収納スペースがあるものがほとんどですが、その中でも次のようなタイプに分かれます。

  • ベビーベッド+収納棚:引き出しや観音開きの収納棚が付いおり、埃が付かないしっかりした作りが特徴
  • ベビーベッドの下の隙間を利用:箱や籠などで仕切りを作ると、取り出しやすく綺麗に使える
  • スライド式収納:収納スペースの底板が手前にスライドし、物の出し入れが簡単

収納棚がしっかりしているベビーベッドは折りたたむことができない作りであることが多いので、スペースに余裕があるご家庭におススメです。

サークル

柵の部分だけを取り外すとサークルになるタイプのベビーベッドも人気です。サークルはスペースを区切って赤ちゃんを隔離する囲み型の柵で、赤ちゃんがお座りやたっちをするようになった時期に役に立ちます。家事などでお子さんから目を離さなくてはいけないときなど、お子さんをその中で遊ばせておくと安心ですね。

また、反対に赤ちゃんに触れさせたくないものを一時的に隔離しておくこともできます。

違う用途で使い続ける

ベビーベッドの中でも、赤ちゃんの時期を過ぎても使い続けられるように工夫が凝らされたものも登場しています。愛着のある家具をずっと使い続けることは喜ばしいことですし、お財布的にも嬉しいですね。

最近は、次のようなタイプが登場しています。

  • ソファ:柵を片面取り外すことによって、ソファとして使うことができるタイプ
  • 大人用ベッド:組み替えることで大人用ベッドになるタイプ
  • 机:幼児用の小さな机になるタイプ
  • 棚:棚として収納に使えるタイプ

ベビーベッド使用期間を決めるポイント

最終的に、ベッドとしていつまでベビーベッドを使い続けるかは、以下のようなポイントに左右されます。

赤ちゃんの成長

ベビーベッドを使わなくなる理由として最も多いのが、大きくなったからというものです。赤ちゃんにとってベッドが窮屈になってしまったから、というよりは安全性を心配してのことが多いようです。

お母さんが心配するのは以下のようなことです。

  • ベビーベッドからの転落:たっちができるようになると、おもちゃなどを踏み台にして柵を乗り越えることがある
  • 柵に頭を打つ:寝返りができるようになると、寝ているときにぐるぐる回ったりして、思わぬところに転がることがある
  • 首吊り:柵の部分に首がひっかかり、首を吊ってしまう事故も起きている

以上のような可能性があることから、生後6か月~1年くらいでベビーベッドを使わなくなってしまうことが多いのです。

添い乳をするか

夜間の授乳が大変な場合には、一緒のお布団に寝て添い乳をするケースが多く見られます。この場合は、ベビーベッドは不要になります。

ベビーベッドをお母さんの横に固定して添い寝するのも可能ですが、利便性の面から大人のベッドに赤ちゃんを移す場合が多いようです。

ペットの有無

室内でペットを放し飼いにしているご家庭の多くは、以下のような理由から昼間にベビーベッドを使います。

  • ハウスダスト除け:赤ちゃんが床に舞っている動物の毛や羽毛を吸い込んでしまうのを防ぐ
  • けがの防止:大型犬に踏まれたり、噛まれたりするのを防ぐ
  • 感染症の予防:動物と接触によって様々な感染症にかかるのを防ぐ

上の子の有無

1~2歳くらいの年が近い上の子がいると、目を離した隙に床にいる赤ちゃんを踏んでしまったりする恐れがあります。そのような事態を防ぐためにも、ちょっと家事などで離れる際には下の子をベビーベッドで寝かせておくとお母さんも安心です。

こういった目的で、上の子一人のときはベビーベッドが必要でなかったご家庭でも、二人目のときだけベビーベッドを使うというケースも見られます。

ただし、上の子がベビーベッドの柵を自分で下ろしたりしないように十分な注意が必要です。

New York・Baby プレイヤード (ニューヨークベビー)
カトージ
売り上げランキング: 213

まとめ:環境によってベストな期間で

本記事では、ベビーベッドの使い道や、ベビーベッドをいつまで使い続けるかの目安となるチェックポイントをご紹介してきました。ここで、もう一度それらのチェックポイントをおさらいしてみましょう。

  • 赤ちゃんの成長
  • 添い乳をするか
  • ペットの有無
  • 上の子の有無

ベビーベッドの使用については赤ちゃんの個性やご家庭での子育て方針に左右される部分が大きいかと思いますが、安全面や衛生面には注意したいですね。それぞれの子育て環境によって、ベビーベッドの使用期間を検討してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。