要チェック!朝起きられない人の5つの主な原因と対処方法

朝焼け

「朝起きられない」を解決するためには、気合いや根性ではなく、原因に基づいた対処法を実行することが大切です。

朝起きられない原因には、睡眠不足や精神疾患などいくつかの理由があり、あなたの原因を理解して解消することで、起床したい時間に起床することができるようになります。

一般に気合いや根性などの精神論が展開されることもありますが、原因に基づいた対処方法を実践することで、より高い効果を得られるようになるでしょう。

そこで、本記事では、朝起きられない人の5つの主な原因と対処方法についてご紹介していきます。是非参考にして頂き、気持ちの良い朝の時間を手に入れて下さい。

スポンサーリンク

朝起きられないを解決する重要性

「朝起きられない」を解消することは、「あなたの毎日を充実して過ごすために欠かせないこと」です。

朝起きられない状態が続くと、1日の時間が短くなってしまい、やれることに限りが出てきてしまいます。また、仕事や学校がある場合、遅刻や欠席に繋がり、あなたの生活そのものに悪影響が出てきてしまいます。

毎朝あなたが起床したい時間にスパッと起床することで、様々な活動を行い、毎日を充実させ、楽しい日々を過ごすことができるようになるのです。

そして、朝起きられないを解消するためには、「あなたの朝起きられない原因を理解すること」と「原因を解消する方法を実践すること」が必要になります。次の項で、詳しく見ていきましょう。

朝起きられないを解消する

朝起きられないを解消するためには、「あなたが起きられない原因を理解し、その原因を解消すること」が大切です。

朝起床することができない原因には様々なものがあるため、人によって解消法法は異なります。

まずは、あなたの朝の起床を難しくしている原因を理解することが必要です。

朝起きられない5つの原因

朝起きられない原因を理解することで、「あなたの朝の起きづらさを解消する効果的な方法を実践すること」ができるようになります。

朝起きられないを引き起こす原因には、主に次のものがあります。

  • 純粋な睡眠不足:質と量のいずれかが不足している
  • 生活習慣の乱れ:寝酒や夜食、午後3時間以降の居眠りなど
  • 体内リズムの乱れ:夜更かし、海外出張、休暇明けなど
  • 精神疾患:うつ病など
  • 起立性調節障害:10~16歳の思春期に現れる、自律神経不全の一つ

睡眠不足になると、あなたの体は疲労を解消するために、より多くの睡眠をとろうとします。そのため、朝の起床したい時間に起きられなくなったり、起きても強い眠気が襲ってくることが多くなります。

また、生活習慣や体内時計が乱れると、昼夜逆転の体内リズムに変わってしまう場合があります。通常の体内リズムであれば、朝の時間帯に起床することができますが、体内リズムが乱れていると、スパッと目覚めることが難しくなってしまいます。

くわえて、精神疾患や起立性調節障害によっても、朝起きることが難しくなる場合があります。特に、思春期の子供は起立性調節障害によって、不登校の状態になる場合があるので、注意しておくことが大切です。

起立性調節障害は、起立した時に立ちくらみ、頭痛、疲労感が襲いかかり、横になると症状が緩和するという特徴があります。

朝起きられないに対処する

「朝起きられない」に対処するためには、「質の高い睡眠の習慣を身につけること」と「必要であれば睡眠治療専門の病院にかかること」が大切です。

質の高い睡眠をとる習慣を身につけることで、心身を健康に保ち、また起床したい時間に起床することができるようになります。

質の高い睡眠をとるためには、次の4ステップを実践することが必要です。

  • 就寝前にリラックスした状態になる
  • 深い睡眠を維持できるように、睡眠環境を整える
  • 生活習慣をただして、体内リズムを整える
  • あなたに必要な睡眠時間、起床しやすい時間帯を把握する

具体的な方法は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

また、精神疾患や起立性調節障害が原因だと考えられる場合には、早期に病院にかかり、医師の専門的な診断に基づきながら、治療を行っていくことが大切です。

睡眠外来の探し方については、睡眠の障害は睡眠外来で改善しよう!あなたのかかりつけの睡眠外来の探し方の記事で紹介しておりますので、参考にして下さい。

まとめ:朝起きられない原因を理解して対処する

ここまでで、朝起きられない人の5つの主な原因と対処方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、朝起きられない主な5つの原因について確認していきましょう。

  • 純粋な睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 体内リズムの乱れ
  • 精神疾患
  • 起立性調節障害

あなたの朝起きられない原因が、睡眠や生活習慣によるものであれば「質の高い睡眠をとること」が必要となります。また、精神疾患などによるものであれば、「睡眠外来にかかり専門的な治療を行うこと」が大切です。

朝起きられないを解消することで、あなたの毎日を充実させ、様々な可能性を拓くことができるようになります。現在、朝の目覚めに問題がある方は、是非本記事を参考にして、気持ちよく目覚めることができるようにしていって下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment