足のむくみにツボ!初心者でも簡単にできるツボ押しテクニック

足

つらい足のむくみ。鍼灸やマッサージが聞くよ、とアドバイスをもらった方も多いと思います。しかし、鍼灸や整体の多くは自由診療で保険が効かず、ちょっと割高なイメージはありますよね。

でも、ツボのマッサージは初心者でもコツを抑えておけば比較的簡単にできるんです。ツボは人によって、また体調によって効くところと効きにくいところがありますが、何箇所か知っておけばお風呂あがりなどに疲労回復をすることができますよ。

本記事では、そんな足のむくみに効果的な足つぼマッサージを紹介いたします。

スポンサーリンク

足つぼマッサージに入る前に

ツボ

足のむくみは筋肉間の細胞に、血液やリンパ液などの水分が老廃物を運ぶことが出来ずに滞留してしまうことで発生します。ツボマッサージやリンパマッサージなどは適度に筋肉や健を刺激することで、疲労回復に一役買うことができるのです。

足のむくみに効果的なツボは体のいろいろな所にありますが、いずれを行う場合にも事前の準備がかかせません。

  • 入浴中、あるいは事前の入浴を行なっておく。
  • サランラップの芯やゴルフボールなど、体をマッサージするものを持っておく。マッサージ器でもかまわない。
  • マッサージオイルを用意する、あるいはストッキングを履いておくなど摩擦を減らしておく
  • 水分補給をしっかりしておく。水か麦茶などがよいが、スポーツドリンクなどもよい。できれば入浴前、入浴中にペットボトル一本分程度の水分を補給しておくことが望ましい

以上です。ツボによるマッサージを行う場合には、職後すぐや高熱があるとき、体調不良の時には避けるようにしましょう。酔っている時や、妊娠中も危険です。

足つぼマッサージ

足のむくみにきくツボはいくつかありますが、ここでは足つぼマッサージを行います。指でグイグイっと押していくのもよいですが、ゴルフボールなどでゴロゴロと足の裏全体を刺激してもよいでしょう。

湧泉

足の裏にある土踏まずのやや上あたり、足の指を曲げた時に少しへこむところが「湧泉」というツボです。足のむくみを取ります。座った姿勢で、両手の中指でツボを抑えながら、足を持ち上げて刺激します。

足心

足の裏のどまんなかにあります。腎臓を働かせるツボで、足をはじめ全身のむくみをとってくれます。ぐいっと押してもあまり痛まないと思いますが、一、二分ほど抑えてください。

心臓

左足の裏、中指と薬指のからかかとにむかって三センチほど下ったところにあります。これは血流を良くすることができます。押しにくいので、ゴルフボールなどを使って足裏を転がすとよいでしょう。

足のツボ

足のむくみは腎臓などの内蔵や、リンパ腺などとも関係しています。足のむくみにきくツボは足にも多数ありますので、ここではそれらを紹介したいと思います。

委中

膝の裏にあるツボです。むくみや疲労などに効果がありますので、足のトラブルがあったらここをまず抑えるという人もたくさんいます。

承山

委中からまっすぐに下におろして、ふくらはぎのちょうど真ん中あたり、アキレス腱と肉との間にあるツボです。あまり強くおすと痛みが走りますので、適度な強さで刺激してください。

ふくらはぎのむくみに効果があり、ダイエットや下半身やせにも効果があるといわれます。

復溜

内側のくるぶしの山から、指を3つ分ほど上をシエ激してみてください。ここが復溜です。リンパの流れのある箇所で、むくみに効果的です。耳や歯の痛み、頭痛や(^O^)/のシェイプアップなどにも効果があります。リンパ液が流れる箇所を刺激してくれるツボです。

上半身のツボ

上半身にも下半身に効果があるツボがあります。それほど多くあるわけではありませんが、内蔵にも効果があります。

だん中

体全体における体液の循環を改善するツボです。
左右の乳首の真ん中、胸骨のところにあります。乳首の位置は人によって違いますが、だいたいの位置を抑えてみて、一番「痛い」と感じる所がだん中です。

強くおすと痛い場所ですので、左右の人差し指と中指を重ねてゆっくりと抑えてください。押しながら、ゆっくりと呼吸を吐き出しましょう。そのまま上半身を前にかがめていき、呼吸をはききったらまたゆっくりとツボを抑えたまま上半身をあげていきます。

ストレスの軽減にも効果があるツボです。

ウッドマッサージ棒 握りタイプ
ウッドマッサージ棒 握りタイプ
posted with amazlet at 13.11.17
BAGUS(バグース)
売り上げランキング: 871

まとめ:ツボの刺激は体調が良い時に

このように足のむくみにはツボの刺激が効果的です。ゆっくりとマッサージをしながらツボマッサージを行うことで、さらに効果をあげることができます。
ただし、ツボによるマッサージは意外とからだに負担をかけてしまいます。瞑眩といって、ツボの刺激による大きな疲労がでることがありますので、疲労が大きい場合などには行わないようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment