あなたはもう知ってますか?安眠できる音楽の正しい選び方と利用方法

音楽鑑賞をしているおじさん

音楽は、効果的に利用することであなたの安眠を大いに助けてくれます。

安眠できる音楽は、あなたを就寝前にリラックス状態に導き、熟睡に導いてくれます。しかし、効果的な利用方法を知らなければ、ただ音楽を流しているだけとなり、十分な効果を得ることが難しくなるでしょう。

そこで、本記事では、安眠できる音楽の正しい選び方と効果的な利用方法についてご紹介していきます。音楽を利用して安眠したいという方や、現在安眠できる音楽を利用している方は、是非本記事を参考にして頂き、安眠できる音楽の正しい利用方法について修得していって下さい。

スポンサーリンク

安眠できる音楽とは?

まずは、音楽があなたを安眠に導く理由について見ていきましょう。

安眠できる音楽とは、「就寝前にあなたをリラックスした状態に導き、熟睡しやすい状態にしてくれる音楽」のことです。

あなたの脳は、起きている時は活発に活動しており、覚醒状態にあります。安眠を得るためには、この覚醒状態から、リラックス状態に切り替えていくことが必要になります。音楽によって、このリラックス状態への切り替えを促進することで、より安眠を得やすくなるのです。

では、音楽があなたをリラックスに導く理由について、次の項で見ていきましょう。

音楽が安眠に効果的な理由

安眠できる音楽は、「あなたの脳波をα波に変えていき、リラックス状態にする効果」があります。

あなたの脳波は、あなたの活動状態を基準に次の5種類に分けられます。

  • γ波(ガンマ波):怒りなど、興奮している状態
  • β波(ベータ波):日中を普通に過ごしている状態
  • α波(アルファ波):心地よさ、気持ち良さを感じている状態
  • θ波(シータ波):うとうとして、まどろんでいるような状態
  • δ波(デルタ波):熟睡している状態

安眠を得るためには、日中を普通に過ごしている時に発する「β波」から、リラックスしている時に発する「α波」に脳波を切り替えていくことが必要になります。

そして、このα波を発することを促進する音楽が、安眠できる音楽なのです。全ての音楽が、あなたをα波に導くわけではないため、安眠できる音楽の選び方を学び、効果的な利用方法を知ることが大切です。

安眠できる音楽の利用する際に必要なこと

安眠できる音楽を利用する際には、「安眠に導いてくれる音楽の選び方と、正しい使い方を理解すること」がなによりも重要になります。

具体的には、次の3点を理解することが必要です。

  • 安眠できる音楽の選び方
  • 安眠できる音楽の音量
  • 安眠できる音楽の効果的な時間帯

では、それぞれのポイントについて具体的に見ていきましょう。

安眠できる音楽の選び方と使い方

安眠できる音楽は、正しい選び方をもとに選び、効果的な使い方に従って利用することで、その効果を最大限に発揮してくれます。

特に、現在はyoutubeなどをはじめ簡単に安眠音楽を聴くことができるようになりました。しかし、実際に間違った方法で利用していては、睡眠に対する効果を得ることができません。

是非正しい選び方、効果的な使い方を学んで、安眠を得られるようにして下さい。

安眠できる音楽の選び方

安眠できる音楽を選ぶ際には、「あなたの脳波をα波に導く音楽」を選ぶことが大切です。

あなたをα波に導く音楽の特徴には、次のものがあります。

  • 一定のテンポで、ゆっくりとしたペースであること
  • 聴いていることで、徐々に心が落ち着き、とげがなくなり、リラックスしてくること
  • あなた好みの音楽で、ゆったりとした気分になれること
  • 歌詞や、刺激的な音が入っていないこと

自然音やヒーリングミュージックをはじめ、モーツァルトなどのクラシックが安眠できる音楽に入ります。市販で販売されている睡眠用の音楽を購入してみても良いでしょう。

また、現在はyoutubeなどで簡単に安眠用の音楽を聴くことができますが、パソコンやスマートフォンの操作には、「あなたに強い光の刺激を与え、眠りを妨げる可能性」があります。操作する際には、画面の光を暗くして操作することが必要です。

安眠できる音楽の音量

安眠できる音楽を聴くときは、「かすかに聴こえる程度の小さな音量で聴くこと」が大切です。

リラックスした状態になるためには、図書館なみの静けさが必要です。いくら安眠できる音楽と言えども、大音量で聴いていては、脳に刺激を与え、リラックスすることはできません。

理想的には、ヘッドフォン等をかけて周囲の雑音が入らないようにしてから、安眠できる音楽を小音量でかけて聴くと効果的です。

安眠できる音楽の効果的な時間帯

安眠できる音楽を利用するときは、「就寝する1時間程度前の時間帯から、30分〜1時間程度の時間、安眠音楽を聴くこと」が重要です。

あなたの脳波をα波に切り替え、リラックス状態にするためには、およそ1時間程度の時間がかかります。そのため、就寝1時間前になったら、仕事や勉強などの頭を使う活動や、脳に刺激を与える活動は終わりにして、就寝する準備をしていくことが必要です。

その際に安眠できる音楽を静かに聴いていることで、よりリラックス状態になりやすくなり、布団やベッドに入った時に、ストンと眠りにつき、熟睡することができるようになります。

究極の眠れるCD
究極の眠れるCD
posted with amazlet at 13.09.13
メンタル・フィジック・シリーズ
デラ (2002-07-22)
売り上げランキング: 1,205

まとめ:効果的に音楽を利用して安眠を得る

ここまでで、 安眠できる音楽の正しい選び方と利用方法についてご紹介してきました。最後にもう一度、安眠できる音楽を利用する際のポイントについて確認していきましょう。

  • 安眠できる音楽の選び方を理解する
  • 安眠できる音楽の音量を理解する
  • 安眠できる音楽の効果的な時間帯を理解する

上記のポイントを理解して安眠できる音楽を利用することで、あなたは就寝前にリラックス状態になり、熟睡を得られるようになります。

現在安眠できずに悩んでいる方や、安眠できる音楽を利用していても効果を感じられない方は、是非本記事をご活用頂き、安眠できる音楽を効果的に利用して熟睡できるようにして下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment