足のむくみとしびれが厳しい方に勧める運動

足

つらい足のトラブル。疲れてもう動けないだけじゃなく、足がしびれてたまらない、とか、足がむくんで靴を履くのも一苦労。

そんなあなたに必要なのは、運動です。

しかしながら、足のむくみとしびれが一緒にくる場合には、糖尿病などのおそれもあります。足のトラブルの原因を探りながら、少しでも症状を緩和するためのテクニックをここでは紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

足のしびれ・むくみの原因は何?

むくみ

足のむくみは、病気のサインであることもありますが、多くは血行不良が原因で起こります。脚部の血行やリンパ循環が阻害されたり、足部の筋肉不足や疲労などで血液を心臓まで送り返すことがでず、足部の細胞などに水分や老廃物がたまることで発生してしまいます。

また、腎臓などの内臓系に負担が大きかったり機能が阻害されていたりすると、老廃物を浄化することができずに、足部にたまり続けてしまうことがあります。こうした症状が足の「むくみ」となってくることがあります。

多くの場合は、マッサージや温浴などによって血行を改善することで治ることがありますし、また圧着ソックスの利用などによって症状を軽減することができます。

こうした足のむくみに、「足のしびれ」が併発するともしかしたらそれは糖尿病などの可能性も考えられます。

足のしびれは、末梢神経系への圧迫によって発生することが多いのですが、また脳内物質の障害などによっても発生します。レストレスレッグス症候群や「むずむず脚症候群」と呼ばれるものがそれです。注意すべき病気としては以下のようなものがあります。

糖尿病

糖尿病とは、、血糖値の上昇による病気です。本来細胞内で利用されるはずのブドウ糖が細胞間で消費されずに血液中にたまってしまうことで、体の様々な機能が機能不全になり、麻痺してしまうものです。
この症状の改善には「インスリン」と呼ばれるホルモンを利用しますが、インスリンの補給を怠ると全身麻痺などの病気になる可能性があります。

この病気にかかると尿から糖分が検出され、血中や腎臓などに大きな負担がかかる重大な生活習慣病として知られていますが、この症状の一つに「足のむくみ・しびれ」があることが知られています。

とはいうものの、糖尿病の全員にしびれが発生するわけではありません。

ビタミンB1欠乏症

また、足のしびれやむくみが発生する病気としてよく知られているのがビタミンB1欠乏症、通称「ウエルニッケ・コルサコフ症候群」です。

ビタミンB1の欠乏によって引き起こされる脳症で、いわゆる脚気が悪化した症状をさします。精神疾患にまでいたる恐ろしい病気ですが、ビタミンB1の欠乏だけではなく様々な要因があることが知られています。

その代表的なものがアルコール依存症です。いわゆる「アル中」が悪化することで、精神に異常をきたしてしまう場合、この「ウエルニッケ・コルサコフ症候群」である可能性が否定できません。

従来から知られる脚気もこの症状の一つです、

足のむくみとしびれを改善する方法

このように足のむくみやしびれの原因は様々ですが、重篤な病気ではないかぎり、これらを解決する最初のステップとして「運動」があげられます。

とくに足のむくみは直接的な原因として運動不足などによる筋力不足である場合が非常に多く、運動によって症状が改善するケースがあります。毎日30分から1時間程度の運動を行うように心がけてみましょう。

足のしびれについてはそう簡単には行かない場合もあります。末梢神経系への圧迫がある可能性や脳内物質やホルモン異常の場合もあり、これらの症状を緩和するための万能薬はないといってもよいでしょう。

しびれがひどい場合には医療機関の診療をうけることが必要です。

ただし、よく言われているとおり、マッサージャーなどを使ったマッサージも効果があります。

樹液シート

よく利用されているもので足の裏につける「樹液シート」に効果があると言われています。樹液には体外に毒素を排出する効果があるとされ、ひんやりとしたつけ心地と共にデトックス効果が期待できます。ネットやホームセンターで購入が可能です。

鍼灸・整体

鍼灸や整体によって体のバランスを整え、しびれやむくみを解消することができる場合もあります。自由診療になりますのでやや治療費がかかりますが、リラックスできて気持ちいいですよ。

また、鍼灸の効果が高い場合には、整体も合わせて行うことでより適切な治療ができる場合があります。体の痛いところなどを説明しましょう。

増量いきいき樹液シート 30+6枚
東京企画販売
売り上げランキング: 3,190

まとめ:むくみとしびれが両方きたら注意

足のむくみやしびれに苦しんでいる方も多いと思います。其の場合でも基本的にはマッサージなどをすることで症状を緩和できますが、重い病気である可能性もあります。

気になるよう、あるいは長く続くようであれば診療をきちんと受けた方がよいでしょう。

また、糖尿病などの前駆症状である場合もあります。足のしびれやむくみといっても油断してはいけません。

鍼灸や、樹液シートなどで症状が緩和することもあります。たかが足のむくみ・しびれと侮らずに適切な対応が必要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment