頭が痛いにはタイプがある。あなたの頭が痛いの種類と対策

悩む男

「頭が痛い」と一言で言っても、その原因・症状には様々なものがあります。一般に「頭が痛い」場合には、偏頭痛や緊張型頭痛など、痛みは伴うものの生命には影響がないものが多いのが特徴です。ただ、ごくまれに頭が痛いという症状がくも膜下出血や脳腫瘍の症状であることもありえるので注意が必要です。

本稿では、「頭が痛い」といった場合の原因や症状、頭痛の種類などについてまとめています。頭痛でお悩みの方の参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

頭が痛い原因は様々

頭が痛い男

「頭が痛い」、つまり頭痛ですが、頭が痛いという症状は日本人には多いとされます。頭が痛い場合、一般的に最もよく考えられる原因としては、風邪による頭痛の可能性が考えられます。しかし、頭が痛いという場合には、医学的には様々な分類・理由が考えられています。

ここでは様々な「頭が痛い」という症状と原因についてまとめていきたいと思います。

日本人に多い様々な「頭が痛い」

まず、頭が痛いといった場合、日本ではよく頭痛持ちなどと言いますが、頭痛持ちとしての「頭が痛い」原因としては、主として以下のような理由が考えられています。

偏頭痛で頭が痛い場合

日本人では約800万人の偏頭痛持ちの方がいると言われます。偏頭痛は「頭が痛い」といわれる方の典型例として挙げられる症状です。偏頭痛の頭が痛い症状としては、頭の両側面(あるいは一方の側面)がズキンと痛みます。子供の場合には、頭が痛いという症状に加えて、はきけや下痢なども伴うこともあります。根本的な原因は解明されておらず、対症療法で頭が痛い状況を改善することとなります。

偏頭痛の頭が痛い症状に対しては、長い付き合いとなることとなるのでご自身の体に合う薬などを用意しておくことが重要となります。

緊張型頭痛で頭が痛い場合

次に、日本人に多い、頭が痛いケースとしては緊張型頭痛と言われるタイプがあります。緊張型頭痛で頭が痛いという方は、日本人の20パーセントほどと言われます。緊張型頭痛は同じ姿勢を続けることで筋肉がこわばり、血流が悪くなってしまうことが原因です。偏頭痛とは異なり、緊張型頭痛の場合には頭が痛い状況に陥る原因が比較的はっきりしていることが特徴です。

緊張型頭痛で頭が痛い場合には、体を動かすことや筋弛緩剤、鎮痛剤を飲むことなどがおすすめできます。緊張型頭痛で頭が痛い方の場合には、パソコン作業や運転などのお仕事をされていることが多いようです。

群発頭痛で頭が痛い場合

頭が痛いという場合に、その痛みが非常に激しいのが群発頭痛です。群発頭痛は目の奥から「えぐられる」ように頭が痛い症状が発生します。原因は分かっておらず、昔は「悪魔の仕業」と言われるほど頭が痛い症状です。

群発頭痛の頭が痛い症状に対しては薬物での対処をすることとなります。具体的には、予測される群発期に対して予防薬を飲んだり、頭が痛い症状発生時に鎮痛剤を飲むことなどが対処方法としては中心となります。

特に気をつけたい頭が痛い症状

頭が痛い場合、上述しました偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛の場合には、痛みは辛いものの生命に対しての影響は基本的にはありません。しかし、頭が痛い場合、重い病気の可能性を考えて対処をすることが必要な場合もあります。

例えば、「後ろから殴られたような感覚の頭が痛い」という症状です。このような場合にはくも膜下出血で頭が痛いという可能性が考えられます。また、頭が痛いという症状とともに、体がけいれんを起こしたり、手が震えるなどの症状がある場合には脳腫瘍である可能性などがあります。

頭が痛いという症状の場合、特に注意が必要なケースは「今までの生涯で感じたことがないような頭が痛い状態」には注意が必要となります。

子供特有の頭痛

子供が頭が痛いといった場合には、子供特有の症状として自家中毒の場合があります。自家中毒は血中にケトン体と呼ばれる物質が大量にできて、代謝のメカニズムが崩れ頭痛を生じます。頭痛以外にも吐き気や顔面蒼白の状態になったります。

子供が急に「頭が痛い」と言い出すなどして顔面蒼白、吐き気などを訴えた場合には、自家中毒の可能性を考えることが必要です。自家中毒は生命に危険が生じるものではないので、その意味では安心することができます。ただ、急に吐き気を訴えるなどして社会生活・学校生活に問題を生じる可能性があるので、この点には注意してあげることが重要となります。

ザムスト(ZAMST) アイスバッグ Mサイズ 378102
ZAMST(ザムスト)
売り上げランキング: 1,868

まとめ:頭痛の種類についてのまとめ

以上、本文で述べました「頭が痛い」という状態に対する対処方法などのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 一言で頭が痛いと言っても、その原因・種類は多種多様なものがあります。日本人に多いものとしては、偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛などがあります。それぞれ投薬などで頭が痛い状況を解消したり、予防することとなります
  • 頭が痛いといった場合、特に注意しなければならないのはくも膜下出血や脳腫瘍の可能性がある点です。これらの場合には、頭が痛いといったこと以外に特有の症状を併発します
  • 子供特有の「頭が痛い」という症状としては、自家中毒の場合があります

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment