頭のてっぺんが痛い頭痛の原因と対策

頭痛の男

 
頭痛ってツラいですが、頭痛薬でごまかしがちですよね。しかしその頭痛、放置していて大丈夫でしょうか。頭痛には怖い病気が隠れている場合があります。早めに病院にかかることをお勧めします。

こちらでは、頭のてっぺんが痛い頭痛の原因と対策をご紹介します。

スポンサーリンク


頭痛の種類

頭痛の男

頭のてっぺんが痛い場合、その原因は以下のものが考えられます。

緊張性頭痛

これは慢性頭痛の中でも最も頻度が高いものです。頭部全体の重苦しく締め付けられるような圧迫感を特徴とします。後頭部から頭のてっぺんにかけて特に痛みが強くなり、夕方に症状が強くなることが多く、ストレスによる心理的緊張によって頭痛が起こると考えられています。

  • 両側に起きる
  • 圧迫感または締め付け感(ずきんずきんしない)
  • 寝込むほどの頭痛ではない、動く事ができる
  • 歩行や階段の昇降のような日常的な動作により増悪しない
  • 悪心や嘔吐はない(食欲不振を伴うことはある)
  • 光過敏や音過敏があってもどちらか一方のみ

後頭神経痛

頭部におきる神経痛、特に後頭部におきる発作的な突くような痛みは後頭神経痛の可能性があります。後頭部には後頭神経という神経が走行しており、髪の生え際から頭のてっぺんにかけてきりきりと突き上げるような発作的な痛みを生じることがあります。

特徴

  • 発作的な刺すような痛みが後頭部に生じる
  • うずく痛みが発作が無い時期に持続する場合もあれば持続しない場合もある
  • 後頭部に圧痛点がある

脳内出血の前兆

脳内出血とは、脳内の血管が破れてしまうことにより引き起こされます。ちなみに、似たような病気で、脳梗塞がありますが、これは脳内の血管が詰まることによって引き起こされる病気の総称です。脳内出血と脳梗塞、くも膜下出血など脳の血管が原因で起こる病気を総称して脳卒中といいます。

くも膜下出血の場合、発作を起こした患者さんの約半数の人が、なんらかの前ぶれ症状を経験しています。もっとも多い症状が激しい頭痛で、発作の1~3週間前に起こるという特徴があります。

くも膜下出血の多くは、脳の動脈瘤が破裂することによって起こりますが、破裂する前の動脈瘤は「未破裂動脈瘤」から小さな出血が起こると、今までに経験したことのないような激しい頭痛が起こります。この出血は「警告出血」と呼ばれています。くも膜下出血だけでなく、脳出血や脳梗塞も頭痛が発作の始まりとなるケースが多く見られています。発作時の頭痛には次のような特徴があるので知っておきましょう。

特徴

  • めまい、物が二重に見える
  • しびれ、麻痺:しっかり歩けない
  • 頭が重苦しく感じる:血圧が高くなると、頭全体が重苦しく感じる場合があります
  • 頭痛がひどい:くも膜下出血がハンマーで殴られたような衝撃的な痛みが起こるのとは異なり、脳梗塞に伴う頭痛は頭がズキズキするというような痛みです
  • 吐き気
  • 酷い肩の痛み

脳静脈血栓症

脳の静脈が血栓で詰まることで脳細胞が壊死してしまう病気のこと。虫歯を放置し続け虫歯菌が血液に侵入、脳の静脈まで到達してしまったことが原因となることがあります。

通常であれば、免疫の働きによって侵入した虫歯菌は途中で排除されますが免疫力が著しく低下していた。脳の静脈まで届いた虫歯菌は血管に付着し、炎症を引き起こします。血液はやがて血栓となり、炎症により狭まった静脈血管を塞いでしまいます。

血液が脳まで届かなくなると、脳細胞が壊死してしまい静脈血栓症の発症です。発症する前に“嘔吐”や“頭のてっぺんに針を刺されるような頭痛”という症状がみられるようです。

頭痛が続くなら病院へ

頭痛が続くようでしたら、早く病院を受診して下さい。もし、ただのストレスからくる緊張型頭痛や後頭神経痛だと診断されたら、以下の対処をしましょう。

緊張型頭痛の対策

軽い緊張型頭痛であれば、頭痛の原因となっていた生活習慣を改善するだけでよくなることも珍しくはありません。以下の対処方法がオススメ。

  • ストレスを解消する
  • リラックスする
  • 軽い運動をする
  • 筋肉の緊張をほぐす

後頭神経痛の対策

後頭神経痛の治療方法は基本的に疲れを取り、ストレスから自分を解放することにあります。心と体を正常な状態に戻すことが後頭神経痛を治療する方法というわけです。仕事などでそうも言っていられない、という場合は鎮静剤やビタミンB12剤を処方してもらいます。また、神経ブロック注射をすることで後頭神経痛の痛みは引きます。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 3,391

まとめ:頭のてっぺんが痛い時は要注意!

頭のてっぺんが痛いという場合、いくつかの原因が考えられます。放置しておくと生命に関わることもあります。おさらいしておきましょう。

  • 緊張性頭痛
  • 後頭神経痛
  • 脳内出血の前兆
  • 脳静脈血栓症

ただのストレスからくる頭痛ならば、ストレスを解消するに限ります。しかし嘔吐など危険な症状があるのならすぐに病院へ行ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。