頭の表面が痛い頭痛の原因と対策

頭痛男

 
頭痛持ちの方、多いですよね。たまに痛むからと頭痛薬で散らしている方が大半だと思います。

しかしその頭痛、そのままにしていても大丈夫なものでしょうか。今までこんな痛いことは無かったというくらいの激痛、実は片頭痛でもくも膜下出血でもなく神経痛である可能性があります。

こちらでは、頭の表面が痛い場合の頭痛の原因と対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク


頭の表面が痛い場合の頭痛

後頭神経痛

頭痛女子

頭皮の後頭部から頭頂部にかけてがズキズキと痛む、という症状がある方。それは頭痛ではなく後頭神経痛という神経痛の可能性があります。この症状は「頭の皮膚の神経痛」の症状で、あまり心配がないことがほとんどです。「梅雨入り」「初秋」など、季節の変わり目などに比較的多い症状です。

多くの方が数日から1週間程度で治り、神経痛の原因は、気候の変化などあまり問題がないことがほとんどです。軽度の後頭神経痛は、しばらく安静にすれば勝手に引きますが、症状が悪化していけば手術が必要となる場合もあります。

特徴
後頭神経痛の症状は、後頭部の神経に沿った形で痛みが現れます。

  • 頭の表面、頭皮でズキズキとした痛みを感じる
  • 後頭部の一部や全域が痛む
  • 目の奥が痛い
  • 耳の後ろあたりが痛い
  • 髪をとかすと痛い
  • 寝癖で逆立っている髪を戻すときのような痛み

症状の出やすい人
後頭神経痛になりやすい人は、以下のタイプの人だそうです。

  • 片頭痛や緊張型頭痛と診断されたことがある
  • 姿勢が悪い
  • 背骨や脊髄、腰椎などの病気や変形がある
  • 夜更かしや労働過多、運動不足気味の人
  • ストレスが多い

ヘルペス(帯状疱疹)

後頭神経痛は原因がわからないことが最も多いのですが、注意しなくてはいけないものに帯状疱疹があります。帯状疱疹は全身どこにでも出現し、頭部では顔面、特に前頭部、耳介、後頭部が後発部位です。

発疹は体の左右どちらか片方にでていることが診断の手掛かりになります。最初の2~3日は痛みのみで発疹が出現しません。発疹は最初のうちは赤い斑点ですが次第に水疱瘡に似た水泡になり、最後は黒いかさぶたになって、取れて治っていきます。

帯状疱疹を引き越すウイルスは水ぼうそうのウイルスと同じものです。小児期に感染した水ぼうそうのウイルスは水ぼうそうが治った後も大人になっても完全に消えることはなく、頭部を支配する三叉神経や後頭神経の奥深くに潜んでいます。加齢や病気で体の免疫力が低下すると、過労や風邪などをきっかけとして潜んでいたウイルスが再び活動を始めて帯状疱疹になります。

頭痛の対処方法

後頭神経痛の治療方法

神経痛の原因の多くは体の異常を知らせるものです。仕事などでの肉体疲労や精神的なストレスから来るものがほとんどです。

また風邪などで体調不良になっているときなども後頭神経痛は発症します。このように、ほとんどの後頭神経痛は生活習慣の乱れが原因と言っていいほど身近な病気なのです。ですから、日ごろの生活習慣を正し、後頭神経痛にならないように心がけることが重要です。後頭神経痛の治療方法は基本的に疲れを取り、ストレスから自分を解放することにあります。

仕事などでそうも言っていられない、という場合は鎮静剤やビタミンB12剤を処方してもらいます。また、神経ブロック注射をすることで後頭神経痛の痛みは引きます。
上記のようにしても改善が見られない場合、手術の可能性もあります。

帯状疱疹の治療

皮膚科、耳鼻科、神経内科、脳外科、内科などを受診してください。症状が軽い時は外来的に内服や軟膏で治りますが、痛みが強く発熱がある、食事がとれないなど症状が重い時には入院して点滴治療が必要になります。

発疹が消えた後も痛みが残る場合があり帯状疱疹後神経痛と言われます。完全に治してしまうことは容易ではないのですが、抗てんかん薬、抗うつ薬で抑えられる場合もあります。

痛みが続く場合は病院へ

ただの神経痛かと思って放置していては長く悩まされることも。また、自己判断だと怖い病気の前兆を見誤ることもあります。

家で様子を見ていてはいけない頭痛の代表例というと、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎などがあります。危険な頭痛かどうかというのは一概には言えませんが、一般には、頭蓋内圧が上がるため、頭痛の他に、血圧の上昇と嘔吐が見られます。

また、髄膜刺激症状といい首が硬くなり、前屈しにくくなります。しかし「いつもと違うな」と感じたら、迷わず受診するのが賢明です。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 3,391

まとめ:頭の表面が痛いのは神経痛

頭痛というと片頭痛と思われるかもしれません。しかしその頭痛、神経痛の可能性があります。おさらいしておきましょう。

  • 後頭神経痛:頭の表面、頭皮でズキズキとした痛みを感じる。髪をとかすと痛い
  • 帯状疱疹:頭痛になって数日したら発疹が出現
  • 嘔吐や吐き気が見られたら脳梗塞の前兆かも

この記事を参考に、ストレスを解消して頭痛を起こさないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment