ベビーベッドの選び方について

赤ちゃんの足

少子高齢の現代社会において、自分達の子供が産まれるとなったらまず用意しなければいけないアイテムの中に「ベビーベッド」があります。サイズも大きいのでアパートやマンションなど、間取りによってはベッドを置くスペースを確保するのが大変だという声もよく耳にします。

また、社会情勢的に経済的な事を考えると二人目はちょっと…という家庭も多くありますし、ベッドにかかる費用等を考えると購入を差し控えるという方もいらっしゃいます。布団で済むならベビーベッドまで買わなくてもいい、等というような多種多様なニーズがある今だからこそ、ベビーベッドの適切な選び方を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ベビーベッドの種類

赤ちゃんの手

ベビーベッドをまず知るにあたって、主に出回っているベッドの種類を紹介したいと思います。サイズが違うだけですが、大体のサイズをあらかじめ知っておくと自分の家にはどんなベッドを置くのがベストか検討しやすいはずです。

まず、昔からよくあるのが「スタンダードサイズ」と呼ばれるサイズのベッドです。大きさは約120センチ×70センチ程度のものが多く出回っています。赤ちゃんがゆったり眠るのに適したサイズで、デザインやカラーも豊富な為ベッドもそれに合わせるお布団もさまざまな種類から選ぶことが出来ます。

もうひとつは「ミニサイズ」と呼ばれるスタンダードサイズよりスリムなタイプのベッドです。大きさは約90センチ×60センチと一回りくらい小さく、マンションやアパートなどの省スペースで活用したい方向けのタイプです。スリムなのでお部屋からお部屋への移動も簡単に出来るのがメリットです。

ベッドの種類が分かったところで、ベッドが必要かそうでないかと考える方の為にも参考までに「ベッドを用意してもいい人」「ベッドでなくてもいい人」のタイプを考えてみたいと思います。

ベビーベッドは絶対に必要なものかどうか?

ベビーベッドを用意すると確かに産まれてくる赤ちゃんのことをリアルに感じられます。

しかし、本当にうちには必要か?と言われるとそうでもない場合もあります。では、どのような場合だと用意しておいた方がいいのか、用意しなくても大丈夫なのかを考えて行きましょう。

用意しておいた方がベターな方は、次のタイプの方が挙げられます。

  • 家にベッドを置くのに十分なスペースが確保出来る方
  • 二人目以降を考えていらっしゃる方
  • 犬や猫などのペットを飼っていらっしゃる方
  • ハウスダスト等のほこり、アレルギーが気になる方

主にこのようなタイプの方はベッドを用意しておいた方がいいと思われます。まず、家に十分なスペースがある場合、ベッドを置くことでより赤ちゃんがやってくるという思いが強くなりますし、ご夫婦ともに育児に対する責任感も強くなると思われます。

また、二人目以降を考えていらっしゃる方は、上のお子さんが大きくなると遊んでいる時に誤って下のお子さんを踏んでしまったり、手を出したりする危険もありますので、ベッドの方がより安心だと思われます。

犬や猫などペットを飼っていらっしゃる方についても同じような事が言えます。赤ちゃんがペットに引っかかれたりする危険性もありますので、手の届きにくいベッドの方が安全です。そして、現在心配される方も多いハウスダストやアレルギーを気にされる方は、素材が木であることや下に隙間があるベッドの方が掃除もしやすく通気性もいいので安心でしょう。

逆に、今はとりあえず見送ってもよい方はこのような方が挙げられます。

  • パパ、ママが布団派である方
  • 二人目以降のお子さんの計画がない方

このような方の場合は無理にベッドを購入されなくても大丈夫かと思います。そのかわり、赤ちゃんが寝がえりをするようになった場合、周りにたんすなどがあるとぶつかったりすることがありますので、そのような危険性を考慮する必要が出てきます。

以上の事を踏まえ、適切な選択をされることが必要となります。また、最近はベビーベッドをレンタルすることも出来ますし、お友達やご兄弟から譲ってもらったり等もいいと思います。

さて、ベビーベッドが必要かそうでないかが具体的に分かったところで次にどんなベッドを選ぶといいのか、選び方と種類をみていきましょう。

New York・Baby プレイヤード (ニューヨークベビー)
カトージ
売り上げランキング: 136

ベビーベッドの選び方とその種類について

ベビーベッドは自分達の大切な赤ちゃんが安心して、快適に眠る為の場所です。まずは安全性をしっかり確認しなければなりません。幸いにも日本で販売されているベビーベッドには製品安全協会で定められた基準をクリアした製品のみ販売可能となっています。安全基準を満たしたことを証明する「PSマーク」と「SGマーク」の二つがついているかどうかを確認するようにしましょう。

この二つが確認出来たら次はサイズを選びます。サイズは「スタンダード」か「ミニサイズ」かのどちらかを選択するようになります。どちらのタイプにも、楽な姿勢で赤ちゃんのお世話がしやすい「ハイタイプ」、ワンタッチで収納も便利な「折りたたみ式タイプ」、赤ちゃんが大きくなったらサークルに早変わりする「サークル兼用タイプ」、大人と添い寝を楽しめる「添い寝用タイプ」があります。

インターネットの通販で多く見られますので、是非さまざまなタイプを見て検討されると言いと思います。最近は送料無料という嬉しいサービスのついているところもありますよ。

ぜひ、ご家庭の環境や赤ちゃんの事を考えて適切なベッドを選んで頂けたらと思います。良いベビーベッド選びの参考にして頂ければ、大変嬉しく思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment