呼吸困難になることも!赤ちゃんのいびきの原因

赤ちゃん

 
赤ちゃんが気持ちよさそうに眠っている姿、ホントに癒されます。そんな赤ちゃんがいびきをたてて眠っていたら、ちょっとビックリしますよね。スヤスヤ寝ているから大丈夫、と放っておいても大丈夫でしょうか。

子供のいびきというのは注意が必要だと思いますが、そのなかでも赤ちゃんのいびきというのは子供以上に注意をしなければなりません。

こちらでは、知っておきたい赤ちゃんのいびきの原因についてご紹介します。

スポンサーリンク


赤ちゃんのいびきの原因

鼻の粘膜が柔らかいため

赤ちゃん

子供のいびきは基本的に何らかの疾患であるサインと言われていますが、乳児の場合は、健康な場合でも10%程度の割合でいびきをかくと言われています。赤ちゃんは鼻の奥の粘膜がまだ柔らかいため、いびきをかきやすいからです。呼吸を吸う時、空気と柔らかい組織が振動しあい互いの震えるためあのような音が出ます。

のどの構造上

いびきそのものの原因が、鼻や喉の問題が関係していることがあります。仰向けで寝ているときに舌が喉の奥に落ち込みやすい状態になりやすいことがあります。産まれ付きの体の構造なので、すぐに治すことは難しいことになります。しかし、赤ちゃんの体は成長をしていくにつれて、どんどん構造や形態が変化していく可能性をもっています。そのため、様子をみながら、いびきがひどくなったりしなければ、成長を待つことで改善されるでしょう。

扁桃腺の肥大

扁桃腺やアデノイドという咽頭扁桃が肥大している事も原因になります。子どもは扁桃が肥大することが多く、中には、炎症を起こすことがあります。扁桃腺が肥大すると、口蓋垂の奥にあるため、気管を塞いでしまうことが考えられます。その過程でいびきをかきやすくなるのです。

だいたい幼児期から小児期に肥大しやすくなり、思春期ころには小さくなっていきます。この肥大が収まればいびきも自然と解消されますので赤ちゃんのいびきの場合で、原因が扁桃腺などの肥大の場合は少し様子をみて専門医に相談してください。

鼻の障害

赤ちゃんは鼻呼吸をしていることがほとんどです。鼻呼吸自体は、いびきを起こしにくいと言われています。しかし、赤ちゃんは風邪を引いたり、アレルギー性鼻炎などの鼻の障害があると、すぐに鼻が詰まってしまってしまいます。そうすると、口呼吸になり、いびきをかきやすくなるのです。風邪の時は家または耳鼻科で鼻水を吸ってあげるようにしましょう。

また、それが風邪を引いているときの鼻水や鼻つまりくらいなら問題ないでしょうが、長く続く場合、放って置くと鼻疾患から呼吸困難を引き起こしてしまう可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群

いびきがなかなか収まらない場合や、喉仏のあたりがへこんでいるような場合、「睡眠時無呼吸症候群」などによって、発育不良等を引き起こす恐れもあります。チェックしてみてください。

  • 横向けに寝かせる
  • 喉仏のあたりがへこんでいないかチェックする
  • 唇が紫色になっていないか
  • 食欲や体重の増加に異常がないか

喉仏のあたりがへこむということは、酸素不足、酸欠状態になっている可能性があります。さらに唇の色は、酸素が関係しています。紫色になっている場合、酸素が足りていない可能性があります。加えて食欲や体重の増加にいつもと違うと感じる様子があれば、早めに病院を受診するように心がけましょう。

対策方法

横にしてあげる

機嫌もよくミルクや母乳も飲める、特におかしな呼吸になっていないなど、それほど気にならない程度であれば、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。また、寝ている時は横にしてあげたり、少し背中を起こしてあげたりすると楽になります。

アレルギー対策

注意するべきは、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻疾患がいびきの原因になっている場合です。この場合は、ダニの死骸やハウスダストが原因でしょうから、口呼吸の習慣がつくだけでなく呼吸困難を起こす可能性も出てきます。寝具や掃除など、アレルギー対策が必要です。

基本は様子見で

赤ちゃんのいびきは、先天的な疾患や障害が原因になっていることもありますし、無呼吸の場合には酸素不足で発育に影響を与えかねません。しっかり様子を見て判断する必要があります。ただ、大きな問題でなければ、成長とともにいびきがおさまることもありますし、扁桃腺や咽頭扁桃の肥大が原因でもそれほど問題は無いようです。

赤ちゃんのいびきに過剰に反応する必要はありませんが、原因によっては医師の判断を仰いだ方がいい場合もありますので、注意してあげて下さい。

まとめ

赤ちゃんがいびきをかいているところをみたら、どこに問題があるかしっかり見てあげる必要があります。赤ちゃんのいびきの原因をおさらいしておきましょう。

  • 鼻の粘膜が柔らかいため
  • のどの構造上
  • 扁桃腺の肥大
  • 鼻の障害
  • 睡眠時無呼吸症候群

もし食欲がない、体重が増えないなどいつもと違う様子が見られたら、何かの兆候と考えて早めに小児科や耳鼻科を受診することをお勧めします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment