1分仮眠法を効果的に活用するための5つのルール

広告ロゴ
ソファ

睡眠は、人間が生きていく上で欠かせない重要な時間の一つです。上手に睡眠が取れないと、体や心のバランスは崩れてしまいますよね。

しかし、いくら夜中に規則正しく睡眠を取ったとしても、仕事中など日中の時間帯にものすごい睡魔に襲われた経験のある方も多いかと思います。そのような時は、脳が休養を求めている瞬間です。この時に効果的な仮眠を取れば、脳は劇的に休養しその後の作業効率もアップします。

今回は、このように効率的に脳を休養させ、尚且つ作業効率が向上する「1分仮眠法」についてご説明したいと思います。この仮眠法を効果的に活用すると、あなたの集中力が増すことは間違いありません。ただし、使い方を間違えた場合には、逆に作業効率が低下する結果ともなりかねません。

そのような事態に陥らないために、この記事では「効果的に仮眠を摂取する5つのルール」をご紹介したいと思います。これらを参考に、あなたの日常生活に「1分間仮眠法」を是非取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク

1分仮眠法の方法と効果について

ヨガ

私たちは通常、意識的にあるいは無意識のうちに「目」で様々な情報を得ています。目を開けている状態にある時は、脳は働き続け休まる時がないと言う事です。ところが、目から得ている情報を一時的に遮断するだけで、脳は劇的に休息できます。その結果、集中力は高まり作業効率も上昇する事でしょう。

脳に休息を与えるためには、日ごろの睡眠が大切なのは言うまでもありません。しかし、仕事中や作業中にまとまった睡眠を取る事はできませんね。

そこで、脳を休めるのに効果的な方法が「1分仮眠法」です。

この1分仮眠法とは、その名の通り1分間仮眠するという簡単かつシンプルな仮眠法です。
やり方は、「1分間目を瞑って休息する」ただそれだけです。しかし、有効活用するためにはいくつかのルールが存在します。次に、有効活用するための5つのルールについてご説明したいと思います。

1分仮眠法を効果的に活用するための5つのルール

効果的な仮眠を取るには、ただ闇雲に仮眠を取れば良いという訳ではありません。この1分仮眠法を効率的に実践するには、それなりのルールが存在します。そのルールは大きく分けると次の5つです。

  1. 1分仮眠法はタイミングが重要
  2. 1分仮眠法は座ったままで
  3. 1分仮眠法では30分以上の仮眠はとらない
  4. 1分仮眠法で効果が薄い場合には繰り返そう
  5. 1分仮眠法には自己暗示も大切

次に、これらの5つのルールについて詳細をご説明したいと思います。

1分仮眠法はタイミングが重要

1分仮眠法は、仮眠のタイミングが重要です。仮に夕方以降に仮眠を取った場合、夜の睡眠に影響を及ぼしてしまいます。それでは夜に眠れなくなってしまいますね。睡眠不足を招いてしまい、逆効果ともなりかねません。そのため、1分仮眠法は日中に行うのがベストです。

また日中であっても、あなたが「睡魔が襲ってきそうだ」と感じた時が1分仮眠法を行うベストタイミングです。また、疲れた時や作業効率が落ちたと感じた時も1分仮眠法を行うタイミングとして効果的です。これらの症状が現れた時は、脳が休養を求めている証拠です。このタイミングを逃さずに1分仮眠法を実践してみましょう。

1分仮眠法は座ったままで

仮に横になって仮眠をとった場合、我々の脳は本格的な睡眠時間だと誤解してしまいます。脳が本格的な睡眠だと誤解したままで仮眠を終えた場合、脳が追いつかずにスッキリするどころかボーっとした状態となってしまいますね。これでは本末転倒です。そのため、この1分仮眠法は座ったままの状態で行いましょう。

また、仮眠を取る時には、腕時計やネクタイをはずした状態で行いましょう。よりリラックスでき、更なる仮眠効果が期待できます。

1分仮眠法では30分以上の仮眠はとらない

中途半端に30分以上の仮眠を取ると、脳と体は休まり過ぎてしまいます。休息モードに向かった体と脳を覚ますためには、仮眠以上の時間が必要となります。

仮眠は、20分以内に収めましょう。そうしなければ、逆に睡魔が襲い集中力は低下してしまいます。

1分仮眠法で効果が薄い場合には仮眠を繰り返そう

30分以上の仮眠は逆効果ですが、1分仮眠法を繰り返す事は有効です。効果が薄いと言う事は、脳が休まっていないと言う事です。そんな時は、仮眠を繰り返してみましょう。

ただし、「座ったままの状態」で「20分以内の仮眠を取る」という事をお忘れのないようご注意下さいね。

1分仮眠法には自己暗示も大切

我々の脳は、心と直結しています。まさかとお思いの方も多いと思いますが、自己暗示も1分仮眠法を実践する上で重要な要素の一つです。1分仮眠法を効果的に活用するには、その最中に、この1分仮眠によって「回復している」「集中力が高まる」とご自分に意識的に言い聞かせて下さい。

それだけで随分効果は高まるでしょう。

脳も体も冴えわたる 1分仮眠法
坪田聡
すばる舎
売り上げランキング: 21,709

まとめ:1分仮眠法を効果的に活用しましょう

これまで、1分仮眠法を効果的に活用する5つのルールについてご説明致しました。最後におさらいしてみましょうね。この1分仮眠法を効果的に活用するには

  1. 1分仮眠法はタイミングが重要
  2. 1分仮眠法は座ったままで
  3. 30分以上の仮眠はとらない
  4. 効果が薄い場合には仮眠を繰り返そう
  5. 自己暗示も大切

この5つのルールを念頭に、是非とも明日から取り入れてみて下さいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。